関東病院


関東病院ホーム > 病院紹介 > 部門紹介 > 看護部 > 新人看護職員研修「つなぐ・看護の心」研修を実施

新人看護職員研修「つなぐ・看護の心」研修を実施

新人看護職員研修

今年度、新人看護職員研修において「つなぐ・看護の心」研修を初めて取り入れました。この研修は看護技術を学ぶだけでなく、看護長、主任をはじめ、先輩看護師の患者さんへの思い、患者さんの思いを聞くことで、部署の看護・患者さんの特徴を知り、看護観の育成とチームの一員として患者理解を促すことを目的とした研修です。


新人看護職員研修

2月の新人看護職員研修検討会で部署の意見を聞き、企画がスタートしました。そして、5月14日〜17日、1日以上の部署企画「つなぐ・看護の心」研修が始まりました。部署企画では、たとえば看護長・主任・指導者との意見交換、実際新人が患者役になって食事介助の体験、患者カンファレンスの実施等々いろいろな企画がありました。また、指導者から指導者の顔写真や一言メッセージが載ったアルバムのプレゼントがありました。


新人看護職員研修

研修のまとめは、5月25日カンファレンスで行なわれました。部署ごとに研修の振り返りを行ない、まとめをし、部署の看護の特徴、大切にしていることを発表しました。
4月11日に行なった同行研修後のカンファレンスでは「部署の看護の特徴を共有し、看護の役割を考える」を目標にし、皆で意見交換を行いましたが、今回は、さらに部署の看護・患者理解を深め、部署の看護の特徴について発表しました。


新人看護職員研修

最初の同行研修からまだ1ヶ月しか経っていませんでしたが、部署の看護の特徴や、患者さんにより添った視点でまとめることができたのではないかと思います。これからの新人の成長が楽しみな研修でした。

看護部・教育支援開発部門