関東病院


CCU

ハートレスキュー隊

CCU(coronary care unit)とは、 心臓病急性期の集中治療を行う病棟のことです。

<24時間救急診療体制>

当CCUはベッド数が8床で、急性心筋梗塞・不安定狭心症・急性心不全・重症不整脈などにより生命の危機状態にある患者さんを24時間体制で受け入れています。発症から数時間以内の適切な治療が必要とされるため、医師、看護師をはじめ医療チーム一丸となって患者さんの救命に取り組んでいます。

<迅速な検査と早期治療 血管検査室業務の兼任>

CCU看護師は血管検査室業務も兼務しています。日常の予定検査はもとより、夜間の緊急血管検査・治療にもCCU看護師が直ちに対応します。そのため、緊急入院 ⇒ 緊急カテーテル検査・治療 ⇒ 心臓リハビリテーション ⇒CCUから一般病棟への転室まで、同一の看護チームで継続してケアを行なうことができます。緊急入院となって苦痛と不安でいっぱいの患者さんにとって、入院時から顔なじみの看護師がケアを行うことで安心して療養していただければと思っております。

ハートレスキュー隊

<あったかハートレスキュー隊>

CCUに入院された患者さんは、点滴や心電図モニターなどのたくさんの医療機器に囲まれてベッドの上で過ごされています。このような患者さん2名に対して看護師1名が常時配置されており、迅速で細やかなケアを提供できるように努めております。何日もお風呂に入れない患者さんには、手や足を洗面器のお湯で洗ったり、寝たままで髪の毛を洗ったりして、すこしでも気持ちよくなっていただければと願ってケアを行っています。幅広い知識と高度な技術が要求されるCCUですが、30名の看護師たちは「あったかハートレスキュー隊」として心のこもったケアを目指してまいります。