NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > 地域環境活動 > バイオディーゼル燃料の仙台圏への導入拡大による"Green of ICT"のさらなる拡大


地域環境活動

バイオディーゼル燃料の仙台圏への導入拡大による"Green of ICT"のさらなる拡大

バイオディーゼル燃料を給油

車両に貼りつけるステッカー

NTT東日本 宮城支店では、NTT東日本の環境活動“Green of ICT”の施策として、バイオディーゼル燃料の導入をスタートしています。

これは、支店で使用する高所作業車等の燃料として、バイオディーゼル燃料を活用しようという試みで、NTT東日本 古川営業支店では2015年2月に導入を開始。使用する燃料は、宮城県大崎市内の有限会社千田清掃が製造・販売しているもので、通常の軽油にバイオディーゼル燃料を5%混合した「B5」と呼ばれるタイプ。バイオディーゼル燃料の原料には廃棄された食用油等が使われており、千田清掃の「B5」には、NTT東日本 五橋ビルの食堂の使用済み食用油も使われています。

このバイオディーゼルの導入の試みは、環境負荷が低減できるだけでなく、地域とのリレーション強化や、災害発生時の新たな燃料調達ルート確保にもつながるため、NTT東日本 宮城支店では、現在、仙台圏での導入エリア拡大を進めています。

2017年6月には、仙台市内のNTT苦竹ビルに、バイオディーゼル燃料の給油所となる「スマートタンク」が完成。これを機に、新たに高所作業車(バケット車)34台、ワゴン車5台がバイオディーゼル燃料を活用することになりました。