企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 発信者番号表示の偽装防止対策について


発信者番号表示の偽装防止対策について

NTT東日本では、他通信事業者のネットワークからNTT東日本の契約者回線に着信する通話において、偽装された発信者番号が表示されることを防ぐ対策を実施いたします。(2005年10月以降実施)

本対策は、発信者の電話番号を偽って通知し詐欺行為におよぶ事件(電話詐欺)等の防止策として、社団法人電気通信事業者協会策定の「発信者番号偽装表示対策ガイドライン」に準じ実施するものであり、発信者番号が偽装された疑いのある通話は、発信者番号を非通知といたします。

なお、NTT東日本のネットワーク内で発信者番号が偽装されることはありません。

お客さまにおかれましては、万一不審な通話については事実確認を行うことや警察の相談窓口(♯9110)または最寄りの警察署へ相談する、緊急の場合は110番通報するなどの対策をとり、電話詐欺等の被害に遭わないようにご注意ください。