福島支店


支店ホーム > ふらっとおでかけ 福島ぶらり >西郷村「阿武隈川源流域」


西郷村「阿武隈川源流域」

甲子大橋

甲子大橋甲子大橋

 西郷村は渓谷を流れる阿武隈川を見ることができる源流域の村です。那須連山を源流とする流れは、霧降滝、赤滝、天狗滝、雄滝、雌滝などの滝となってくだってきます。甲子大橋の下では、約60メートルの渓谷の底を阿武隈川が流れています。
(2008年9月に開通した甲子トンネルで西郷村と下郷町がつながり、西郷村側の入口が甲子大橋)
 甲子大橋のたもとから坂を下ると甲子温泉の一軒宿があり、甲子山の登山口があります。源流域の流れは音を岩間に響かせつつ、水面を木々に隠したり日差しに輝かせたり豊かな表情をみせます。
 一級河川である阿武隈川は、主な支流だけでも16の流れを集め川幅を広げ293キロメートルをたどり宮城県で太平洋に注ぎます。

写真提供:西郷村観光協会 様

甲子山登山口近く

甲子山・甲子峠登山口近くの木々もや

甲子登山口近くの渓流

お問い合わせ

住所:西郷村真船寺平 [地図]
問い合わせ先:西郷村商工観光課 電話:0248-25-1111

お問い合わせ

住所:西郷村真船 [地図]

剣桂

剣桂剣桂

 剣桂は樹齢約370年、胸高周囲が6メートルと5メートルの二つの幹からなる樹高35メートルの木です。その昔、この地に鬼神が出没し道行く人を苦しめたので、白河城主松平定信は剣をもって鬼神を桂の大木に封じ込めたという話が伝えられています。
 山仕事の安全と食生の繁茂を祈願したもので、神の依り代として祀られ、山で木に関係する仕事をする人々や旅人の厚い信仰を集めてきました。
 また、林野庁と国土緑化推進機構が環境保全を広げる運動として実施した、「森の巨人たち百選」にも全国の候補の中から選定されました。「新甲子遊歩道」のコースにも入っています。

写真提供:西郷村観光協会 様

お問い合わせ

住所:西郷村真船字馬立 [地図]
問い合わせ先:西郷村観光協会 電話:0248-25-5795

座頭ころばし展望台

座頭ころばし展望台座頭ころばし展望台

座頭ころばし展望台から遠景羽鳥湖、権太倉山(976)の
方向に広がる薄曇りの山並み

座頭ころばし(秋)紅葉の季節には
みごとな彩りを見せます。

 西郷村を東西に通る国道289号線沿いにある展望台です。標高は約800メートルあり北東方向を向いた展望台で、幅広い角度で見渡すことができます。左端(北西方向)には大白森山(1642)、鎌房山(1510)、北の奥に羽鳥湖、権太倉山(976)を経て丹波楯山(562)白河市街までの景色を一望にすることができ、眼下には由井ケ原の自然が広がります。

写真提供(右):西郷村観光協会 様

お問い合わせ

住所:西郷村真船欠入 [地図]
問い合わせ先:西郷村観光協会 電話:0248-25-5795

雪割橋

雪割橋(紅葉)

雪割橋(橋の上から撮影)

雪割橋から屏風岩と渓流見下ろせば、緑の間から源流域の
澄んだ阿武隈川が眺められます。

 阿武隈川の渓谷にかかるアーチ型の橋が、辺りの景観と美しく調和します。迫る両岸の木々、渓流や奇岩を見渡すことができます。深緑、紅葉ばかりでなく時季を問わず橋からの眺めを楽しむことができます。

写真提供(左・中):西郷村観光協会 様

お問い合わせ

住所:西郷村鶴生 [地図]
問い合わせ先:西郷村観光協会 電話:0248-25-5795