関東病院


関東病院ホーム > 病院紹介 > 部門紹介 > 看護部 > 専門・認定看護師の活動

専門・認定看護師の活動

当院では、専門看護師・認定看護師が、医療・看護の質の向上のために専門的知識・技術を駆使し、活動しています。

専門看護師 (Certified Nurse Specialist) とは

複雑で解決困難な看護問題を持つ個人・家族や集団に対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた者をいう。専門看護師は、実践・教育・相談・調整・倫理調整・研究の6つの役割を果たすことにより、保健医療福祉や看護学の発展に貢献する。

認定看護師 (Certified Nurse) とは

特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有して、水準の高い看護実践を行える者をいう。認定看護師は、実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護現場におけるケアの広がりと質の向上に貢献する。

各専門看護師・認定看護師の活動内容

1) がん看護専門看護師

がんに関する問題について患者さんやご家族と一緒に考え、解決のためのサポートをする専門の看護師です。治療の副作用やがんによる症状の緩和、不安などの心理的な問題、これからの過ごし方についての相談、生活する上で困っている問題などに対応しています。また、がん看護に携わる医療スタッフからの相談を受けたり、教育や研究のサポートも行っています。普段は、外来1Fの“がん相談支援センター”でご相談をお受けしています。

2) 急性・重症患者看護(クリティカルケア看護)専門看護師

重篤な状態にある患者さんに対する最良のケアや予防的ケア、危機的な状態にある患者さんへの精神的なケア、また危機的な状態から脱したあとの回復支援などに関する教育や相談、調整を行います。また、急性期患者看護に関連した研究相談に応じています。

3) 母性看護専門看護師

妊娠・子産み・子育てに関連する問題について女性や、ご家族と一緒に考え、解決のための支援をする専門の助産師です。母性看護や産科医療に関わるスタッフからの相談を受けたり、院内では、看護倫理教育や研究の支援を行ったりしています。

4) 精神看護専門看護師

精神科の患者さんだけでなく身体の治療をしている患者さんの心のケアをする専門の看護師です。人の身体と心はつながっており、身体の状態が悪いと心が不安定になります。身体科の医療スタッフから相談を受けて対応方法など一緒に考えます。また、教育研修、新入社員看護師のメンタルヘルス研修も行っています。

5) 感染管理認定看護師

感染管理認定看護師はICN(Infection Control Nurse)とも呼ばれ、医療現場で発生する感染から、患者や医療従事者の身を守ることを任務としています。病院内の感染症発生状況を把握し、対応策を検討・指導することにより感染の拡大を防止するための活動を行っています。

6) 救急看護認定看護師

急速に状態が悪化した患者さんに対して、病院職員が迅速かつ的確に対応できるように、救命技術や救急時対応の指導を行っています。救急対応とその場の調整、職員の救急対応の相談も受けています。また、いつ起こるか予測ができない災害に備え、多くの被災者を受け入れるための体制作りと訓練・教育も行っています。

7) 集中ケア認定看護師

急性あるいは重篤な患者さんが、より早く安全に回復に向かえるように、人工呼吸器装着中の看護・呼吸理学療法・廃用症候群の予防・早期離床に向けた段階的リハビリテーションなどに関連した実践・指導・相談を行います。

8) 手術看護認定看護師

患者様の安全・安楽を守り、手術が円滑に行われるよう、周術期(術前・中・後)の看護に関わり、患者様やご家族の方々が安心して手術が受けられるようお手伝いさせていただきます。また、看護の質の向上を目指し、安全・安楽の視点から手術看護の実践およびスタッフの指導・相談を行っています。

9) 緩和ケア認定看護師

緩和ケア病棟において、がんの治癒を目的とした治療が難しくなった患者さんの症状コントロールや心理的な苦痛に対するケア、ご家族へのグリーフケア(予期悲嘆へのケア)を行っています。がん専門看護師と共に緩和ケアチーム活動を行い、緩和ケアを必要とする患者さん・ご家族に対する相談にも応じています。また、緩和ケア病棟スタッフへの教育や相談を受けております。

10) がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛の全人的ペインアセスメントと症状マネジメント及び薬物療法の適切な使用と管理・ その効果の評価を行います。

11) がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法をうける患者さんとご家族に起こりうる問題をアセスメントし、患者さんの生活や価値観を尊重したセルフケア支援を行っています。医師、薬剤師等とそれぞれの専門性を生かした連携をとりながら協働し、患者さんを中心としたチーム医療を推進しています。また、がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理、副作用症状のマネジメントが行えるようにスタッフの指導や相談に応じています。

12) 透析看護認定看護師

慢性腎不全保存期と言われる、透析を受ける前の段階では、残存腎機能を出来るだけ長く維持できるように、食事療法や日常生活に於いての注意事項を説明しています。透析を受けられる患者さんとご家族に、透析の生活を継続できるように支援しています。また、透析看護に関わるスタッフに対して指導や相談に応じています。

13) 皮膚・排泄ケア認定看護師

専門性の高い知識と高度な技術をもち、褥瘡(床ずれ)などのスキンケアと創傷(キズ)の管理、人工肛門に関するケアの支援、ストーマ外来などを行います。また、便や尿による皮膚障害の予防方法・骨盤底筋体操の指導などを行っています。

14)摂食・嚥下障害看護認定看護師

脳神経・筋骨格系フィジカルアセスメント及び摂食・嚥下機能評価法に基づいた、摂食・嚥下機能の評価と適切かつ安全な摂食・嚥下訓練の選択及び実施を行います。

15) 慢性心不全看護認定看護師

慢性心不全とは、急性増悪と寛解をくり返しながら、徐々に進行していく病態です。この特徴から、増悪因子を的確に評価し、心不全増悪を回避・予防できるように支援することが重要です。このため、急性増悪期から退院後の生活調整に向けて、入院中より患者さんの特性をふまえた生活支援を行っています。

16) 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中には、脳の血管が破綻することにより起こる脳出血・くも膜下出血と、脳の血管が閉塞することで起こる脳梗塞があります。脳卒中を発症すると、意識障害・運動神経麻痺・言語障害・高次脳機能障害など様々な後遺症を残します。脳卒中患者様の重篤化を予防するためのモニタリングとケア、活動性維持・促進のための早期離床とリハビリテーション、生活を再構築するための機能回復支援を行います。また、脳卒中看護の質向上のため実践・指導・相談を行います。