関東病院


関東病院ホーム > 病院紹介 > 部門紹介 > 看護部 > 教育支援体制・院内制度

教育支援体制・院内制度

看護部の教育理念

患者さんを全人的(ホリスティック)に捉え専門的知識や技術を用いた看護ケアを提供し、医療チームのコーディネーターとしてのリーダーシップを発揮できる自律した看護師の育成を目指している。

  • 1) 各部門の特性をふまえた日常の看護活動の充実(OJT)
  • 2) 個人の自己啓発による学習支援活動(研究・研修支援)
  • 3) 専門的能力の育成(認定・専門看護師、海外研修)
  • 4) 接遇の向上

教育目標

質の高い看護実践ができるプライマリーナースとして自立していくために必要な臨床実践能力を身につける。

  • 1) 看護過程(情報収集・問題の明確化・計画立案・実践・評価)にそって看護ケアを対象に 実践できる能力を身につける
  • 2) リーダーシップ能力を身につける
       対人関係能力・問題解決能力・管理能力を含む
  • 3) 教育・研究能力を身につける
       自己啓発・教育(指導)・研究・科学的な問題解決法・感性などを含む
  • 4) 社会人としての自覚をもち、責任ある行動ができる

継続教育および教育体系

看護基礎教育を基盤とし、その延長上に個々人の成長段階に応じて継続教育を行っています。
その中で各自が自己啓発およびキャリア開発できるよう支援しています。分業(個人の能力開発)と協業(集団での能力開発)の二本柱で人材育成を考えています。

臨床実践能力習得段階モデル

看護師が臨床経験を積み重ねながら成長していく過程を段階的・継続的に行動目標を示したモデルです。
当院の看護師として「誰もが到達しなければならない能力」はSTEPIIIです。STEPIII(プライマリーナースとして 自立)を修得あるいは修得後、各自、自分の進む方向を決めていきます。

臨床実践能力修得段階モデル

院内教育と研修計画

院内教育には、集合教育(Off-JT)と部署教育(OJT)があります。臨床実践能力修得段階モデルにもとづき、それぞれの研修計画があります。

院内研修(ステップ研修)の概要

STEP1

STEPI研修は、新入社員を対象とした1年間の研修プログラムです。

入社後、最初の研修は、新入社員研修です。この研修は、集合教育(Off-JT)と部署教育(OJT)を交互に行いながら、3ヶ月間(約13週間)実施されます。
特徴は、(1)看護の基盤づくり(看護の役割を考え、看護師像をもつ・倫理的感性を育てる)(2)看護技術教育 (3)医療安全の徹底(4)職場適応の促進と精神的支援を重視したプログラムであることです。

新人教育プログラム

 

NTT東日本関東病院 新入社員研修・日程表

※画像をクリックすると大きく表示されます。

働く新人の声

7A病棟
9B病棟

【1】

4月〜6月は集合研修を行いながら病棟で少しずつ受け持ちをしていました。7月からは本格的に病棟で患者さんを受け持ち、今は全身麻酔下で手術をされる外科の患者さんを中心に勉強しています。日々、わからないことは先輩看護師に相談しながら働いています。

先輩の指導は優しさがあり、自分がまだ勉強できていないところも教えてもらえるので、少しずつ確実に成長できたかな、と思います。まだまだ、わからないこと、できないことが多く、戸惑うこともありますが、先輩方の指導を受けながら日々、努力していきたいと思っています。

(4月入社、新入社員 T.Nさん)

【2】

入社後、3か月間の新人看護職員研修は、新人が一同に集まっての集合研修と病棟で患者さんを受け持ちながら行う病棟での研修がバランスよく構成されています。そのため、疲れを感じることなく、社会人生活に慣れることができました。

病棟での勤務は、先輩が一つ一つ丁寧に教えて下さり、日々成長を実感しています。今は、一つ一つの疾患を受け持たせてもらいながら勉強していますが、チームの一員としてもっと動けるように頑張りたいと思います。

(4月入社、新入社員 K.Tさん)

【3】

先輩から多くの刺激をうけながら、一緒に学んでいます。 私は、呼吸器内科・呼吸器外科・ガンマナイフ科・ペインクリニック科に配属になり、はや5か月が経ちました。私の病棟は、苦しい人や痛みのある人、ADLの介助をを必要とする人が多く、行わなければならない処置やケアも多いため忙しい毎日ですが、一つ一つ先輩が丁寧に教えてくれます。先輩方の看護を近くで見て、聞いて、感じながら、勉強しています。

まだまだ、学ばなければならないことがたくさんありますが、尊敬する先輩方のように患者さんの立場にたった看護ができるように頑張っていきたいと思います。

(4月入社、新入社員 S.Tさん)

支援する先輩からのメッセージ

6B病棟
6A病棟

【1】

当院には様々な教育プログラムがあります。

新卒の看護職員はもちろん、看護師としてスキルアップしたい方のためのサポートも充実しています。当院は、安心感をもって働くことができると思います。

私は、教育担当者として新卒の看護職員の指導を担当していますが、新人さんの“患者さんと向き合う一生懸命な姿勢”に、初心を忘れないことの大切さを学ばせてもらっています。病棟では、みんなで楽しく働くことをモットーに、お互いに協力し合いながら患者さんを中心とした看護を目指しています。

(教育担当者、 M.Tさん)

【2】

私は、消化器内科と一般外科の混合病棟で働いています。毎日、手術を受ける患者さんと慌ただしい毎日を過ごし、急性期の看護が中心です。しかし、終末期の看護や在宅支援などを、病棟スタッフと悩みながらも、『よりよい看護』をめざして、日々、患者さんに向き合う看護を行っています。

多職種と連携する中で、たくさんの学びがあり、仲間に恵まれた環境で働けているな、と思います。忙しくて大変な時も多いのですが、患者さんや家族の言葉や笑顔に支えられ、スタッフ同士、協力しあい、楽しく働いています。

(実地指導者、 K.Yさん)

【3】

当院では、病棟ごとに教育担当者・実地指導者・実地指導補佐・新人相談役がおり、新人看護職員を全力でサポートしています。

集合研修で学んだ技術の基本を活かして、病棟では看護技術を見学から徐々に自立して実施できるまで段階的に指導しています。一緒にベッドサイドでケアし、学ぶ環境にあるので、新人看護職員は、早くからチームの一員となって働いています。

有資格者の方は、成長段階に合わせた研修を受講できます。病棟では、新たな発見ができる場があります。これまでの経験を活かして学び、生き生きと働ける職場だと思います。

(教育担当者、 T.Tさん)

STEP2

STEPII研修は、2〜3年目の社員を対象とした研修プログラムです。  STEPI研修を修了した後、集合教育(Off-JT)と部署教育(OJT)の両面から臨床実践能力を育てていきます。集合研修は、看護師としての倫理観を基盤とし、急変時の看護・領域別看護や看護過程の展開といった実践的内容の他、医療安全の徹底を重視したプログラムとなっています。

STEP3

STEPIII研修は、ステップU研修を修了した後、受講します。  当院の看護師のだれもが修得してほしいレベルで、プライマリーナースとしての自立が目標です。

研修は、ステップUよりさらに集合教育(Off-JT)と部署教育(OJT)の結びつきの強い内容となっています。集合研修を受けたら、部署で実践して還元するスタイルを原則としています。 研修プログラムは以下のとおりです。

また、この研修は、個人のライフプランに合わせて研修受講のペースが決められます。仕事と生活のバランスをとりながらキャリアを積めるよう研修はすべて選択制になっています。最短の5年間で履修することができます。

院内研修計画(STEPIII)

<到達目標>:プライマリーナースとして自立する

2014年(実績)
No 研修名 目的 内容 研修日 講師等
1 看護過程の展開 プライマリーナースの自立に向けて、臨床実践におけるアセスメント能力の向上をはかる 講義
グループワーク
(前期) (後期) 教育委員会・専門認定看護師・主任・看護長  
第1回 6/3 10/24
第2回 個別指導    
第3回 発表会 7/24、28 12/15、17
2 看護倫理 臨床実践場面での倫理的問題および課題について理解を深め、倫理観を養い、倫理的意思決定場面での役割を担うことができる 講義
グループワーク
(前期) (後期)  
第1回 5/26 11/7 専門看護師
第2回 7/9 1/16 教育委員会
3 医療安全 プライマリーナースとして自立し、看護単位の中で医療安全推進のためのリーダーシップが取れる 講義
グループワーク
(前期) (後期) 看護部リスクマネージメント委員会  
第1回 6/5

10/20

 

第2回 7/3 12/5
第3回 9/1 1/20
4 教育・指導 新人指導及び臨地実習を行なう上で必要なスキルを身につける。 講義
グループワーク
(前期) (後期) 院外講師・院内講師
9/12 11/27
5 リーダーシップ/
コミュニケーション
リーダとしてチームメンバーの立場や人間性を尊重し、人間関係を調整できる 講義
グループワーク
(前期) (後期) 院外講師
オフィスMONAMI
坂井慶子先生
7/11 2/12
6 看護研究 看護実践の中から課題を見出し、明確にし、研究メンバーの中心となり取り組むことができる     東京医療保健大学
第1回 概論 6/9 院内講師
第2回 文献検索方法 7/7 図書館司書
第3回 量的研究について 7/25  
第4回 質的研究について 8/7  
第5回 少人数制GW 9/8  
第6回 論文作成・発表方法 10/21  
第7回 発表会 12/19  
7 専門Advance がんの特徴や治療、患者や家族に起こる問題について理解し、根拠に基づいた看護実践ができる がん看護コース(7回) 5/9, 6/2, 6/23, 7/11, 9/29, 10/17, 11/10
(公開講座)
専門・認定看護師
院内医師・院外医師  
急性期の患者に対するアセスメントとケアを理解できる 急性期介護(クリティカルケア)コース(8回) 5/27, 6/16, 7/1, 7/29, 9/2, 10/28, 11/25, 12/16
STEP4

STEPIV研修は、ステップV研修を修了した後、受講します。現在、院内研修企画中のため、院外での研修および部署教育(OJT)が中心です。

学会・研修会の助成制度が看護部独自に決められており、院内制度として機能しています。

院内支援制度

自己啓発支援には以下のような支援があります。

主な院内支援制度

  • 学会加入制度
  • 学会・研修会参加支援
  • 認定看護師資格取得支援

NTT東日本の支援制度

  • 部外資格取得支援(ケアマネージャー・呼吸療法士など)
  • 夜間大学支援
  • その他 (各種通信教育支援あり/大学の通信教育課程への助成ではありません)

院内認定制度

看護師が、認定を受けられる院内資格には以下のものがあります。

主な院内認定制度 

  • 静脈注射認定者
  • 医療安全推進者
  • ICLSインストラクター