伊豆病院


伊豆病院ホーム > 病院紹介 > 部門紹介 > 療法部


療法部

療法部の理念

対象者が“今のままでも大丈夫”と思えるよう支援します

療法部所属の専門職

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士、健康運動指導士

業務内容

  • 入院および通院患者に対するリハビリテーション
  • カウンセリング、心理検査(臨床心理士)
  • 人間ドック受検者に対する体力測定や運動指導(健康運動指導士)

配属先

回復期リハビリテーション病棟、一般病棟、精神科病棟、通院リハビリテーション部門 精神科外来、訪問リハビリテーション部門、人間ドック部門

現任教育

<教育の目的>

配置部署において期待される専門性が発揮できる人材を育成する

<部門別教育目標>

◇理学療法部門

①患者の全体像が把握でき、かつチーム内で果たすべき役割が担える
②患者の運動学習を効果的に支援できる

◇作業療法部門

①患者の全体像が把握でき、かつチーム内で果たすべき役割が担える
②患者の自立を効果的に支援できる

◇言語聴覚療法部門

①患者の全体像が把握でき、かつチーム内で果たすべき役割が担える
②コミュニケーション能力および摂食嚥下機能向上を効果的に支援できる

◇臨床心理部門

①患者の全体像が把握でき、かつチーム内で果たすべき役割が担える
②悩みや苦しみを抱えている患者を効果的に援助できる

◇体育療法部門

①人間ドック受検者に対し安全かつ正確な体力測定および安全かつ効果的な運動指導ができる
②生活習慣病患者に対し安全かつ効果的に運動指導ができる

<教育体制>

◇院内教育:教育ラダーによる教育

レベル1;(目標)指導や教育を受けながら療法を実践行うことができる
      (学習形態)座学    
レベル2;(目標)所属の臨床場面において自立した療法を実践できる

      (学習形態)患者治療時に実践訓練
レベル3;(目標)自立した療法を実践し、かつ後輩指導ができる
      (学習形態)後輩指導に関する座学、指導に関する実践についてワークショップおよび振り返り
レベル4;(目標)リーダーシップが取れる優秀な療法実践ができ、かつ組織的な役割実行を実践できる
      (学習形態)院外研修等
レベル5;(目標)チームメンバーの方向付けや育成を行い、担当部署の目標達成に貢献できる
      (学習形態)院外研修等

◇院外教育:学会等院外研修による教育

新任教育

  • ・新入職員オリエンテーション(入職後約1ヶ月)
  • ・プリセプターシップ(1年間)
  • 多職種合同研修