福島支店


支店ホーム > ふらっとおでかけ 福島ぶらり > いわき市「白水阿弥陀堂」


いわき市「白水阿弥陀堂」

お土産「じゃんがら」

じゃんがらじゃんがら

 郷土芸能「じゃんがら念仏踊り」に由来するふる里の味。いわき市の夏の風物詩、市無形民俗文化財に指定される「じゃんがら念仏踊り」は、いわき市を中心に見られる郷土色豊かな行事で、安土桃山時代に磐城国出身の学僧袋中上人(たいちゅうしょうにん)が創始し、江戸時代に名僧祐天上人(ゆうてんしょうにん)が広めたといわれています。磐城地方の人々に念仏を勧めるため、南無阿弥陀仏の唱名(しょうみょう)を「ナーハーハー モーホホーホ メーヘーヘー ヨーホーホ」という歌にかえ、節まわしを面白く歌い踊り、人々の心を自ら安んじ我を楽しむ「自安我楽(じゃんがら)」の境地に導いたといわれています。北海道産大納言小豆を練り上げた小倉あんを、水を使わずに焼き上げた皮で挟んだ独特のお菓子「じゃんがら」は、いわきを代表する銘菓です。

お問い合わせ

お菓子のみよし
住所:〒970-8036 本社・工場 いわき市平谷川瀬字明治町94【地図
電話:0246-23-7111(代)
http://j-miyoshi.jp