伊豆病院


伊豆病院ホーム > 病院紹介 > 部門紹介 > 医療技術協力センター > 栄養管理室


栄養管理室

栄養管理室では、患者様の栄養状態を良好に保ち、早期に健康を取り戻せるよう栄養面からサポートしています。また、NST活動はじめチーム医療に取り組んでいます。

業務

①入院患者様の食事サービスと栄養管理、②栄養サポートチーム活動、③栄養指導、を行っています。

栄養管理室スタッフ

①入院患者様の食事サービスと栄養管理

入院患者様の病状に応じた、食事を提供しています。患者様に必要な栄養を満たすことはもとより、入院生活で心豊かに健康になれるように取り組んでいます。
食事の種類:常食、粥食、嚥下食、制限食(エネルギー、塩分、たんぱく質他)
食欲不振で食事が進まない患者様や低栄養の患者様には、栄養補助食品を補うなどの工夫を行い栄養がとれるよう配慮します。
病院食ならではのカロリーや塩分、栄養素のバランスの取れたおいしい食事を心がけています。また、食材は丹那牛乳をはじめ地元の食材を取り入れています。
毎日の食事をより楽しめるように、行事食や選択食で、○○の日メニュー、各地のB級グルメご当地メニューなど次々に新たな取り組みを行っています。

②NST活動

入院患者様の栄養状態を良好に保つため、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士など、多職種連携による栄養サポートチーム(NST)により、低栄養の患者様などの栄養改善に取り組みを行っています。

③栄養指導

糖尿病、脂質異常症など生活習慣病や嚥下食の作り方などの指導を行っています。外来患者様は、食事の記録から、カロリーなど栄養素をその場で計算し、生活スタイルにあった食事の助言を、入院患者様は退院後の食生活の助言を行っています。また、人間ドックの生活指導、特定保健指導を保健師とともに行っています。

取得資格

・栄養サポートチーム認定管理栄養士
・糖尿病療養指導士