伊豆病院


伊豆病院ホーム > 人間ドック > オプション検査のご案内(日帰りドック)


オプション検査のご案内(日帰りドック)

  • コース名欄に『 ○ 』のある項目が、各コース毎に申し込み可能な項目です。
  • オプション検査をコース予約時以降に申し込む場合には、事前に書類を送付する都合上、受検日の2週間前までにお申し込みください。
  • 検査項目によっては、予約数に制限があるものがございます。(※1、2)申し込み多数の場合は、先着順となりますのでご了承ください。
  検査項目 検査内容等 料金
(税抜)
コース各
スタンダード A スタンダード B 脳MR
M
R
頭部MRI・MRA※1 詳細 脳梗塞や脳腫瘍などの脳疾患を検査します。
動脈硬化による無症状の脳梗塞や、脳動脈瘤の有無を調べることができます。
20,000円 コース
に含む
脊椎MR
I(頚椎)※1
詳細 頚椎または腰椎の変形や椎間板ヘルニアなどの有無を調べることができます。
手足のしびれなどが気になる方にお勧めの検査です。
20,000円
脊椎MR
I(腰椎)※1
詳細 20,000円



血管年齢
(血圧脈波)※2
詳細 動脈の硬さの程度や閉塞の有無を調べる検査です。
5分ほどベッドに横になり、手足4箇所の血圧を測定する簡単な検査です。
2,000円
冠動脈カルシウムスコア検査
(45才以上男性のみ)
詳細 心臓の動脈硬化の程度を、動脈のカルシウムの量により評価する検査です。心電図をつけながら心臓の動きに合わせてCT撮影を行います。 4,000円
頸動脈超音波検査 超音波を利用して動脈硬化や脳血管疾患の評価をする検査です。 5,000円 コース
に含む
心疾患
(NT-proBNP)
詳細 心臓に負荷がかかると心臓の細胞からNT-pro
BNPが血液中に分泌されます。
その濃度により心臓にかかっている負荷状態がわかります。
2,500円



喀痰細胞疹検査 痰の細胞を採取し、悪性細胞やその他の病変がないかを調べます。 3,000円
胸部X線検査 肺がんや胸部の病気を見つける検査です。 3,000円 コース
に含む
コース
に含む
低線量胸部
マルチスライスCT検査
肺の病気を見つける検査で、小さながんも発見することができます。検査台に横になり7〜8秒息を止めていただく簡単な検査です。 12,000円
肺気腫
CT検査※3
(40才以上男性のみ)
詳細 COPD(肺の炎症性疾患)のひとつである肺気腫(気管支を肺胞が拡張し破壊される疾患)の程度をCTで測定します。喫煙歴のある方におすすめです。 3,000円



肝炎検査(C型) 血液を用いC型肝炎ウイルスに感染しているか、感染したことがあるかを調べます。 2,000円
消化器がん腫瘍マーカー
(CEA、CA19-9)
消化器系がんのスクリーニング検査として広く用いられる検査です。また、CA19-9は消化器がんの中でも、特に膵臓がんを検査する検査です。 3,000円
腹部超音波検査 超音波装置を使い、上腹部の内臓(肝臓、すい臓、胆嚢、腎臓)の様子を観察し、腫瘍や結石などがないか調べます。
5,000円
コース
に含む
コース
に含む

ピロリ菌抗体検査 詳細 血液を用いてヘリコバクター・ピロリ菌の感染があるか、また感染したことがあるかを調べます。
除菌効果の判定はできません。

2,000円



胃レントゲン検査 バリウムを飲み、レントゲン撮影する方法で、食道、胃、十二指腸の形態の変化、潰瘍、腫瘍あるいは各種の炎症性病変の診断ができます。
9,000円
コース
に含む

-

胃内視鏡検査 胃カメラを用い、食道、胃、十二指腸の形態の変化、潰瘍、腫瘍あるいは各種の炎症性病変の診断ができます。(経口と経鼻を選択できます。) 12,000円 - コース
に含む


甲状腺
(TSH・FT4)
詳細 甲状腺から出される2種類のホルモン血中濃度を測定します。これらの濃度により、甲状腺の機能を評価することができます。 2,000円
アレルギー検査
(Viewアレルギー39)
詳細 血液を用いて、アレルギーの原因となっている物質を推定します。(全33項目) 11,000円
骨密度測定(前腕骨) 詳細 前腕骨の強さを微量なX線で測定します。 2,000円
内臓肥満(脂肪沈着度)測定
(男性のみ)
詳細 内臓脂肪面積をCT装置を使用しておへその位置で撮影し解析します。
お腹周りが気になる方におすすめです。
3,000円
前立腺がん血液検査(PSA)
(男性のみ)
血液中の濃度が高値の場合は前立腺の異常(特に前立腺がん)を疑います。 3,000円



卵巣がん血液検査(CA125) 血液中の濃度が高値の場合は特に卵巣がんを疑います。 3,000円
子宮頸部がん細胞診検査  子宮頸部がんは子宮の入口の子宮頸部にできるがんです。症状がなくても、1〜2年に一度の検診をおすすします。 3,500円
HPV※4 子宮頚部がんの原因といわれているヒトパピローマウイルスの感染の有無を調べます。 3,000円
乳がん検査
 (超音波)
超音波装置を使い乳房を観察し、腫瘍(乳がん等)がないか調べます。 5,000円
乳がん検査
(マンモグラフィ 2方向)
X線を使用して乳腺を撮影します.早期の微細ながんを見つけることに優れた検査です。 7,500円

※1  体内に金属等がある方、刺青がある方など検査できない場合があります。(事前にお問い合わせください。)
※2  義手、義足、人工透析中、不整脈の方は検査できません。

※3  低線量胸部マルチスライスCT検査を受検しない方は検査できません。
※4  子宮頸部がん細胞診検査を受検しない方は検査できません。

頭部MRI・MRA検査

料金 : 20,000円(税抜)

頭部MRI検査は、無症状または未発症の脳疾患あるいはその危険因子を事前に発見することが可能です。検査では無症状脳梗塞、脳萎縮、脳血管狭窄、脳動脈瘤などの疾患が分かります。
検査は筒状の機械に入り、身体の断面像を表示します。所要時間は15分です。

【こんな方におススメ】

  • 喫煙歴がある方、痰や咳が気になる方、息切れがある方

【注意事項】

  • ※MRI検査は、体内に金属(磁性体)がある方などは検査を受けられないことがあります。事前にお問い合わせ下さい。

椎体MRI検査(頚椎・腰椎)

料金 : 20,000円(税抜)

頚椎MRI検査は、椎体(骨)や脊髄(神経の束が通る管)に異常がないか検査します。検査では椎間板ヘルニア、頸椎症、脊柱管狭窄症、脊椎腫瘍など疾患が分かります。  検査は筒状の機械に入ります。機械から信号を得て身体の断面像を表示します。所要時間は15分です。

【こんな方におススメ】

  • 頚部や腰に痛みがある方、腕や足にしびれのある方など

【注意事項】

  • ※MRI検査は、体内に金属(磁性体)がある方などは検査を受けられないことがあります。事前にお問い合わせ下さい。

血管年齢(血圧脈派)

料金 : 2,000円(税抜)

動脈硬化を放置しておくと、心筋梗塞や脳梗塞、抹消動脈疾患(PAD)などを引き起こしやすくなります。

冠動脈カルシウムスコアCT検査

料金 : 4,000円(税抜)

冠動脈石灰化CT検査では、心臓の動脈である冠動脈の石灰化の有無、程度を評価します。心電図と同調させ、より正確な石灰化スコアの計測が可能です。
 検査は心電図を計測しながら行います。呼吸のアナウンスがありますので10秒ほど息を止めていただきます。所要時間は10分程度です。

【こんな方におススメ】

  • 喫煙歴がある方、動脈硬化を指摘されている方
  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧など)のある方

【注意事項】

  • ※検査は45歳以上の男性の方が対象です。
  • ※循環器科で治療中の方はおススメしておりません。

心不全マーカー検査(NT-proBNP)

料金 : 2,500円(税抜)

血液でチェック!! 心不全マーカー検査(NT-proBNP)とは?

心不全とは?

「心不全」とは病気の名前ではなく、心臓の役割である血液を全身に送る ポンプ機能が弱った状態のことをいいます。 「心不全」はさまざまな心臓の病気が原因で起こります。
 初期の段階では自覚症状が少なく、心不全の状態を放置しておくと、 病状が徐々に悪化して日常生活が困難になってしまうこともあります。  早期発見・早期治療が重要です。

NT-proBNPとは?

心臓の機能が低下し負担がかかると、心臓の細胞からNT-proBNPが血液中に分泌されます。
 心臓への負担の程度が大きいほど値が高くなりますので、 心臓にかかっている負荷状態をみるのに適しています。
 また、自覚症状がないような心臓の状態も反映しますので、 リスクを確認することもできます。 

【こんな方におススメ】

  • 心疾患、高血圧、糖尿病で治療中の方
  • メタボリックシンドロームに該当する方、予備群の方
  • 軽い運運動時や日常生活時に動悸を感じる方
  • その他、喫煙中・喫煙歴がある方・むくみが気になる方等

NT-proBNP検査Q&A

Q1:
健診での基準値は?
A1:
125pg/mL未満は正常群です。ただし、55pg/mL以上の場合には、生活習慣病の注意が必要です。定期的な健診により予防していく事が重要です。

Q2:
特に自覚症状はないが測定の意義はあるか?
A2:
様々な病態で心臓への負荷がかかるとNT-proBNPの値が変化します。
自覚症状が無い状態でも心臓に何らかの負荷がかかっていると上昇することが報告されています。測定が勧められる状態であれば、検査をお勧めします。

【測定が勧められる方】

  • 心疾患、高血圧、糖尿病で治療中の方
  • メタボリックシンドロームに該当する方、予備群の方
  • 軽い運運動時や日常生活時に動悸を感じる方
  • その他、喫煙・喫煙歴がある方・むくみが気になる方等
Q3:
追加採血は必要か?
A3:
基本項目測定のために採血した血液を使用するので、追加採血の必要はありません。

肺気腫CT検査

料金 : 3,000円(税抜)

肺気腫CT検査は、COPDの1つである肺気腫の程度を測定します。  検査は台の上に寝ていただきます。呼吸のアナウンスがありますので7秒ほど息を止めていただきます。所要時間は5分程度です。胸部CT検査と同時に行います。

【こんな方におススメ】

  • 喫煙歴がある方、痰や咳が気になる方、息切れがある方

【注意事項】

  • ※検査は40歳以上の男性の方が対象です。
  • ※呼吸器科で治療中の方はおススメしておりません。

ピロリ菌抗体検査

料金 : 2,000円(税抜)

血液でチェック!! ピロリ菌抗体検査とは?

ピロリ菌とは

正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」で、ヘリコとは「らせん」とか「旋回」、バクターとは「バクテリア(細菌)」、ピロリとは胃の出口(幽門)をさす 「ピロルス」から命名されました。この菌は胃の幽門部から初めて見つかりました。
 ピロリ菌は胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどの原因とされています。

ピロリ菌抗体検査とは?

人はピロリ菌に感染すると、抵抗力として菌に対する「抗体」を作ります。血液中や尿中に存在するこの抗体の有無を調べる検査で、当院では血液中の抗体を調べます。 正式名称は「血中抗ヘリコバクターピロリIgG抗体」です。
 ピロリ菌の感染率は衛生環境と相関すると指摘され、50代以上の日本人の70〜80%がピロリ菌に感染しているといわれており、経口感染が主な経路と考えられています。しかし、衛生環境が改善された今日、若い世代の感染率は急激に低下しています。  なお、過去にピロリ菌の除菌治療をされた方にはお勧めしません。(除菌効果の判定は出来ません。)

【こんな方におススメ】

  • 過去に胃潰瘍や十二指腸潰瘍の経験がある方
  • 胃炎といわれたことがある方
  • 上記以外で、胃の痛み、胃の不快感、胃の膨満感、食欲不振などを感じたことがある方
  • 50歳以上で過去に検査されたことがない方

アレルギー検査(Viewアレルギー39)

料金 : 11,000円(税抜)

当検査の特徴

1度の簡単な採血で39種類のアレルギーの原因を調べられる検査です。
アレルギー性疾患の主要な原因アレルゲンの項目が入っています。
吸入系のアレルゲンとしての塵や花粉、昆虫などの他、食物系のアレルゲンとしての食品表示義務7品目等が含まれております。すでに症状が出ている方、そうでない方も、たくさんの種類のアレルギー検査をすることで、自分でも思ってもみなかったアレルギーの原因が見つかるかも知れません。

39種類アレルゲン

吸入系抗原 食餌系抗原
室内塵 ヤケヒョウヒダニ 卵白
ハウスダスト1 オボムコイド
動物 猫皮屑 牛乳 ミルク
犬皮屑 小麦 小麦
昆虫 ゴキブリ  豆、穀、
種実類
大豆
ソバ
樹木 スギ ピーナッツ
ヒノキ
ハンノキ(属) ゴマ
シラカンバ(属) 甲殻類 エビ
草本類 カモガヤ カニ
オオアワガエリ 果物 キウイ
ブタクサ リンゴ
ヨモギ バナナ
空中真菌 アステルナリア 魚・肉類 鶏肉
アスペルギウス 牛肉
真菌その他 カンジタ 豚肉
マサセチア(属) マグロ
ラテックス サケ
サバ

骨密度検査(前腕)

料金 :2,000円(税抜)

骨密度検査は、骨の強さを調べる検査です。若年者と同年代の値を比較し、骨粗鬆症(加齢などにより骨が弱くなる全身疾患)が分かります。所要時間は5分程度です。

腹部内臓脂肪検査

料金 : 3,000円(税抜)

腹部内臓脂肪検査は、CT装置を使用し内臓脂肪面積を測定します。
 検査は台の上に寝ていただきます。呼吸のアナウンスがありますので3秒ほど息を止めていただきます。所要時間は2分程度です。胸部CT検査とあわせて行います。

【こんな方におススメ】

  • 体重の増減が気になる方、腹囲が85cmを超えている方

【注意事項】

  • ※男性の方が対象です。

甲状腺機能検査(TSH・FT4)

料金 : 2,000円(税抜)

血液でチェック!! 甲状腺機能検査とは?

甲状腺の働き

甲状腺は、のどぼとけの下に位置し、蝶が羽を広げたような形をしている内分泌器官です。甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、生体機能に重要なエネルギーを作ったり、たんぱく質の合成などを調整しています。

甲状腺機能検査とは?

脳下垂体から分泌されるTSH(甲状腺刺激ホルモン)とその刺激で甲状腺から分泌される FT4(遊離サイロキシン)の測定を行います。

  1. FT4が過剰に分泌されると
    甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病など)、
  2. FT4が不足すると(分泌が低下すると)
    甲状腺機能低下症(橋本病など)になります。

このように血液中のTSH・FT4の濃度を測定 することにより甲状腺の機能を評価することができます。

【こんな方におススメ】

  • だるい、疲れやすいなどの症状がある場合
  • 女性で生理不順がある方
  • 甲状腺疾患は女性に多い病気なので、症状がなくても数年毎に検査を受けることをお勧めします。
  • 血縁に甲状腺の病気がある人は1〜2年に1回は受けましょう。

最新医療機器でのオプション検査ご案内

胸部ヘリカルCT検査

■低線量胸部マルチスライスCT検査
寝台に仰向けに寝ていただき、写真の中央の穴に身体が通過していく間に、肺の病気を見つける検査で、従来の胸部レントゲン撮影に比べ、はるかに小さな癌を発見することができます。現在、肺癌発見に最も有効な検査と考えられています。

マンモグラフィ検査

■マンモグラフィ検査
乳房専用のX線撮影装置を用いて行う検査で、小さな病変の発見に優れています。なお、40歳以上の方には、マンモグラフィ検査が勧められています。

頭部MRI・MRA検査

■頭部MRI・MRA検査
無症候あるいは未発症の脳疾患(脳梗塞、出血、腫瘍、脳動脈瘤、脳動静脈奇形等)を発見し、発症や進行の防止を目的とする検査です。