19時までのお申込みで“全国当日配達”いたします。
	インターネットから簡単に電報をお申込みできます。

ホーム > ご利用ガイド > よくある質問 > お申込みについて

初めての方へよくある質問電報の料金についてお支払いについてお届け時間について

FAQ(よくある質問)

お申込みについて

電報の申込みはどんな方法がありますか?
電話(局番なし115番)、D-MAIL(PC、携帯サイト)からのお申込み方法があります。
詳しくは「電話・携帯での申込み」をご覧ください。
電報料金の支払いはどんな方法がありますか?
電報料金のお支払い方法は、以下から選べます。
・クレジットカードでお支払い
・毎月の電話料金と一緒にお支払い(要会員登録。NTT東日本の電気通信回線でご契約のお客様に限ります。)
・ドコモケータイ払いでお支払い
詳しくは「お支払いについて」をご覧ください。
配達されるまでの時間はどの程度かかりますか?
8時〜19時までにお申込みいただいた場合は当日に配達が可能です。
19時以降にお申込みいただいた場合は翌日8時以降の配達となります。
詳しくは「お届けについて」をご覧ください。 フラワー(生花)を一緒にお申込みの場合は「フラワー(生花)お申込みご利用規約」をご覧ください。
クレジットカードで支払いましたが、領収書の発行はできますか?
クレジットカードでお支払いの場合は、お客様とご利用されたクレジットカード会社とのご契約となることから、 弊社からは領収書の発行をしておりません。但し、ご要望いただければ電報の問合せ番号等の確認をさせていただいた後、お客様控えとして「料金のお知らせ」を郵送にてお送りすることが可能です。

※「料金のお知らせ」とは・・・ご利用月日、受取人様のお名前、ご利用料金を記載しました簡易な様式のもので領収書ではありません。
ご依頼はNTT東日本0120-799-115(8:00〜22:00/年中無休)へお電話にてお願いします。
お届け先の相手がご不在の場合、どうなりますか?
「電報配達のお知らせ」をポストに入れ、お知らせに記載されている電話番号へ受け取るお客様からのご連絡をいただいてから、再配達いたします。当日の再配達は8時から19時までにご連絡いただいたものとさせていただきますので、ご了承願います。(緊急定文を除きます。)

また、一時的な不在と認められ、電報を入れることができる安全な場所があり、受取人様のお名前(表札等)が確認できれば「電報配達のお知らせ」と一緒に電報を投函いたします。
もし、電報をお届けできなかった場合は、電報のお申込み者様へその旨をご連絡いたします。
表題、差出人とは何ですか?
表題とは、電報のタイトルとして明記されるものです。結婚等お祝い事でしたら「お祝い」、ご葬儀等でしたら「お悔やみ」、というようにご利用内容によって選択して頂きます。

差出人とは、電報を受取られた方からみて、電報を送っていただいた方のことです。
申込みフォームの「差出人名」の欄には、差出人様の氏名とともに、電報を受取られた方が差出人様にご連絡をとられる際にお手間とならないよう、会社名・住所・連絡先電話番号の入力をお勧めします。 また、式典等で電報を披露される場合に司会者の方が読みやすいように氏名等のふりがなの入力をお勧めします。
「配達通知」サービスを使った電報が届けられなかった場合どうなりますか?
お届けできなかった旨をご連絡するとともに、当初いただいております配達通知料金800円(税抜)を一度お返しさせていただきます。

電報を受け取るお客様から再配達のご依頼がありました場合は、お申込み者様に配達する旨のご連絡をさせていただきますので、再度配達通知サービスをご希望される場合につきましては、担当者へお申しつけいただきますようお願いいたします。
申込みした後に電報をキャンセルできますか?
お申込み後、キャンセルを希望される場合は、下記まで電話でご連絡頂きますようお願いいたします。

連絡先電話番号:0120-799-115(8:00〜22:00/年中無休)
その際は、お申込み時に受付完了画面に記載、またはお伝えした14桁の受付番号とキャンセルご希望の旨をご連絡ください。

お申込み完了後、電報をキャンセルする場合は、キャンセル料として300円(税抜)かかります。
※配達日当日のキャンセルはできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
電報のメッセージ(文例)はどんな種類がありますか?
ご利用用途に応じた文例を約1,700種類ご用意しております。
詳しくは「メッセージ一覧」をご覧ください。
電報台紙はどんな種類がありますか?
お祝い用、お悔やみ用、一般用と数多く取り揃えております。
詳しくは「台紙一覧」をご覧ください。
電話からのお申込み 局番なしの115 フラワー電報 大切な日を華やかに演出する Life 人生のたいせつな時に

>