NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > NTT東日本岩手支店グループが「エコドライブ活動コンクール」で優良賞を受賞・「いわて地球環境にやさしい事業所」の四ツ星に認定


環境活動

NTT東日本岩手支店グループが「エコドライブ活動コンクール」で優良賞を受賞・「いわて地球環境にやさしい事業所」の四ツ星に認定

ドライバー一人ひとりの運転記録を元に、エコドライブの向上に取り組みました

エコドライブ活動コンクール」優良賞を受賞しました

「エコドライブ活動コンクール」優良賞を受賞しました

NTT東日本岩手支店グループは、平成20年度「エコドライブコンテスト」(主催:環境省、環境再生保全機構(財))の優秀賞を始めとして3年連続で表彰を受けており、エコドライブ活動を積極的かつ継続的に取り組んでいる事業所です。
平成24年度は「エコドライブ活動コンクール」(主催:公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団)において優良賞を受賞しました。
岩手支店グループでは、環境マネジメントシステムの環境目標の一つにエコドライブによる車両燃費向上を設定し、実践エコドライブ研修を行うなど車両燃費の改善に継続的に取り組んできました。昨年は、安全運転対策のドライブドクターをエコドライブにも活用し、燃費実績を元に改善が必要な車両への指導を行いました。ドライブドクター運用に際しては、操作説明会の開催や問い合わせへの回答など、環境推進担当者と安全・車両担当者とが協力しながらドライブドクターの活用・浸透に取り組みました。
社員一人ひとりのエコドライブの実践の結果、2005年には11.5km/lだった燃費が、2011年には13.42 km/l(約17%向上)と改善されています。

また、NTT東日本岩手支店グループは、環境に配慮した活動に積極的な事業所を岩手県が認定する「いわて地球環境にやさしい事業所」制度について、2005年9月に認定を取得していましたが、2012年11月に、これまでの活動が評価され、三ツ星から四ツ星に格上げされての更新が認定されました。四ツ星は認定区分の中で最上位ランクです。
岩手支店グループの使用電力は、通信機械・交換所など通信用電力が全体のおよそ95%を占めており、これをいかに削減していくかが課題でした。特に夏期節電としてピーク電力削減のために、1時間ごとの電力使用量をモニタリングして機械室の空調温度の設定を変更したり、間仕切りを設けて空調効率を上げるなどの工夫を行いました。通信サービスを安定的に提供するため、設備の配列や室内構造に応じて細かく空調温度を変えるのは大変でしたが、節電への使命感と熱意でやり遂げました。

これからも岩手支店グループは、地域社会の一事業所として低炭素社会・循環型社会形成のため、日常の事業活動における省エネ・省資源・3R等に積極的かつ継続的に全社員で取り組み、地球環境保護に貢献していきます。