関東病院


内視鏡部

当院では昭和30年代の内視鏡検査の草創期から検査が行われ、2000年12月新病院開院時には、NTT関東病院内視鏡センターとして780平方メートルの日本有数の内視鏡センターとして立ち上がりました。2004年1月からは内視鏡部 として態勢を整え、質・量の両面で増大する内視鏡検査・治療の需要に即応できるようにしました。消化器内科、外科との非常に緊密な連携の下に運営されております。看護スタッフも内視鏡学、感染防御などについて多くの研鑽を積んで関連学会で指導的な活動をしております。このように、当内視鏡部では常に最高レベルの内視鏡システムが稼動しております。最近の話題では、大圃医師が着任してからの飛躍的なESDの発展(胃、ついで食道、そして大腸ESDが保険適応となってきています)のほか、、カプセル内視鏡、ダブルバルーン内視鏡、経鼻内視鏡、ミント法などが注目されます(消化器内科を参照)。

内視鏡部の検査体制

検査室として9室あり、専用のX線透視室を加え10室で検査をおこなっています。2008年の検査件数は上部消化管約16000件、下部消化管約6600件でした。このほか膵胆管内視鏡、超音波内視鏡も行っています。通常の検査のほか、胃癌、食道癌、大腸癌などの内視鏡的切除(ESDの項参照)が最近急速に増加しており、また出血や閉塞性黄疸などの緊急の場合は、熟練したスタッフが常時即応できる態勢をとっており、必要な処置をすぐに実行できます。

食道から大腸までと膵臓、胆道の全領域の疾患を対象としており、内視鏡による疾患の診断のほかにあらゆる内視鏡治療が当院で行われています。

平成25年5月1日“2F内視鏡センター”の新規開設に伴い、1階内視鏡センターの検 査室は専用のX線透視室を加え7室に変更し、患者さんの検査・治療を中心とした体 制に移行しています。

【最新】内視鏡検査方法の紹介

・共焦点レーザー顕微内視鏡

共焦点レーザー顕微内視鏡とは、数万本のマイクロファイバーを束ねた構造の極小プローブによって組織を細胞レベル(1000倍の拡大観察)でリアルタイム・低侵襲に観察することが出来る画期的・先進的な内視鏡システムです。

抗血栓薬(血液を固まりにくくするお薬)中止が困難な患者さんに対し、内視鏡で組織をとる検査をこれまでは入院でおこなっていましたが、共焦点レーザー顕微内視鏡を用いることにより、外来で検査が可能となりスピーディーな検査となるとともに、組織を採取することなく組織を貫通した薄い層として観察することが出来るため、生検で問題となる出血を回避することができます。
また、現行の内視鏡(最大倍率80倍まで)検査では診断が困難で、繰り返す内視鏡検査と組織検査が行われても診断がつきにくい早期癌や、粘膜の表面を正常粘膜に覆われた腫瘍性病変の診断にも有用性が報告されています。

【費用】

上部消化管共焦点レーザー顕微内視鏡 50,000円
下部消化管共焦点レーザー顕微内視鏡 60,000円

【対象患者】

内視鏡生検において抗血栓薬中止が不可能な方
現行の内視鏡検査では確定診断が困難な方

・大腸カプセル内視鏡検査

当院は2014年10月より、これまで小腸検査のみであった口から飲みこむタイプのカプセル内視鏡を、大腸検査についても開始しました。この検査は、大腸に病変があることが疑われ、かつ通常の大腸内視鏡が奥まで通らない患者さんに対して公的医療保険の対象になっています。従来の内視鏡検査と違って痛みが全くなく、肛門から何も挿入しないため、「痛み」や「恥ずかしさ」が気になるという方におススメです。

なお、自己負担額等、詳細については、消化器内科にお問い合わせください。