伊豆病院


伊豆病院ホーム > 受診案内 > リハビリテーション科


リハビリテーション科

リハビリテーション科紹介

当院は脳卒中の回復期リハビリテーションを中心に、患者さんの日常生活活動の改善及び自宅・社会復帰を目標に総合的なリハビリテーションを行っています。 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー等の専門スタッフがチームを組み、患者さんの身体能力、その改善状況等の情報を共有し、自宅退院を目標としたリハビリテーションを行います。
また退院された患者さんやご自宅で生活されている方のために、医療保険では通院リハビリテーション(理学療法、作業療法、言語療法)を、 介護保険では訪問リハビリテーションを行い、患者さんの機能回復や在宅生活支援を行っています。

医師紹介

役職 主な経歴
  1. 卒業大学(卒業年度)
  2. 卒業後の研修機関等
  3. 学位
専門領域・得意な分野
医師名
リハビリテーション科部長
整形外科部長兼務/
療法部長兼務
  1. 山梨医科大学医学部(1987)
  2. 山梨医科大学整形外科
    浜松医科大学整形外科
    富士宮市立病院整形外科科長
  3. 医学博士(浜松医科大学)
  • 整形外科一般
  • 骨粗鬆症
  • 股関節外科
こやま しんたろう
小山 新太郎
小山 新太郎
リハビリテーション科
医師
  1. 島根医科大学医学部(1989)
  2. 国立精神神経センター武蔵病院
    獨協医科大学
    国立病院機構東京病院
    島根県立中央病院
    出雲市立総合医療センター
  • リハビリテーション全般(主に内部障害)
にしお しんいち
西尾 真一
西尾 真一
リハビリテーション科
医師
  1. 慶応義塾大学医学部(1982)
  2. 慶応義塾大学病院内科
    伊勢慶応病院
    慶応義塾大学医学部呼吸循環器内科
    足利赤十字病院
    ワシントン州立大学医学部
    東京電力病院
    久我山病院
    横浜市立脳血管医療センター
    防衛医科大学校1内科
    静岡県立静岡がんセンター研究所
  3. 医学博士(慶応義塾大学)
  • リハビリテーション全般(主に脳卒中)
くすはら まさとし
楠原 正俊
楠原 正俊
リハビリテーション科
医師
  1. 鳥取大学医学部(1986)
  2. 東京医科歯科大学医学部付属病院整形外科
    大宮赤十字病院
    財団法人癌研究会付属病院
    東京医科歯科大学医学部付属病院整形外科
    千葉徳州会病院整形外科
    同愛記念病院財団整形外科
    多摩緑成会病院整形外科
    土浦協同病院
    佐々総合病院
    多摩緑成会病院整形外科リハビリテーション科
    埼玉県総合リハビリテーションセンター医長
    富士宮市立病院リハビリテーション科科長
  • リハビリテーション全般
    (主に脊髄損傷・脳卒中・切断・整形外科一般)
すがぬま えつこ
菅沼 悦子
菅沼 悦子
リハビリテーション科
医師
  1. 高知大学 医学部(2014)
  2. 川崎協同病院
    国際医療福祉大学熱海病院
  • リハビリテーション全般
おぐら るい
小倉 類
小倉 類

リハビリテーション部門の理念

一人ひとりのライフスタイルに合った質の高いリハビリテーションを提供します

リハビリテーション部門の基本方針

1.チームアプローチの実践
綿密な計画に基づいたチームアプローチにより、質の高いリハビリテーションを実践します。


2.一貫したリハビリテーションの実践
発症から在宅までの流れの中で、急性期から回復期・生活期にいたる一貫したリハビリテーションを実践します。


3.地域リハビリテーションの推進
地域の医療・保健・福祉機関と緊密な連携をとり、ニーズに基づいたリハビリテーションサービスを推進します。

回復期リハビリテーション病棟とは

急性期病院から早期に患者さんを受け入れ、リハビリテーション治療を集中的に行う病棟です。 リハビリテーションスタッフを病棟に専従配置し、「訓練室」だけではなく、生活の場である「病棟」でもリハビリテーションが効果的に行います。

回復期病棟365日リハビリテーション

当院回復期リハビリテーション病棟では、基本的に365日リハビリテーションスタッフによる訓練を実施しています。


病棟カンファレンス

患者さんの歩行訓練

入院対象となる疾患

  1. 脳血管疾患、脊髄損傷等の発症後または手術後2ヶ月以内
  2. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、もしくは膝関節等の骨折または手術後2ヶ月以内
  3. 外科的手術または肺炎後の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後または発症後2ヶ月以内
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靱帯損傷後1ヶ月以内
  5. 股関節または膝関節の置換術後1ヶ月以内

施設基準一覧

入院を希望される方へ

主治医とご相談のうえ、当院所定の入院申込書に必要事項を記入して頂き、地域医療連携室まで郵送またはFAXにてお申し込み下さい。
また、入院相談・病院見学等については随時お受け致しておりますので、まずはお電話にて問い合わせ下さい。