関東病院


関東病院ホーム > 病院紹介 > 部門紹介 > 臨床検査部

臨床検査部

 臨床検査部は、業務内容から検体検査部門と生体検査部門に大別され、検体検査部門としては生化学検査、免疫血清検査、一般検査、血液検査、輸血関連検査、微生物検査、病理検査、生体検査部門としては生理機能検査があります。主な検査項目は以下の通りです。

生化学検査

採取された血液は、遠心分離機にて有形成分(血球成分)と液性成分(血清成分)に分離し、血清成分内の電解質・蛋白・糖・脂質・酵素などを自動分析装置を用いて化学的に分析することで、疾患の診断、治療方法の決定、経過観察に役立てています(表1参照)。検査結果は、臨床検査技師が一つひとつ確認し、必要に応じて再度検査を行うなど正確な検査結果を臨床医に報告しています。血清の他には、腹水、胸水、髄液、尿などの検体も検査します。

遠心分離機

【表1】

目的 検査項目
肝・胆道系 AST、ALT、ALP、γGT、CHE、T-BiL、D-BiL、NH3
腎臓 CRE、UN、UA
心臓 CK、LD
糖尿病 GLU、HbA1c、GA
動脈硬化 TG、T-CHO、HDL、LDL
貧血 Fe、UIBC
骨代謝 Ca、IP

生化学分析装置 生化学分析装置

HbA1c分析装置と血糖分析装置 HbA1c分析装置       血糖分析装置

免疫学検査

免疫反応(抗原抗体反応)を利用して、感染症、ホルモン、腫瘍マーカー、心筋マーカーを調べ、疾患の診断、治療方法の決定、経過観察などに役立てています(表2参照)。 ※抗原とは体の外から入ってくる異物のことで、体内が抵抗する働きが「免疫」であり、この時に作られる物質が「抗体」です。

【表2】

目的 検査項目
感染症 B型肝炎 HBs抗原、HBs抗体、HBc抗体
C型肝炎 HCV抗体
後天性免疫不全症(AIDS) HIV抗体
梅毒 TP抗体、TPLA、RPR
ホルモン 甲状腺関連 TSH、FT4、FT3
女性ホルモン HCG
腫瘍マーカー   AFP、PIVKAU、AFPレクチン分画(L3)、 CEA、CA19-9、CA125、PSA
心筋マーカー   CK-MB、トロポニンI、BNP

感染症・ホルモン・腫瘍マーカー分析装 感染症・ホルモン・腫瘍マーカー分析装

心筋マーカー分析装置 心筋マーカー分析装置

一般検査

一般検査には、「尿検査」と「便潜血検査」があります。 尿検査は、尿中に存在するさまざまな成分を自動分析装置で計測するとともに、顕微鏡を覗いて尿中の細胞成分を臨床検査技師が観察し、尿路感染症、糖尿病、泌尿器系腫瘍などの有無を調べます(表3参照)。異常が疑われた際は臨床医に連絡し、細菌検査や細胞診検査を勧めるなど早期治療に役立てています。

【表3】

検査の種類 検査の内容
尿定性検査 尿中に含まれる成分(蛋白・ブドウ糖・潜血・白血球・ビリルビン・ウロビリノゲン・比重pH・ケトン体など)を試験紙を使った自動分析装置で検査します。
尿沈渣検査 尿中の有形成分(赤血球・白血球・上皮細胞・円柱・細菌・結晶など)を自動分析装置と顕微鏡によって検査します。
尿定量検査 尿中に含まれる成分(蛋白・ブドウ糖・尿素窒素・クレアチニン・電解質など)の量を自動分析装置で化学的に検査します。

尿沈渣分析装置 尿沈渣分析装置

尿定性分析装置 尿定性分析装置

尿沈渣検査の観察 尿沈渣検査の観察

尿を遠心分離機にて遠心し、沈渣を作り染色液を加え、顕微鏡で観察します。

便潜血分析装置

便潜血検査は、便中の赤血球成分を検査することで下部消化管(大腸など)に出血がないかを調べます。

血液検査

血液検査というと、一般的には病院などの医療機関で採血によって得られる血液の検査全般を総称しますが、血液検査室では、おもに血液のなかの細胞成分(血球)である赤血球、白血球、血小板の数を調べる「血球数算定(略して血算)」、顕微鏡を覗いて血球の形や大きさ、また白血球の種類を分類する「血液像検査」と血液の固まり具合(出血を止める能力)を検査する「凝固検査」などを行っています。

①血球数算定(血算)
自動血球分析装置を用いて赤血球・白血球・血小板の数を測定します。

赤血球 全身に酸素を運搬し、逆に二酸化炭素を排出するといったガス交換を行っています。赤血球数が多い状態を赤血球増多症(多血症)といい、逆に少ない状態を貧血といいます。日常の検査では貧血が見つかる頻度が圧倒的に多く、この場合赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値から貧血の程度や種類などを調べます。
白血球 体内に侵入した細菌やウイルスなどの微生物を貪食し、それぞれの抗原に対する抗体を作成するといった生体防御反応をつかさどっています。白血球数の増加は、感染症・炎症の程度の目安になります。白血球には、顆粒球(好中球・好酸球・好塩基球)、リンパ球、単球などの種類があり、多くは自動血球分析装置を用いて分類がされていますが、数の異常や異常細胞の出現が疑われる場合には、臨床検査技師が顕微鏡を覗いて分類を行います。
血小板 出血した際に、いち早く血液を止める機能(止血)をはたします。血小板は、多すぎても、少なすぎても、また数が正常でも機能に異常があると出血しやすくなります。

自動血球分析装置 自動血球分析装置

②血液像検査
血液1滴(約5μL)をスライドガラスに薄く引き伸ばし、塗抹標本(図1参照)を作製して染色します。この標本を顕微鏡で覗きながら、臨床検査技師が白血球を100〜200個丹念に分類(好中球、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球などに)します。同時に赤血球、血小板の形・大きさの異常や異常細胞の有無なども調べます。この血液像検査では白血病などの造血器腫瘍が稀に見つかることがあります。

③骨髄検査
血液細胞は、骨の中の骨髄(こつずい)で造血されます。骨髄検査の目的は、赤血球、白血球、血小板など血球の産生について、その動向を調べるために行われます。そのため骨髄検査の多くは、血液検査にて血球数の異常や白血病細胞の出現などといった異常がみられた場合の精密検査や、白血病などの造血器腫瘍の診断や治療効果の評価のために行われています。検査方法は、胸骨や腸骨に針を刺して骨髄液や骨髄組織を採取し、骨髄液は血液像と同様にスライドガラスに引き伸ばし塗抹標本を作製します。染色後に骨髄中の細胞分類や異常細胞の有無を臨床検査技師が顕微鏡を覗きながら検査を行い、骨髄の状態を詳しく調べます。

④凝固検査
出血を止める能力を調べる検査で、特に手術前や出血する可能性のある侵襲的検査の前に行う検査です。また血液を固まりにくくする薬(ワーファリンなど)を服用している場合にも、薬の効果を確認するために調べます。その他、血友病のスクリーニング、肝機能検査としても用いられます。

出血時間
(Duke法)
血小板の働きをみる検査です。耳たぶに2〜3mmの傷をつけて、出血が自然に止まるまでの時間を測定します。
凝固検査 自動凝固分析装置で以下の検査項目を実施しています。
・プロトロンビン時間(PT)
・活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
・フィブリノゲン 
・アンチトロンビンV
・可溶性フィブリンモノマー複合体(SFMC)
・FDP 
・Dダイマー
・クロスミキシング試験(交差混合試験)

自動凝固分析装置

微生物検査

病気の原因になっている細菌、真菌、ウイルスなど微生物を、体液や分泌物から見つけ出し、どの様な薬剤が効くかを調べる検査です。私たちの身の回りには、肉眼で見ることのできない、とても小さな微生物が存在しています。人は感染症にかかると、のどが痛くなったりおなかが痛くて下痢をしたり、また傷が化膿するといった症状を起こします。これらは主に微生物による感染で、その症状を起こす原因菌がわからないと治療が困難な場合があります。このような時には、微生物検査が大変重要な役割を果たします。
検体の採取方法について
尿、喀痰、糞便、咽頭鼻腔拭い液、膿、血液などが検査の対象となります。病気の原因になり得る細菌の種類を確定するため、医師、看護師の指示に従って採取をお願いします。
細菌や真菌の検出方法
検体をスライドガラスに直接塗抹し、染色して細菌を確認します(塗抹検査)。同時に検体を培地に塗布し培養します(培養検査)。検出された菌がどのような性質(特徴)を持っているかを調べることによって種類を決定し(同定検査)、治療するためにどの様な薬剤がその菌に効果があるかを調べます(薬剤感受性検査)。検査結果が出るまでには早くて3〜4日かかるので、検査結果は次回の診察時に説明されることになります。
その他の検査
インフルエンザウイルスや結膜炎の原因菌であるアデノウイルスなどは、検体提出から30分程度で検査結果がわかります。しかしインフルエンザに感染していてもウイルス量が少ない場合は、検査において陰性(−)と判定されることがあり、インフルエンザを疑う場合は時間を置いて再検査を行い、症状を確認するなど総合的に判断をします。

塗抹検査 検査材料をスライドガラスに塗り広げ、染色して顕微鏡で観察し、病原微生物を推定します。
培養検査 検査材料を培地に塗り広げフラン器に入れます。翌日には増殖しコロニー(細菌の塊)になります。
同定検査 培地上に生えてきた細菌の名前を決める検査です。
薬剤感受性検査 その細菌に対してどのような抗生剤が有効かを調べる検査です。

病理検査室

病理検査とは、患者さんから採取された組織や臓器などから顕微鏡標本を作製し、病気を診断する検査で、大別して組織診検査と細胞診検査および病理解剖がありますが、ここでは「組織診検査」と「細胞診検査」について説明します(詳しくは病理診断科ホームページを参照して下さい)。
①組織診検査は、内視鏡検査、針生検などで採取された組織(生検材料)や、手術で摘出された臓器(手術材料)を顕微鏡で観察して診断する検査です。具体的には、がんや良性腫瘍の診断、慢性肝炎・慢性腎炎や皮膚炎などの炎症性疾患の診断、動脈硬化症などの変性疾患の診断などを行っています。特に生検材料による腫瘍の診断では、主に良性と悪性(がん)の診断を目的とし、手術の可否、手術方法、切除範囲などを決定するのに有用な検査です。
採取、または摘出された組織は、その形態が変化するのを防止するため、ホルマリン溶液で固定します。十分に固定された組織は、肉眼的観察を行い、診断に必要な部分を切り出します。それぞれの材料は、最終的にはパラフィン(ロウ)に埋め込み固め、約0.003mmの薄さに切ります。その切片をスライドグラスに貼り付け、通常はヘマトキシリン・エオジン染色(HE染色)を実施し標本を作製します(HE染色標本参照)。この標本を病理医が顕微鏡で観察し、組織構造および個々の細胞形態を評価し、病変の診断を行います。がんなどの手術材料の場合は、術後の治療方針を立てるために重要な情報となる、腫瘍の広がり、組織学的悪性度、リンパ節転移の有無などを確認し、病理学的に分類し、がんの病理学的性質を調べ最終的な病理組織診断を行います。

薄切作業

内視鏡検査で採取された大腸生検標本
(HE染色標本)

②細胞診検査は、患者さんから採取された細胞を、細胞の大きさや形などを顕微鏡で観察して、癌細胞の有無や感染症などを判定する検査法です。
患者さんから採取された喀痰や尿、または婦人科検診などで採取された細胞は、顕微鏡で観察するためスライドガラスに塗沫され、パパニコロウ染色を実施し標本を作製します(パパニコロウ染色標本参照)。この標本を細胞検査士(日本臨床細胞学会認定)が顕微鏡で観察します。当院においては精度管理の観点から、すべての標本を2名の細胞検査士が確認し、細胞診専門医(病理医)が最終判定を行い報告しています。

細胞診を行う細胞検査士

子宮癌検診で採取された子宮頚部標本
(パパニコロウ染色標本)

 生理機能検査には、心電図、ホルター心電図、肺機能、腹部エコー、表在エコー、心エコー、トレドミル、脳波、筋電図検査などがありますが、これらは心疾患、呼吸器疾患、腹部の異常(腫瘤や脂肪肝など)、神経・筋肉疾患などの診断や治療に不可欠の検査です。

 臨床検査部はこのようなさまざまな検査を実施し、病態の把握や治療効果判定のための有用な検査データを迅速に提供しています。

検査の受け方

ホルタ−心電図 トレッドミル

検査項目 検査の目的 検査の内容 注意が必要なこと
ホルター心電図 24時間心電図を記録し、脈拍の変化や不整脈の有無を調べる検査です。 検査室で心電図電極を貼り、小型心電計をとりつけます。必ず翌日に心電計をはずしに来室してください。
  1. 精密電子機器装着のため、お風呂、シャワー、水泳等は避けてください。その他はいつもどおりの生活をしてください。
  2. 心電図電極を貼るため、襟の大きく開いた服装はシールが見えてしまうことがありますので、ご注意ください。
  3. 行動記録記載のため、時計等時間がわかるもの、また筆記用具も持参してください。
トレッドミル 狭心症や不整脈等心臓病の有無や運動能力測定(肥満、糖尿病等)の為の検査です。 基本的には心電図検査です。電極をつけて軽度な運動をしてから心電図を検査します。
  1. 検査当日、体調に変化のある方は受付、または検査担当者に申し出てください。検査中に体調の変化が生じた場合も、我慢せず必ず検査担当者に申し出てください。
  2. 運動しやすい服装、汗をかいた際の着替え、汗拭きタオル等をご用意ください。
  3. 検査は裸足で行いますので、運動靴は必要ありません。

筋電図 脳波検査

検査項目 検査の目的 検査の内容 注意が必要なこと
筋電図
誘発電位検査
紳経や筋肉の中に流れているわずかな電位を測定し、神経や筋肉の働きを調べる検査です。 検査部位に電極をつけて安静にしていただきます。
  1. 検査時洋服を脱いでいただく場合がありますので、着替えが容易な服装でおいでください。アクセサリー類は検査時に、はずしていただく場合があります。
  2. この検査は食事や薬の制限はありません。同一日に他の検査(MRI、CT、内視鏡、エコー検査等)がある場合は、医師の指示や他の検査案内書に従ってください。
脳波検査 脳に流れているわずかな電気を測定し、脳の働きを調べる検査です。 頭に電極を取りつけて起きている時と、眠っている時の両方を検査します。
  1. 所用時間は、1時間から2時間くらいです。トイレを済ませておいてください。
  2. 検査前日は、いつもより遅く寝て、当日早く起床し、睡眠不足気味の状態でおいでください。
  3. 頭に電極を取りつけますので、検査前日は洗髪し整髪料等はつけないでください。
  4. 検査中眠れない場合は、眠れる薬を飲んでいただく場合もあります。車を運転しての来院はご遠慮ください。
  5. 小さいお子さんは、眠れる薬を飲んで検査を行う場合があります。また薬が効くまで多少時間を要しますので、早めにおいでください。

超音波検査

検査項目 検査の目的 検査の内容 注意が必要なこと
腹部 超音波によって目的の部位を検査します。 腹部:肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓などの検査
  1. 腹部検査
    食事:午前・・・朝食抜き、午後予約・・・ 昼食抜き
    午後予約の方でも遅い朝食は止めてください。
    最後の食事から検査までの時間は6時間以上空けてください。特に胆嚢の検査を受ける方は、胆汁がたまるまでに時間が必要です。
  2. 骨盤腔「婦人科、泌尿器、腎臓内科(血尿)」の場合、膀胱に尿をためた状態で検査を行います。尿検査がある場合は検査の前に来室してください。
  3. 内視鏡、大腸検査が同一日に予約されている場合、腹部エコー検査を先に行います。
頚部・乳腺
心臓
その他の部位
超音波検査
超音波によって目的の部位を検査します。 頚部:頚動脈の検査
乳腺:乳腺の検査
心臓:心臓の検査
食事の制限はありません。

精密肺機能・肺拡散能力

検査項目 検査の目的 検査の内容 注意が必要なこと
精密肺機能 肺活量などを詳しく調べる検査です。肺から出入りする空気の量や速さを測定します。
精密で多くの情報が得られ、詳しい呼吸障害の程度がわかります。
検査室に入ったあと、マウスピースをくわえて口で呼吸します。
検査は鼻栓をして行いますので、鼻から呼吸することは出来ません。
食事・服薬の制限はありませんが、満腹の状態ですと、正確な値が測れない場合があります。食事は腹8分目にして下さい。
肺拡散能力 酸素が肺胞から血液中にどれだけ効率良く入っていけるかを測定します。 検査室に入ったあと、マウスピースをくわえて口で呼吸します。
検査は鼻栓をして行いますので、鼻から呼吸することは出来ません。
お食事・お薬の制限はありませんが、満腹の状態ですと、正確な値が測れない場合があります。食事は腹8分目にして下さい。同日に他の検査が入っている場合、それぞれの検査または医師の指示に従って下さい。

人間ドック

当院の人間ドックでは、採血・採尿、心電図、各種超音波検査(腹部、乳腺、頸動脈、心臓)、肺機能検査、 眼底・眼圧検査、身体計測、胸部レントゲン、胸部CT、問診、胃内視鏡検査等、および医師による問診診察を行い、予防医学の理念に基づき、疾患の早期発見、健康推進に努めています(超音波検査はレントゲン検査と違い、放射線等の影響がなく無侵襲で行える検査です)。
その他にもコースやオプションにより、マンモグラフィー、MRI、乳腺超音波検査、頸動脈超音波検査、心臓超音波検査、負荷心電図、糖負荷試験等の検査を受けることができます。
コース、オプションによっては重複して受けられない検査もあります。詳しくはNTT関東病院人間ドックのホームページをご覧下さい。

主な検査の内容

心電図 四肢と胸部に電極をつけ、不整脈等を調べる検査です。
負荷心電図 規定の高さがある階段を、体格(身長、体重)と年齢から算出された規定回数に基づき、その回数分の昇降を行い、安静時の心電図、運動負荷後の心電図を測定します。労作性狭心症など運動によって誘発される不整脈の発見に有用です。




腹部 肝、胆、膵、腎、脾、胆のう、腹部大動脈等に腫瘤などの異常が無いかを見つける検査です。
乳腺 乳管の拡張や乳腺内における腫瘤などの有無、乳腺近傍のリンパ節等に異常が無いかを見つける検査です。
頸動脈 総頸動脈、内頸動脈、椎骨動脈等に狭窄や閉塞、内壁が肥厚している部分(プラーク)などが無いか見つける検査です。動脈硬化の指標にもなります。
心臓 心臓全体の大きさやその動き、弁の動きや血液の逆流などの異常が無いかを見つける検査です。
血圧・脈波検査 四肢の血圧を同時に測定し、主に脚の血管に動脈硬化などが無いかを見つける検査です。
肺機能検査 努力性肺活量を測定し、肺がきちんと膨らんでいるか(拘束性換気障害)、気管支が狭くないか(閉塞性換気障害)などを見つける検査です。
眼底・眼圧検査
【眼圧検査】
眼球に軽く空気を吹き付け、角膜が空気を跳ね返す圧を測定します。緑内障などの指標にもなる検査です。
【眼底検査】
眼球の奥の部分(眼底)の写真を撮影します。緑内障や白内障、黄班変性など眼の疾患をはじめ、眼底の血管は脳の血管を反映しているといわれており、脳血管の状態も推測します。
糖負荷試験

ブドウ糖が75g入った炭酸水(全量225mL)を飲用前(負荷前)、飲用後(負荷1時間後、負荷2時間後)に採血および採尿を行い、各々における血糖、尿糖、インスリンの上昇と降下の具合を調べます。境界型糖尿病の発見に有用とされています。