伊豆病院


伊豆病院ホーム > 病院紹介 > 部門紹介 > 医療技術協力センター > 薬剤室


薬剤室

<薬剤室が目指すもの>

医療現場では、「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進」が厚生労働省医政局から示され、ますます「チーム医療」の重要性が認識されています。当院では、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、療法士などの多職種が協力し、それぞれの専門性を集約して安全かつ良質な医療が提供できるよう努力しています。その中で、薬剤師は「くすりの専門家」としてその知識・技能を発揮し、医薬品の安全使用と患者さん個々の薬物治療の適正化に貢献しています。薬剤師の関わりは患者さんが入院された時から、入院中はもちろん退院されるまでそして通院になってからも続きます。私たち薬剤室は、今後も医療がより安全に適正に実施されるよう「医療の担い手」として、全力を尽くしていきたいと考えています。

<業務統計数値>

取り扱い医薬品数:約1,014品目取り扱い処方箋枚数:約45,000枚/年(外来、入院、注射の合計)
薬剤管理指導料算定数:約3,400件/年注射薬混合件数:約12,500件/年(IVH、抗がん剤含む)

病棟薬剤師の仕事

全病棟で薬剤師が入院患者さんの持参薬のチェック、服薬指導、副作用の モニタリング、処方設計支援、医薬品管理などの業務を行っています。

模擬患者への服薬指導

医師・看護師との検討風景

IVH、抗がん剤等のミキシング

高カロリー輸液等の調製は細菌汚染のリスクがあるため無菌下で行う必要があります。また抗がん剤は患者さん個々に適正な投与量、投与間隔、検査値、 副作用の有無などをチェックし調製を行っています。

IVH調製風景

病棟での混注風景

調剤業務

医師が電子カルテに入力した処方は薬剤室のプリンターから発行されます。
薬剤師は処方箋の内容(薬品名、用法、用量、前回処方との相違点、飲み合わせなど)を確認し調剤を行います。また、全自動錠剤分包機を備え一回に服用する薬剤を一袋にまとめたワンドーズパッケージ調剤を中心としています。

全自動錠剤分包機

散薬自動監査システム・分包機

タブサイト使用風景

調剤棚

医薬品管理・注射薬調剤

常時取り扱う医薬品は、1,000品目を超えます。
これらの医薬品の発注・納品、適正な在庫管理、使用期限のチェックをバーコードによる発注・管理とWeb発注システムを利用し行っています。

Web発注画面とバーコード読み取り風景

注射カートへのセット

【概略】
病院

VAN発注システムの画面を開く(採用薬品一覧表のページ) 発注する医薬品の個別バーコードカードを専用リーダーで読み取り発注本数を入力
入力が終了後、発注品目一覧をWeb画面から一括で送信

VAN      (各卸が共同で運営している発注受注システムのデータセンタ)

(アルフレッサ、スズケン、メディセオ、沢井、東邦、シーエス、中北)
帳合別に各卸に自動振り分けしデータ送付

当日午後8時までの送付データを翌日午前中に納品

医薬品情報業務

医薬品を適正かつ安全に使用するためには様々な情報の収集および提供が必要になります。医薬品情報室では全採用医薬品の資料の整備、各種情報のWeb検索システムや厚生労働省の副作用情報などをいち早くキャッチし院内各部門に電子媒体で提供しています。また、医薬品の開発動向や新規薬価収載薬および他部署との合同の勉強会を開催し最新の情報の提供も行っています。

薬剤情報

医薬品情報検索中の画面

製剤業務

製剤調製風景

薬剤室では医師からの依頼に対応して、市販されていない医薬品を患者さん個々の状態に合わせて調製しています。 各種軟膏剤や嚥下検査薬などを清潔な環境で調製することを心がけています。

チーム医療への参画

病棟カンファ風景

当院では多職種の協力によりチーム医療の推進が図られています。薬剤師も、院内感染対策委員会や栄養・褥瘡予防委員会などに積極的に参画し医薬品の専門家としてチーム医療の一端を担っています。

各種認定資格の取得

・感染制御認定薬剤師
・栄養サポートチーム認定薬剤師
・研修認定薬剤師
・実務実習指導薬剤師