19時までのお申込みで“全国当日配達”いたします。
	インターネットから簡単に電報をお申込みできます。

ホーム > 弔電 > お悔やみの気持ちを弔電で

お悔やみの気持ちを弔電で 19時までのお申込みで全国当日配達

弔電のお申込みの流れ

流れ
お申込みの前にご確認ください

弔電で定番の台紙 各画像をクリックすると台紙の一覧へ飛びます

  • プリザーブドフラワー
  • ご進物用お線香
  • その他

オプションお線香を添えて

線香 月

株式会社日本香堂
線香 月
500円(税抜)
商品詳細へ

お悔やみ台紙と線香を一緒に送ることができます。

電報とお線香を合わせることにより、先方へより弔慰の気持ちを伝えることができます。
白檀を使った落ち着きのある上品な香りのお線香です。
※線香の台紙を除きます

プリザーブドフラワー

生花を特殊加工し、長期保存を可能にしたプリザーブドフラワー※は、生花そのものの美しい姿で咲き続けます。
※一部造花を使用しております。

ご進物用お線香

430年の歴史を誇る日本香堂と共同開発した、高級香木使用のご進物に最適なお線香です。

その他

うるし盆や七宝焼きなど、故人への哀悼の思いを厳粛にお伝えできるラインアップをご用意しています。

毛筆縦書

100円(税抜)

目上の方やお取引先などへは格式高く丁寧に

メッセージは、手書きのような風合いの「毛筆縦書」に変更することができます。
格式高く丁寧で受取人様の印象が良く、より気持ちが伝わるので目上の方やお取引先へお送りする際に最適です。

弔電のマナー

弔電の宛名
弔電は、一般的に個人葬の場合、通夜・告別式が行われる場所(個人宅、斎場など)に開始時間までに葬儀の責任者となる喪主宛に送るのが基本ですが、お友達に励ましの意味を込めて送る場合、お友達宛でも問題ありません。

社葬のように企業、団体が主催する場合は、部署、葬儀責任者、主催者(個人またはグループ)宛といった場合もあります。その際、主催者側から、弔電の受付について、会場宛や指定場所の記載があることもあるので、気をつけてください。

また、法要等の場合は、事前に喪主となるべき個人宅に送るか、直接会場に送るかは、故人やご遺族との関係を総合して判断してください。
弔電の差出人
弔電を送る際に気をつけたいのが、差出人。受け取る側にとって、それがどんな関係の誰から届いた電報かを判別できるのは大切なことです。
メッセージと同時に肩書(または恩師の遺族宛に「○○高校○○年卒業生」など)や、個人、連名、団体、部署やグループ名、ふりがな、住所、電話番号などを加えておくと、よりわかりやすく親切です。
弔電で利用する敬称
喪主と故人との続柄について、敬称を使って表わします。

続柄を敬称であらわした記載例

  • 祖父=ご祖父様 おじい様
  • 夫=ご主人様
  • 祖母=ご祖母様 おばあ様
  • 妻=奥様 ご令室様
  • 父=ご尊父様 お父様
  • 息子=ご令息様 ご子息様
  • 母=ご母堂様 お母様
  • 娘=ご令嬢様 ご息女様
弔電のメッセージ
メッセージを考える際、まず、緊急かどうか、お悔やみをする相手先の状況(故人となった原因など)を把握した上で考える必要があります。

オリジナルの文面を考える場合は、相手の事情に立ち入った具体的な内容よりも、ある程度かしこまった文面できちんと不幸をいたむ趣旨を伝えるのが一般的です。

厳粛な場に整った形で届くお悔やみのメッセージには、奇をてらった文章ではなく、伝統に則ったものとします。 複数の人の目に触れるのが想定されること、ビジネスなど公的な関係の場合なども考慮すれば、やはり言葉を選び、長く続いてきた表現を基調とした上で構成されている定例文から選ぶことは間違いがなく、礼を失することもないので安心でしょう。

※葬儀終了後に初めて訃報を知った場合は、電報や手紙でまずは弔意を伝え、ご遺族の都合に合わせ、後日改めて弔問に出向くなど、ご遺族への配慮を忘れないようにしましょう。

法要や慰霊祭などに送る場合も、あらかじめ出欠を連絡後に当日の開始前に届くように送ります。

不幸が重なることを連想する言葉や、死や生を直接表現する言葉を使わないように注意しましょう。

不幸が重なることを連想する言葉

  • 「いよいよ」
  • 「浮かばれない」
  • 「追って」
  • 「返す返すも」
  • 「重ねて」
  • 「重ね重ね」
  • 「再三」
  • 「重々」
  • 「たびたび」
  • 「次々」
  • 「続く」
  • 「尚」
  • 「再び」
  • 「ますます」
  • 「またまた」
  • 「迷う」

死や生を直接表現する言葉

  • 「死ぬ」
  • 「死亡」
  • 「生存」
  • 「生きる」
故人がキリスト教徒の場合
メッセージを考える際、まず、緊急かどうか、お悔やみをする相手先の 状況(故人となった原因など)を把握した上で考える必要があります。

仏教用語を使わないように注意しましょう。

主な仏教用語

  • 「ご愁傷様」
  • 「冥福」
  • 「成仏」
  • 「往生」
  • 「冥途」
  • 「供養」
  • 「弔う」
  • 「仏」
  • 「僧」
ページの先頭へ