群馬支店


支店ホーム > CSR情報 > ISMS基本方針


ISMS基本方針

1.基本方針

私たちは、『"全ての力をお客様満足のために"そして"「光」により地域社会に貢献"』というグループ群馬経営スローガンを実現するため、品質マネジメントシステム、情報セキュリティマネジメントシステム、環境マネジメントシステムを健全に運用し、お客様に「満足」と「当たり前に安心・安全」をご提供します。

2.行動指針

  1. (1)組織的かつ継続的な取り組みを行い、ISMSを確立し、情報セキュリティを維持する。
  2. (2)高い信頼性確保実現に必要なリスクマネジメントシステムを構築し、実施する。
  3. (3)リスクを合理的に評価するための基準とリスクアセスメント構造を確立する。
  4. (4)法的または規制要求事項並びに契約上のセキュリティ要求事項を遵守する。

情報セキュリティ基本方針

  1. 私たちは、情報セキュリティ管理の向上のために、情報資産に対し適切な技術的・組織的な各種管理策を講じ、情報資産に対する不正侵入、情報漏洩、破壊、改ざん等が発生しないよう努めます。
  2. 私たちは、ISMSのレベルアップ向上のために、情報資産に対しセキュリティ上の問題が発生した場合、迅速な原因究明を図り、その被害を最小限にとどめるとともに再発防止に努めます。
  3. 私たちは、社会で通用するプロフェッショナルな人材育成のために情報資産の取り扱い関係者に対し、社会で通用する企業人として常に情報セキュリティの確保に関する必要な教育・訓練を行い、啓蒙に努めます。
  4. 私たちは、ISMSの継続的活動を図るために情報セキュリティ管理体制を確立し、世の中の動向に常に関心を持ち幅広い視野を持って活動を継続的に実施、改善します。
  5. 私たちは、情報セキュリティに関する法令、規制並びにお客様との契約上の義務を遵守します。
  6. 私たちは、個人情報の保護に対する社会的要請を認識し、個人情報の適正な取り扱いに努めます。
  7. 私たちは、ISMSマニュアルに基づいて行動し、違反した場合には、懲罰を課すものとします。

2012年4月1日
ISMS運営委員長
長野 由祐