・ウ・゚・螂ヒ・ア。シ・キ・逾?、?ウリ、ヨ。ヲカオ、ィ、?

スーパーメディアキッズ
「学ぶ」トップに戻る
スーパーメディアキッズとは?
いっしょに学ぼう!
ネット安全教室 ネットワークの今と未来
インターネットってどんなもの?
みんなで参加しよう!
みんなでつくろう
もっとよくしりたい!
つうしんキーワード
おもしろエコブック
人物しょうかい
わからなくなったら
子どもたちに向けた取り組み
つうしんキーワード

提供元 ポプラディアネット

携帯電話
けいたいでんわ

電波をつかって通話するもちはこびできるがたでんと、そのつうしんシステム。りゃくしてけいたい(ケータイ)ともいう。テレビ電話としてつかえるしゅもあり、通話がいにも、電子メールやインターネットなどのつうしんサービスを受けられる。デジタルカメラや電子マネーなど、さまざまなのうをそなえるものや、テレビやラジオ、けいたい音楽プレーヤーとしてようできるものも多い。

日本では、けいたいでんは1987(しょう62)年に登場したが、第1世代はアナログ式で大きさがショルダーバッグほどもあり、けいたいするには重くてかくも高かったため、いっぱんにはきゅうしなかった。その後、自動車電話としてはったつ、1992(へいせい4)年にNエヌTティーTティードコモがえいぎょうを開始し、デジタル式(第2世代)になってがたけいりょうされたため急速に広まった。1995年にはPピーHエイチSエスも登場している。

1999年には、インターネットへのせつぞくサービスがはじまり、カメラとしてもつかえるようになるなど、けいたいでんのういっきょに広がった。さらに、つうしん速度が高速で、えいぞうそうじゅしんなどもできる第3世代けいたいでんシステムも、2001年にサービスを開始した。今後は、ちょうこうそくつうしん速度をもち、こうしつの動画をつうしんできる、第4世代けいたいでんの開発が期待されている。

けいたいでんにゅうしゃは年々ふえつづけ、2008年9月まつげんざいで、けいたいでんPピーHエイチSエスにゅう数は合計やく1おく900万台となっている。2006年10月からは、にゅう会社をかえても同じ電話番号をつかえる番号ポータビリティーせいがはじまった。

便べんになる一方で、ぼうしない商品のせんでんこうこくや、とうりょうきんせいきゅうするサイトにゆうどうするメールなど、めいわくメールのがいきゅうぞうしている。また、などのはんざいへの悪用も大きな社会問題になっている。

ようのマナーにも注意がひつようである。けいたいでんから出るでんは、りょうかいせいみつかいどうさせるおそれがあるので、病院やこう、電車やバスのゆうせんせききんではでんげんを切る。また、デジタルカメラとしてつかうときには、さつえいたいしょうきょてから写真をとるようにするなど、しゅうへのはいりょもとめられている。

自動車運転中の使用については、2004年11月のどうこうつうほうかいせいにより、通話だけでなく、メールを読むなど、画面をちゅうするこうも禁止された。

このページのトップへ戻る
つうしんキーワードトップへ戻る
おすすめ項目
  1. つうしん【通信】
  2. データつうしん【データ通信】
 
 
 
 
 
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(c)2008 POPLAR Publishing.コンテンツの無断転用を禁止します。

 (財)消費者教育支援センター主催 第4回消費者教育教材資料表彰優秀賞受賞