法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > サービス > 電話サービス > ひかり電話オフィスA(エース) > サービス概要 > 付加サービス


ひかり電話オフィスA(エース)

サービス概要:付加サービス

複数チャネル

基本サービス(1チャネル)に最大299チャネルの追加契約が可能で、最大300チャネルまでご利用可能です。
(注)アクセスライン毎に追加契約の上限が異なります。

  • フレッツ 光ネクスト(インターネット接続サービス) プライオ1、ギガファミリー・スマートタイプ、ファミリー・ギガラインタイプ、ファミリー・ハイスピードタイプ、ファミリータイプ:契約上限31チャネル(最大32チャネル)
  • フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ、マンション・ギガラインタイプ、マンション・ハイスピードタイプ、マンションタイプ:契約上限 7チャネル(最大 8チャネル)
  • フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ、プライオ10:契約上限99チャネル(最大100チャネル)
  • ビジネスイーサ ワイド(1Gbps):契約上限299チャネル(最大300チャネル)

月額1,000円(税抜)/チャネル

追加番号

基本サービス(1番号)に最大6,999番号の追加契約が可能で、最大7,000番号までご利用可能です。電話機ごとに番号を設定したり、FAXの専用電話番号として利用することが可能です。

月額100円(税抜)/1番号

  • 上記料金に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料2円(税抜)/月が必要となります。(平成29年6月現在)。料金はユニバーサルサービス支援機関が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、番号単価の変更にあわせて見直します。

着信お知らせメール

自宅や会社などに電話があったことを、あらかじめ指定したパソコンや携帯電話のメールで確認することができるサービスです。

  • 着信情報をお知らせするメールアドレスは最大5つまで指定することができます。
  • あらかじめ登録した電話番号からの着信のみ、着信情報をメール送信することも可能です。登録可能な電話番号は最大30件です。
  • 電話に出られなかった着信のみ、お知らせすることも可能です。

月額100円(税抜)/1番号

一括転送機能

一括転送機能 イメージ図1

お客さまの操作により、利用中の電話番号を一括で登録済みの転送先へ着信させることができます。また、番号ごとに転送先を設定することができます。

  • 「ボイスワープ」と「一括転送機能」が同時に開始されている場合、「一括転送機能」を優先します。

月額3,000円(税抜)/1契約

故障・回復通知機能

ひかり電話オフィスA(エース)の回線状態を監視範囲※において監視し、アクセス回線の故障や停電などにより着信できない場合、お客さまへメール通知するとともに、自動で一括転送を起動することができるサービスです。また、回線状態回復時にはメール通知するとともに一括転送を自動停止することもできます。

  • 監視範囲はひかり電話網~ひかり電話オフィスA(エース)対応アダプターWAN側ポート、もしくはひかり電話オフィスA(エース)直収ビジネスフォン/PBXWAN側までとなります。
  • 「故障・回復通知機能」のご利用には「一括転送機能」の契約が必要です。
  • 「故障・回復通知機能」のお知らせメールを受信する場合、ご契約の通信サービスによっては通信料・パケット料がかかる場合があります。
  • 「故障・回復通知機能」では監視用電話番号をお客さまが契約している電話番号から指定していただく必要があります。なお、監視用電話番号は、通信用端末として利用しないでください。
  • 確認試験用として、契約している1チャネルを利用します。

月額3,000円(税抜)/1契約

グループダイヤリング

グループダイヤリング イメージ図1

「事業所番号+内線番号」の簡易なダイヤル操作で、グループ内通信を可能とする、内線通話サービスです。また、音声に限定されず、データ・映像通信でも内線通信が可能なため、事業所間でのデータ・映像通信がより簡単・便利に行えるようになります。

[税抜]

区分 単位 金額
月額利用料 基本利用料(1事業所番号含む) 1契約回線ごと 3,500円
追加利用料(※1) 1追加事業所番号ごと 2,000円
初期費用 基本工事費(※2) 1の工事ごと 1,000円
交換機等工事費(※2) 1事業所番号ごと 1,000円
  • ※1「基本利用料」に1事業所番号を含みます。同一契約回線内で複数の事業所番号を利用する場合は「追加利用料」が必要となります。
    最大9番号まで追加し、最大10番号まで1契約回線でご利用可能です。
  • ※2ひかり電話オフィスA(エース)と同時工事の場合は不要です。
  • グループダイヤリングご利用にあたっては、別途、オフィスA(エース)対応機器の設定が必要になるため、機器設定費用が必要となります。
  • グループダイヤリング機能のご利用にはひかり電話オフィスA(エース)の契約およびグループ登録が必要です。
  • ご利用にあたっては、別途PBX/ビジネスフォン等の設定が必要です。
  • グループダイヤリング対応機器が必要となります。

コールセレクト

コールセレクト イメージ図1

特定の電話番号、メディア種別(音声/映像/データ)からの通信を許可するサービスです。許可番号リストへの登録によりアクセス可能な相手を制限することで、悪意のあるアクセスや間違いによるアクセスを排除でき、より安全性の高い通信を行うことができます。

【ご利用例】

  • サイネージや映像配信等に利用し、映像に関する通信のみを接続可能とする場合。
  • データコネクト通信をよりセキュリティーの高い通信として利用したい場合。
  • メディア種別を問わず、特定の番号のみを接続可能とするTV会議として利用したい場合。
  • 音声着信専用の番号として利用したい場合。

[税抜]

区分 単位 金額
月額利用料 発着信制御利用料 制御する番号ごと 500円
許可番号リスト利用料 1ブロックプラン 最大20件 100円
5ブロックプラン 最大100件 500円
25ブロックプラン 最大500件 1,500円
50ブロックプラン 最大1,000件 2,000円
600ブロックプラン 最大12,000件 10,000円
初期費用 基本工事費(※1) 1の工事ごと 1,000円
交換機等工事費(※1) 1の工事ごと 1,000円
  • ※1ひかり電話オフィスA(エース)と同時工事の場合は不要です。
  • 「発着信制御利用料」と「許可番号リスト利用料」の両方の契約が必要です。必ず許可番号リストのいずれかのプランをご契約いただく必要があり、許可番号リストに何も登録されない場合であっても利用料は必要となります。
  • お申し込み後、お客さまご自身で、ひかり電話設定サイトにて設定が必要となります。何も設定されない場合は、発着信全許可となります。
  • 許可番号20番号を1つの区切り(1ブロック)として管理します。許可番号リストに登録した番号数が20番号に満たない場合でも、1ブロックを使用したことになります。許可番号リスト利用料はいずれか一つのプランのみ契約可能です。
  • コールセレクトのご利用にあたっては「フレッツ 光ライト」で提供している「ひかり電話」、もしくは「フレッツ 光ネクスト」で提供している「ひかり電話」、「ひかり電話オフィスタイプ」、「フレッツ 光ネクスト」または「ビジネスイーサ ワイド」で提供している「ひかり電話オフィスA(エース)」、または「ひかり電話ナンバーゲート」のご契約が必要となります。

フリーアクセス・ひかりワイド

フリーアクセス・ひかりワイド イメージ図1

「0800」または「0120」で始まる電話番号にかかってきた通話料を、着信側でご負担いただけるサービスです。 お店などの電話番号としてお知らせすることにより、お客さまは、通話料を気にせず気軽に電話できるため、ビジネスチャンスが今まで以上に拡大します。

  • フリーアクセス・ひかりワイド番号として「0120」から始まる番号をご利用できない場合があります。詳しくは弊社営業担当者までお問い合わせください。
  • 「0800」または「0120」から始まる番号をすでにご利用の場合は、番号を変えずにフリーアクセス・ひかりワイドに変更できます。
  • 全国からの着信が可能です。発信地域の指定や、携帯電話・PHSからの着信も可能です。

通話料金は2つの通話プランからお選びいただけます。※1

月額 1,000円(税抜)/1フリーアクセス番号※2

  • ※1フリーアクセス・ひかりワイドの詳しい通話料金はこちらでご確認ください。
  • ※2上記料金に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料2円(税抜)/月が必要となります。(平成29年6月現在)。料金はユニバーサルサービス支援機関が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、番号単価の変更にあわせて見直します。

ポイント全国からかかってきた電話の通話料を、受けた側で負担できる!

「0800」または「0120」で始まる電話番号にかかってきた通話料を、着信側でご負担いただけるサービスです。
お店などの電話番号としてお知らせすることにより、お客さまは、通話料を気にせず気軽に電話できるため、ビジネスチャンスが今まで以上に拡大します。

  • すでに「0800」または「0120」で始まる電話番号をご利用の場合、番号を変えずにフリーアクセス・ひかりワイドをご利用いただくことが可能です。

フリーアクセス・ひかりワイド イメージ図2

ポイント通話料金は2つの通話プランからお選びいただけます。

加入電話、INSネット、ひかり電話(電話サービス)から発信された通話料は、県内「3分6円(税抜)」県間「3分10円(税抜)」の"プラン1"と、全国一律「3分 8円(税抜)」の"プラン2"の2つの通話プランからお選びいただけます。

  • 携帯・PHSなどからの通話については、通話料が異なります。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 県内、県間の区分は行政上の区分と異なる場合があります。

ポイント携帯電話・PHSからの着信も可能!

加入電話、INSネット、ひかり電話に加え、携帯・PHSをご利用のお客さまからの電話も受けられます。

  • 加入電話からのみ着信させ、携帯・PHSからは着信させないようにすることもできます。

フリーアクセス・ひかりワイドの詳細なご説明

ひかり電話#ダイヤル

「ひかり電話」、「ひかり電話オフィスA(エース)」、「ひかり電話オフィスタイプ」および「ひかり電話ナンバーゲート」(いずれも電話サービス)から、#と4桁の数字からなる番号をダイヤルするだけで、ひかり電話#ダイヤル契約者が指定する電話へ接続することができるサービスです。

月額利用料 全国利用型 15,000円(税抜)/1番号ごと ブロック内利用型 10,000円(税抜)/1番号ごと

提供イメージ

ひかり電話#ダイヤル イメージ図1

ご利用料金

[税抜]

区分 全国利用型 ブロック内利用型※1 ※2
月額利用料 15,000円 10,000円
工事費 基本工事費 1,000円
交換機等工事費 1,000円
  • ※1ブロック内利用型は当社が規定する4つのブロック(北海道、東北、関東、信越)のうち、1ブロックを指定いただきます。ブロックは一般の行政区分とは異なる場合があります。
  • ※22ブロック以上ご利用される場合は、全国利用型の契約が必要です。
  • NTT西日本エリアからの着信を受ける場合、別途NTT西日本エリアにおける「フレッツ光」、「ひかり電話」および「ひかり電話#ダイヤル」のご契約が必要です(契約料、工事費、月額利用料がかかります)。詳しくは弊社営業担当者またはNTT西日本までお問い合わせください。

特定番号通知機能

0120、0800、0570から始まるNTT東日本または他社の着信課金等サービスをご契約しているお客さまが、当該サービスの契約回線から発信する場合、ナンバー・ディスプレイをご利用の着信先のお客さまに対して、ひかり電話※1の電話番号(03等から始まる番号)ではなく、ご契約の着信課金番号等を通知するサービスです。
着信先のお客さまに安心して電話に出てもらったり、折り返し電話をかけてもらうことができます。

  • ※1「ひかり電話」「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話ナンバーゲート」が対象です。他社着信課金等サービスについては、「ひかり電話ナンバーゲート」は対象外です。

ご利用イメージ

特定番号通知機能 ご利用料金

[税抜]

区分単位 金額
月額利用料 1電話番号ごと 100円
工事費 基本工事費※2 1の工事につき 1,000円
交換機等工事費※3 1電話番号ごと 1,000円
  • ※2ひかり電話と同時工事の場合、基本工事費は不要となります。
  • ※3ひかり電話と同時に工事される場合でも、交換機等工事費は必要となります。
  • 「特定番号通知機能」は、フリーアクセス・ひかりワイドまたは当社が別に定める協定事業者の提供する着信課金機能等の提供を受けている番号に限り、ご利用いただけます。ご利用中の着信課金番号での利用可否については、着信課金等サービスをご契約の事業者にご確認ください。
  • 「特定番号通知機能」のご利用には、フレッツ 光ネクスト/ビジネスイーサワイドおよびひかり電話オフィスA(エース)、着信課金等サービスのご契約が必要です。
  • 着信課金番号の変更をする場合は、工事費が必要となります

特定番号通知機能の詳細なご説明

このページに関する資料請求・お問い合わせはこちらから 資料請求・お問い合わせ

関連する商品
ひかり電話新規ウィンドウで開く
ひかり電話は光ファイバーを利用したおトクな光IP電話サービスです。
ひかり電話オフィスタイプ新規ウィンドウで開く
NTT東日本の光IP電話サービス ひかり電話オフィスタイプ。最大8チャネル32番号。
ビジネスイーサ ワイド
デュアルアクセスによる高い信頼性と県間を含めた幅広いエリアでの提供が可能なネットワークサービスです。