関東病院


手術部

〜患者さんの安全と安心を第一に考えています〜

私たち手術部のスタッフは、患者さんにとって安全な環境と安全な技術を提供し、安心して手術が受けられるよう努力しています。手術室は10室あり、主に外科、脳外科、心臓血管外科、整形外科、泌尿器科、呼吸器・肺外科、産婦人科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、眼科、皮膚科、ペインクリニック科などの手術が行われています。 手術は、術者である各科の医師と麻酔科医、臨床工学士、看護師などのチームで行われます。手術室の看護師は手術器機の操作のみでなく、手術や麻酔による合併症を起こさないようにするための看護も実施しています。手術を受けられる患者さんは病気のことだけでなく、手術という大きな治療を前にして緊張と期待、不安や恐怖を感じることも多々あると思います。私たちは、そのような患者さんの気持ちを一番に考え、少しでも安心していただけるよう努力しているつもりです。 患者さんの不安を少しでも和らげるために、私たちは手術前の訪問をしています。手術前日に全身麻酔で手術される患者さんのお部屋を看護師が訪問し、手術室に入られてから麻酔がかかるまでの流れや注意していただくことなどをご説明させて頂くとともに、アレルギー・絆創膏かぶれなど身体の状況の確認をさせていただいています。手術に向け心配なこと、不安に感じていることなどをご遠慮なくおたずねください。手術前・手術中の緊張を和らげ少しでもリラックスできるよう、バックグラウンドミュージックを準備しておりますので、お好みの曲のリクエストがあれば是非おっしゃってください。なお、腰椎麻酔や局所麻酔の患者さんは手術室に入られてからでも選択することができます。曲のジャンルはクラシック、ポップス、癒し、演歌などがあります。私たちスタッフは一丸となって、患者さんが手術という大きな治療をする時間を安全に、不安が最小限になることを目標に頑張っています。