関東病院


関東病院ホーム > 病院紹介 > 部門紹介 > 臨床研修センターおよび専門医研修 > 研修医・指導医からのメッセージ

研修医・指導医からのメッセージ

指導医からのメッセージ

〜 初期研修医になる皆さんに 〜

当院で初期研修することの利点は、1.研修病院としての歴史が長いので、研修医を育てようとする文化があること、2.大学病院と同じ難解な疾患から、一般病まで経験が可能であること、3.大学や有名研修病院では、なかなか教授や部長の先生方から直接指導は受けられませんが、当院では、部長が直接指導することも多いこと、4.研修医数が一学年12名(合計24名)で症例数が十分経験でき、指導医の眼も行き届くことだと思います。

皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしております。

プログラムA【内科系】           
責任者:渋谷 祐子(高血圧・腎臓内科)

〜 当院での外科系初期研修プログラムについて 〜

プログラムB(外科系初期研修プログラム)では、平成29年度から1年次における外科系診療科の選択可能期間を1ヵ月から2ヵ月に延長し、さらに自由度の高いプログラムとなりました。各診療科の臨床に触れる機会が豊富になり、将来進む科を選択するための判断材料が増えています。

各科の指導体制については個性があると思いますが、例えばわれわれ外科では、中心静脈カテーテルや腰椎麻酔などの穿刺手技、手術室での皮膚縫合や電気メスを用いた開腹、中心静脈ポート留置など、外科的な手技を積極的に1年目のレジデントの先生たちに指導しております。当院で研修しているレジンデントの先生たちは、「この手技を修得できた!」「あの病態を理解できた!」と、日々めざましい進歩を重ねています。

ぜひみなさんも、当院での研修を御検討ください。お待ちしています。

プログラムB【外科系】   
責任者:佐藤 彰一(外科)

〜 初期研修医になる皆さんへ 〜

研修医の2年間は、医師として、そして社会人として非常に大切な時期だと思います。 当院は旧関東逓信病院時代から臨床研修指定病院として、現在も活躍されている医師を輩出した実績があります。そういった環境のもと、充実した2年間の研修期間で学んでいただくよう、わたくしに限らず当院医師は少しでも協力したいと思っております。

プログラムA【内科系】         
責任者:松下 匡史郎(循環器内科)

研修医からのメッセージ

〜 当院で初期研修医を希望している皆さまへ 〜

研修病院選びって本当に果てしないですよね。いろんな病院に見学に行っては、選択肢の多さに途方にくれた記憶があります。私がこの病院をマッチング第1志望として選んだのが約2年前。最後は直感でしたが、良い選択をしたなあとしみじみ感じる今日この頃です。

NTT東日本関東病院の魅力を3つ挙げるとしたら、
  ① 1ヶ月ローテートのバランス型研修
  ② プライマリーから高度医療までカバーする総合力
  ③ 指導医・コメディカルの方々のサポート力
でしょうか。

ローテート1ヶ月は短いようにも思いますが、だからこそその1ヶ月で少しでも成長しようと努力できます。惰性は一切なく、1日1日が密に過ごせるため、結果的に効率の良い学習になります。自分の拙さや日々の疲労感に負けそうになるときも、同期や先輩後輩が向上心高く励んでいる姿をみると、不思議と前向きに奮い立つ、そんな素敵な環境です。
内科コースと外科コースにほとんど違いがない(外科コースは外科系の選択が2ヶ月多い、それ以外は同じ)ため、志望進路が決まっていない人にもおすすめ。私は内科コースですが、来年度以降は産婦人科に進もうと考えていますし、同期も様々な進路を見据えているようです。私達の自主性を尊重し、応援してくださる先生方には感謝しかありません。
プライマリーはもちろんアカデミックな側面もあり、総合力は抜群。さらに立地の良さも相まって、時には遊んだり、飲んだり、運動したり。オンオフの切り替えが上手い人が多いのも、この病院の特徴の1つですね。
色々と書いてはみましたが、まずはぜひ1度見学に来て、この病院の良さを感じてもらえればと思います。忙しくも楽しく充実した研修生活。一緒に働ける日が来ることを心待ちにしています。

2年目初期研修医(内科系) 鍋島 珠恵

〜 当院で初期研修医を希望している皆さまへ 〜

「今日は当番ではないけれど、患者さんの状態が気になるので病棟に行く」
「外の病院に出てみて、熱心で優秀な同期に恵まれていたことに気付いた」
当院でレジデント時代を過ごし、卒業していった先輩はよくこんなことを口にします。
当院の外科系診療科においては非常に症例数が多く、疾患も多岐に渡ることから、レジデントが主体的に考えること、動くことが求められます。入職したての頃には右も左もわからず戸惑いますが、次第に素早く考え、動けるようになります。もちろんその過程では、指導医の丁寧な指導を受けることができ、初期臨床研修で経験すべき基本的能力や手技を習得することができます。
そればかりか、
“患者さんと誠心誠意向き合うこと”
“日々惜しみなく研鑽を積むこと”
を自然と身につけることのできる環境が、当院にはあります。その心構えは簡単には得難く、しかし、診療するうえで一番大切なものであるはずです。経験豊富な指導医や他職種の方々、いつも勉強熱心な先輩、何事にも積極的な後輩、信頼し助け合える同期に支えられ、今日も私は患者さんと向き合い、勉強に励もうと思います。
熱意さえあれば、日々成長できる環境が整っています。ぜひ一度見学にいらしてください。

2年目初期研修医(外科系) 高山 真秀

〜 当院での初期臨床研修を考えられている方へ 〜

初めまして、内科プログラム1年目の山崎 允喬と申します。
当院での研修を考えている方に少しでも参考になればと思い、書かせていただきます。
私がこのNTT東日本関東病院を志望した理由は、病院見学の際に見た、研修医の先輩方の主体的に働く姿が本当に魅力的だったからです。知識があるだけでなく、患者さんとのコミュニケーションの取り方や業務に取り組む実直な姿勢に感銘を受けました。実際に働き始めると、自分が患者さんを一番に把握し治療選択を迫られる機会が多々訪れます。どうすればよいか分からないときも多いですが、2年目の先生方はもちろん上級医の先生方も気軽に教えて下さり、本当に感謝しています。自分に足りない部分が多すぎて愕然とする時もありますが、そういった一つ一つのことをしらみつぶし的に勉強していくことが医者として成長していくことだと個人的には感じていますし、何よりも楽しいです。やる気のある皆さんにとって当院は最高の臨床研修病院となると確信しています。

また研修医同期も優秀で活発なメンバーが揃っていて、自主的に勉強会を行ったり、エコーの練習をしたりなどしています。忙しいときもありますが、やはり皆が頑張っているから、頑張れるって部分もありますよね。たまに同期で飲みにいくこともありますが、本当に楽しいメンバーだからこそ、忙しい時も乗り切れるのかなと思います。

何はともあれ、一度見学に来て、NTTの雰囲気を感じてみてください。皆さんと一緒に研修できる日を楽しみにしています。

1年目初期研修医(内科系) 山崎 允喬

〜 こんにちは!外科系レジデント1年目の出嶋です。 〜

私が学生時代、ここNTT東日本関東病院での研修を強く希望するようになったきっかけは、病院見学で研修医の先輩方が実にいきいきと仕事されていたことでした。非常にエネルギッシュで向上心に溢れた先生方が笑顔で働いている姿を見て、強く惹かれたことを覚えています。幸運にもNTT東日本関東病院で研修をスタートさせることができ、3か月という時間が経とうとしていますが、実際に働いてみてより強く感じることは、「自分のモチベーションをより高めてくれる環境の中で研修できることが、いかに幸せであるか」ということです。優秀かつ頼りがいのある先輩方にサポートしてもらえ、教育熱心で人間的に魅力的な指導医の先生方に日々鍛えてもらえる。そして何より、同じ志をもち意識が高く、とびきり仲の良い同期と切磋琢磨できる。この環境の中で、医師としての一歩を踏み出せたことで、学生時代にイメージしていたものよりも遥かに楽しく、笑顔で毎日を過ごすことができています!この病院は、医師としてのキャリアをスタートさせるにあたって最高の病院の1つであると自信をもって言えます。

少しでも当院に興味を持たれた方は是非見学にいらしてみて下さい。昨年度まで3月、7月に限られていた見学の機会ですが、今年度からいつ見学にいらしても良いシステムに変更となり、より当院の雰囲気を味わってもらう機会が増えたと思います。そして、見学にいらした際は、実際の研修医生活について気軽にどんどん質問して下さい!

日本全国、数多くの研修病院があります。たった2年間の研修医期間とはいえ、医師となって初めて過ごす2年間は特別な意味があると思っているからこそ、目の前の情報に頭を悩ませることも多いと思います。マッチングはまさに「縁」だと感じました。自分の経験と感覚を信じて、皆様が最良の選択ができることを祈っています。
みなさんとともに研修できる日を心から楽しみにしています!!

1年目初期研修医(外科系) 出嶋 皓