NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > 「未来へ残そう!ふるさとふなばし自然の宝庫」〜ふなばし環境フェアに参加


環境活動

「未来へ残そう!ふるさとふなばし自然の宝庫」〜ふなばし環境フェアに参加

晴天に恵まれ、幅広い世代の市民の方々が訪れました

黒田副市長(写真左)にNTT東日本の環境活動を紹介する境支店長(写真右)

環境クイズにご参加いただいた方にLEDソーラーライトをお配りしました

NTT東日本 千葉西支店は、6月6日(土)、船橋中央公民館で開催された第18回ふなばし環境フェアに参加しました。

ふなばし環境フェアとは、船橋市環境フェア実行委員会が主催し、毎年多くの環境団体や企業・個人および船橋市が参加するイベントで、市民の方々に楽しく環境について知って、学んで、考えてもらうための催しです。今年は「未来へ残そう!ふるさとふなばし自然の宝庫」をテーマに計45団体が出展し、こどもイベント広場など体験コーナーや展示コーナーが設置された他、エコビンゴ大会も開催されました。

当日は天気が心配されましたが、結果的には晴天に恵まれ、来場者は昨年よりも大幅に増えて約6,000名と、終日にぎやかで活気があふれるイベントとなりました。

NTT東日本 千葉西支店は、このふなばし環境フェアに10年以上前から出展を続けており、今年は太陽光パネルを装備したWi-Fi対応の自動販売機や、公衆電話や電話帳のリサイクル、光サービスによるCO2削減等、NTT東日本の環境に対する取り組みを、パネル展示やリーフレットを通してご紹介しました。

会場には船橋市の黒田副市長をはじめとする市の職員の方々の他、約150名の市民の皆さんが訪れ、NTT東日本の環境活動についての理解を深めていただきました。環境クイズに参加された方には、景品として昨年に引き続きLEDソーラーライトをお配りし、お子さまからお年寄りまで幅広い世代の方に大変ご好評いただきました。

NTT東日本 千葉西支店では、今後も地域の皆さまとの交流を深めるとともに、環境保全につながる活動に取り組んでいきます。