NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > 山下公園の美化に協力~NTT東日本 神奈川グループによる「日本列島クリーン大作戦」への参加


環境活動

山下公園の美化に協力~NTT東日本 神奈川グループによる「日本列島クリーン大作戦」への参加

潮風を浴びながらの作業

山下公園を中心に観光名所を清掃

今年も200名が参加

NTT東日本 神奈川グループは、7月27日(日)に開催された、公益社団法人「小さな親切」運動神奈川県本部が主催する環境美化活動「日本列島クリーン大作戦 神奈川プロジェクト」に、社員とその家族の約200名が参加しました。
「日本列島クリーン大作戦」は1983年に始まった活動で、「美しい日本・美しい心」をスローガンとして「小さな親切」運動の各地方本部が自治体等とタイアップして行う大規模なものから、各団体が独自で行う活動もあります。全国で30万名を超える参加者が環境・資源への関心を高めるとともに、助け合いの気持ちに支えられたコミュニティづくりにも貢献しています。
「日本列島クリーン大作戦 神奈川プロジェクト」は1991年から始まり、NTT東日本 神奈川グループは第1回から参加し、今年で24年目となります。昨年、長年にわたる活動に対し神奈川県本部より感謝状をいただきました。

例年、清掃活動会場は、横浜のシンボルである山下公園一帯と象の鼻パークとなっています。山下公園は、横浜ベイブリッジや港を行き交う船等を眺めることができる横浜の人気観光スポットであり、広大な芝生に四季を彩る花壇が整備される等、周辺住民の憩いの場にもなっています。また、象の鼻パークという変わった名前の公園は、山下公園近隣にあり、約150年前に横浜港が開港したころに造成された波止場の形状が、空からみると象の鼻のように見えたことから名付けられました。緑地等が整備されているほか、現在も船だまりとして港湾の機能を持っています。
このように横浜を代表するスポットでゴミ拾い等の活動を印象づけることで、近隣を周遊する観光客等にゴミの持ち帰りや環境美化を広く呼びかけることができます。また、自治体や市民、団体、企業等参加者同士のコミュニケーションの活性化にもつながっています。

ボランティア当日は、気温が30度を超える炎天下の中、大勢の人が訪れる公園で約1時間、カンやペットボトル等のゴミを回収しました。海沿いのロケーションということもあり、海からの風を浴びながら、周囲の景色を楽しみつつ、和気あいあいと清掃活動に取り組みました。

来年以降も継続して活動に参加し、地域との交流を深めるとともに、清掃活動を通じ環境保全と地域の活性化に貢献していきます。