19時までのお申込みで“全国当日配達”いたします。
	インターネットから簡単に電報をお申込みできます。

ホーム > 暮らしとビジネス 冠婚葬祭マナー > 暮らし編 結婚祝い

暮らしとビジネス 冠婚葬祭マナー

暮らし編 結婚祝い

時代とともに変わりつつある「結婚祝い」のしきたりですが、今なお受け継がれているものもあります。結婚祝いを贈る際に、マナーを守って新郎新婦の新たな門出を心からお祝いしましょう。

贈る時期

結婚式の1カ月前〜1週間前までに贈るようにしましょう。大安や友引など良い日の午前中を選んで新郎(新婦)の自宅に持参するのが望ましいですが、送付しても失礼にはあたりません。お祝いの言葉を書いた送り状と一緒に渡しましょう。
結婚祝いを贈るのが遅れ、結婚式当日になってしまった場合は品物名を書いた「目録」を受付に渡し、現物は後日改めて渡すようにしましょう。

贈るもの

生活に必要なもの、いくつあってもよいもの、できるだけ場所をとらないもの、ほしくてもなかなか買わないものなどを選ぶとよいでしょう。高額な品物を何人かで一緒に贈ってもかまいません。親しい間柄であれば、ご本人に希望を聞きましょう。 割れ物は縁起が悪いとされた時期もありましたが、最近ではグラスや陶器類なども人気が高く、割れ物だからと言って気にすることもなくなりました。しかし、やはり気になるときには親しい間柄の場合のみにしておきましょう。ハサミや包丁も「縁を切る」という意味で避けた方がよいですが、本人から希望された場合には「新しい人生を切り開く」という意味のメッセージを添えるとよいでしょう。


贈るもの

ただし、贈るものの「数」には注意が必要です。ふたりの仲が決して割れることの無いよう奇数が好んで用いられます。品物もセットで贈る場合には偶数は避けましょう。1ダース、1ペアなどは1組と考えますので大丈夫です。数点がセットになったものを贈る場合でも「4・6・9」など、「死・ろくでなし・苦」に通じることからできるだけ避けた方が無難といえます。

祝議袋について

祝議袋について

祝儀袋を選ぶ際に気をつけたいのが水引です。結婚のお祝いや弔事は繰り返さないということで、いったん結んだらほどけない結び方をしている、結び切りのものを選びましょう。水引の色は、紅白または金銀、金紅のいずれかです。

また水引には様々なタイプのものがありますが、それぞれ入れる金額の目安があります。 表書きは毛筆や筆ペン、サインペンなどを使います。水引の下中央にフルネームではっきりと濃く書き、線の細いボールペンや万年筆などは避けましょう。

電話からのお申込み 局番なしの115 フラワー電報 大切な日を華やかに演出する Life 人生のたいせつな時に