企業情報


ホーム > 企業情報 > 公開情報 > 情報webステーション > 網機能提供計画等 > 平成12年度第1回(H13.3.19公表)


平成12年度第1回(H13.3.19公表)

情報開示一覧

番号をクリックすると開示資料(PDF版)が閲覧できます。

番号 項目 インタフェース概要
超高速専用回線ノード装置インタフェース(SONET) 他の電気通信事業者の電気通信設備とNTT東日本の超高速専用回線ノード装置との接続箇所にて接続を行うためのアメリカ規格協会(ANSI)標準に準拠したインタフェース。(OC-3/OC-12/OC-48)
超高速専用回線ノード装置インタフェース(SDH) 他の電気通信事業者の電気通信設備とNTT東日本の超高速専用回線ノード装置との接続箇所にて接続を行うための国際基準に準拠したインタフェース。(STM-1/STM-4/STM-16)

開示した接続インタフェースの一部提供見直しについて

東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)の電気通信設備と他の電気通信事業者の電気通信設備との相互接続を推進するため、NTT東日本が今後提供を検討していた接続インタフェースを「NTT網との接続に関する情報開示(インタフェース関連)」【平成13年3月19日】にて情報開示しましたが、当該の接続インタフェースの一部の提供見直しを下記のとおり行います。

1.提供見直しを行う接続インタフェース
  1. (1)東H12-1-1 超高速専用回線ノード装置インタフェース(SONET)
    他の電気通信事業者の電気通信設備とNTT東日本の超高速専用回線ノード装置との接続箇所にて接続を行うためのアメリカ規格協会(ANSI)標準に準拠したインタフェースでありOC-3及びOC-12につきましては、予定どおり情報開示した接続インタフェースにてご提供いたしますが、OC-48につきましては、接続条件及び提供時期の見直しを行います。
  2. (2)東H12-1-2 超高速専用回線ノード装置インタフェース(SDH)
    他の電気通信事業者の電気通信設備とNTT東日本の超高速専用回線ノード装置との接続箇所にて接続を行うための国際標準に準拠したインタフェースでSTM-1及びSTM-4につきましては、予定どおり情報開示した接続インタフェースにてご提供いたしますが、STM-16につきましては、接続条件及び提供時期の見直しを行います。
2.今後の予定
見直し後の接続インタフェース等については、平成14年1月を目途に「NTT網との接続に関する情報開示(インタフェース関連)」を実施します。
3.問い合わせ先
NTT東日本 相互接続推進部
TEL:03-5359-4150 FAX:03-5359-1528

調査用資料一覧

資料名 発行日 入手場所
超高速専用回線ノード装置インタフェース
(SONET:OC-3/OC-12)
H13.9
超高速専用回線ノード装置インタフェース
(SDH:STM-1/STM-4)
H13.9