NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > 地域環境活動 > ゲンジボタル生息環境の保護活動を実施


地域環境活動

ゲンジボタル生息環境の保護活動を実施

ホタルの里として名高い東沢

倒木の撤去作業

NTT東日本 山形支店では、2016年度より環境活動の一環として、ゲンジボタルが生息する河川周辺の清掃・整備活動の取り組みを山形市内の「東沢ホタルの会」の方々とともに開始しました。

ホタルが見ごろを迎える7月中旬を間近に控えた6月、第1回の保護活動を35名の社員と実施。河川脇の通路の整備やベンチの設営、倒木の撤去作業を行うとともに、東沢ホタルの会に向けてLED足元灯を贈呈しました。

見ごろを終えた9月には、社員22名が参加して2度目の活動が行われました。次シーズンに向けて取水口を補強する一方、取水口付近の橋を修復するために材木の運搬作業を行いました。さらに周辺除草後の後片づけや通路の整備作業等を実施した他、ホタルの餌であるカワニナの観察体験も行いました。

NTT東日本 山形支店では、次シーズンもこの東沢の地を照らす美しいホタルの光に出合えるように、地域の方々と協力しながら引き続き貴重な環境の保護活動に取り組んでいきます。