NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > 地域環境活動 > 「福島ひまわり里親プロジェクト」へのひまわりの種贈呈式


地域環境活動

「福島ひまわり里親プロジェクト」へのひまわりの種贈呈式

NTT東日本グループ代表としてITイノベーション部長が目録を寄贈。

福島の子どもたちからは感謝状をいただきました。

感謝状

NTT東日本グループでは、福島の復興に向けた活動、および社員が自宅などで手軽に取り組める環境活動の一つとして、NPO法人チームふくしま(以下、チームふくしま)が主催する、「福島ひまわり里親プロジェクト」へ2014年度より参加しています。

このプロジェクトはチームふくしまが、東日本大震災で被災した福島への復興支援活動として2011年より展開しているものです。プロジェクトへの参加者(里親)がチームふくしまからひまわりの種を購入し、自宅等で育てたひまわりの種を福島へ贈り帰します。2017年までの6年間で累計25万人(推計)が福島の復興を願い、ひまわりを育てています。全国から届いたひまわりの種は累計約10トン(19万袋)に到達しています。チームふくしまは、集まったひまわりの種を福島県内の小中学校、高校をはじめ、市町村や観光施設、企業や諸団体などへ寄贈し、ひまわり畑の拡大を促しています。また福島県内で採取したひまわりの種は、油を絞りバイオエネルギーとして福島交通のバスの燃料として活用しています。 NTT東日本グループでは、2014年度に神奈川事業部を中心に活動への参加を開始し、その後、2016年度に東日本本社ならびに地域子会社4社へ里親活動の範囲を拡大、2017年度からは更にNTT東日本グループ24社へ里親の範囲を拡大し、全社的な取り組みとして展開しています。2017年度はNTT東日本グループの社員、およびOB合わせて111kgの種を寄贈しました。今年度は天候が悪く、多くの社員が苦労をし、花が咲いても種が実らないという声が多くあがりましたが、そのような中でも昨年の1.5倍もの種を採取することができました。

こうした取り組みのなか、2018年3月11日、NTT東日本のこれまでの取り組みが「企業のCSR事業として福島の復興に貢献している」と認められ、チームふくしまが主催する「ひまわり甲子園2018全国大会」に招待いただきました。「福島ひまわり里親プロジェクト」に取り組む全国の里親が、復興支援活動を通じて感じたことを発表する大会です。同大会内で行われる贈呈式にて、NTT東日本グループが2017年度に栽培・採取したひまわりの種を寄贈しました。

NTT東日本は、今後も「福島ひまわり里親プロジェクト」への参加を継続し、社員一人ひとりが家庭でひまわりを育てる環境活動を推進するとともに、さらなる福島の復興への貢献をめざします。