NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > 地域環境活動 > 「夏休み親子体験教室」の開催


地域環境活動

「夏休み親子体験教室」の開催

体験コーナー

説明を聞く小学生

実際に手にとって体験

懐かしい電話機を見学

NTT東日本 千葉事業部では、2016年千葉県および茨城県在住の小学4年生〜6年生の親子を対象に、安心・安全に暮らせる社会の実現に向けた社会貢献活動の一環として、毎年夏休み期間に親子体験型のイベントを開催しています。

11回目となる2016年度は、7月27日に「夏休み親子体験教室」と称し、33組70名をNTT武蔵野研究開発センタ(東京都武蔵野市)へ招待し開催しました。当日は、NTT武蔵野研究開発センタ内「NTT技術史料館」で、昭和の赤公衆電話機や黒電話、大阪万博に登場したワイヤレステレホン等懐かしい電話機を見学後、復元された交換台や電話機を使い電話のつながるしくみ等を体験の他、実験棟にて普段体験できない電波の届かない部屋、音の響く部屋、音を吸収してしまう部屋等での実験模様を見学しました。参加者は各所での説明に興味深く耳を傾け、さまざまな体験を通じて通信の過去から未来までを学びました。