福島支店


支店ホーム > お知らせ > 会津若松市と大規模災害時等における特設公衆電話の事前設置に関する覚書を締結


News Release 東日本電信電話株式会社

NTT東日本 福島支店
平成25年7月23日

会津若松市と大規模災害時等における特設公衆電話の事前設置に関する覚書を締結

 

  会津若松市(市長:室井 照平)とNTT東日本福島支店(支店長 志村光昭)は、大規模災害発生時に会津若松市が指定している臨時の避難所となる市立小学校の他中学校や体育施設等60施設に大規模災害発生時の通信手段の確保を目的とした特設公衆電話の事前設置について覚書を締結します。
  NTT東日本福島支店は、今後も、福島県内の各自治体と連携し、特設公衆電話回線の事前設置を進めてまいります。
 締結式の概要は次のとおりです。
 
 
1.日 時   平成25年7月25日(木)  11:15〜11:30
 
2.場 所   会津若松市役所 会津若松市長室
 
3.出席者   会津若松市
            室井会津若松市長、吉田市民部長、長嶺防災安全課長、
            羽生田防災安全課副主幹
 
         NTT東日本福島支店
            志村支店長、岸本副支店長、山村災害対策室長、月岡会津支店長
 
4.協定の概要
         
(1)名称
「特設公衆電話の設置・利用に関する覚書の締結」
 
(2)締結日
平成25725日(
 
(3)覚書の要旨
 災害救助法に規程された政令に定める程度の災害または同様の事象の発生時に備え、家族への安否確認等の連絡手段としてあらかじめ定めた避難所となる立小学校19校の他、中学や体育施設等に、災害等発生時等に無料でご利用いただける特設公衆電話を事前配備します。
 なお、特設公衆電話は災害時においても通話制御を受けずにご利用いただけます。
 ※詳細については、NTT東日本のホームペ−ジを参照下さい。
会津若松市が指定している避難所60施設
 
(5)設置時期
覚書の締結後に、会津若松市と調整し決定します。