関東病院


薬剤部:実績

調剤業務では、医師によるお薬の指示書である処方せんに基づいて、お薬の調剤をしています(図1-3)。この時、お薬の種類や飲み方、使い方や飲む量、使う量、さらに、飲み合わせ等について確認しています。


図1 外来処方せん枚数


図2 入院処方せん枚数

図3 注射処方せん枚数

また、注射剤(高カロリー輸液(Total Parenteral Nutrition:TPN)、抗がん剤)の調製(ミキシング)も行っています(図4、5)。特に抗がん剤では投与量、投与日数、投与間隔が適切に処方されていることを十分に確認する必要があります。


図4 TPN調製件数

図5 抗がん剤調製件数

当院では電子カルテシステムを使用しています。患者さんの最新の処方歴、病状などを電子カルテから確認しています。このように最先端の情報技術を業務の中に積極的に取り込んで、患者さんが安心して、そして安全にお薬を服用、使用できるように取り組んでいます。

医薬品管理業務では、病院内で使用されるお薬の購入、各部署への払い出しを行います。患者さんにお薬を安心してお使いただけるよう使用期限など品質の管理をしています。

医薬品情報業務では、お薬を正しく、効果的に使うために必要な新しい情報を収集、評価し、医師、看護師らの医療スタッフに伝達しています。

患者さんがお薬を使って、副作用などが現れた場合には、気づいた医療スタッフが医薬品情報室に連絡します。医薬品情報室に集められた副作用情報については、薬剤師が内容を確認し、必要に応じて厚生労働省に報告します。

製剤業務では、医師からの依頼により、特殊な製剤処方に基づき市販されていないお薬、規格や使い方の異なるお薬の調製をしています。

病棟業務では、入院中の患者さんにお薬の説明(服薬説明)を行っています(図6)。このお薬の説明を通して、患者さんが処方されたお薬が正しい飲み方・使い方をされているか、お薬による副作用がないかなどを確認します。また、飲み薬だけでなく、注射剤についても使う量や併用するお薬の影響、使い方などについて問題がないか確認します。さらに、病棟に常備されているお薬が適正に管理、使用されているかどうかの確認を行なっています。


図6 服薬指導件数

また、院外処方せんの調剤をする地域薬剤師会の薬剤師の方々とも勉強会等を行い連携を図るとともに、外来と入院を通して患者さんに安心してお薬を使っていただけるよう薬剤師の質の向上をはかっています。

外来や病棟で患者さんにお使いいただくお薬の中には、使用すると重篤な副作用が現れる可能性のあるものがあります。これらのお薬を取り扱う場合、スタッフは患者さんの病状や副作用を確認しながら使用する必要があります。当院ではこのようなお薬をハイアラート薬品と位置づけ、慎重に取り扱っています。
ハイアラート薬品は他のお薬と区別した鍵のかかる場所に保管し、必要な知識を習得していないスタッフが誤って使用することのないよう管理しています。

NTT東日本関東病院薬剤部では、患者さんに安心してお薬を使っていただくために、あらゆる努力をしています。

薬学部実務実習生受入

薬剤部では毎年15〜16名程の薬学部実務実習生(表1)を受け入れています。実習では大学生の段階から臨床の現場において薬剤師が行なうべきこと等について学ぶことを目的とした教育活動を行っています。

【表1】 薬学実習生の受け入れ
  第1期 第2期 第3期
2012年度 5名 5名 5名
2013年度 5名 6名 5名
2014年度 5名 5名 5名
2015年度 6名 5名 5名
2016年度 5名 6名 5名
薬剤部ホームページに関するお問合せ:
平日 8:30-17:00 医薬品情報室 03-3448-6160