福島支店


支店ホーム > ふらっとおでかけ 福島ぶらり >伊達市梁川町「県境の秋」


伊達市梁川町「県境の秋」

梁川町

梁川町は、福島県中通りの東北端に位置し、福島市から17qの距離にあります。南西部より阿武隈川が入り、宮城県丸森町に北流しています。町の中央部に市街地が形成され、北東部山間をぬって阿武隈川に流れ込む広瀬川・塩野川・山舟生川などの流域に集落と耕地がひらけ、山間丘陵地帯にも集落が点在しています。
古くは伊達家の祖朝宗がこの地方を支配し、以来伊達家の居城となっていましたが、近世は養蚕が盛んで昭和初期まで蚕都梁川として栄えました。
町を流れる阿武隈川・広瀬川がかつて格好のさけ簗場であったことから「簗川」と呼ばれ、江戸時代中期から「梁川」となったといわれています。

(「福島県伊達市ホームページ」より抜粋)

平成18年1月1日に「伊達市」が誕生し、伊達市梁川町となりました。

お問い合わせ

所在地:伊達市梁川総合支所 TEL.024-577-7222 福島県伊達市梁川町青葉町1 [地図]

阿武隈川と紅葉

車窓からの阿武隈川と紅葉

車窓からの阿武隈川と紅葉

阿武隈急行線で梁川町の冨野駅から兜駅を通り宮城県へ抜ける地域に、線路と阿武隈川、そして国道349号線ががほぼ平行に走る区間があります。紅葉の時期にここを通ればきっと、車窓から見える離れては近づく阿武隈川と色づいた山々に魅了されることでしょう。

兜橋からの風景の写真

兜橋からの風景

兜橋近くの風景の写真

兜橋近くの風景

やながわ希望の森公園

やながわ希望の森公園の写真

やながわ希望の森公園

やながわ希望の森公園は、春には桜、夏には水芭蕉とつつじ、秋にはいも煮会や紅葉が楽しめる場所です。
さくらの森には約2ヘクタールの山に6種類2000本もの桜が咲き誇ります。
フィールドアスレチックが設置してある冒険の森、バンガローやテントを張ることができるエリアなどもあり、子どもから大人まで楽しむことができます。

※やながわ希望の森公園の開園期間は4月上旬から11月中旬までです。開園期間の土曜日と日曜日、祝日は阿武隈急行「やながわ希望の森公園前駅」の東側徒歩3分の「西口駅」から公園内の「東口駅」までミニSLが走ります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

所在地:福島県伊達市梁川町内山1 [地図]
問い合わせ:やながわ希望の森公園管理事務所 TEL.024-577-6100,梁川総合支所 TEL.024-577-7222