NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 4つのCSRテーマについて > チームNTTのコミュニケーション > 医療部門の取り組み


医療部門の取り組み

Theme4 チームNTTのコミュニケーション 一人ひとりがチームをつなぐ使命 私たちは、チームNTTの一員として責任と誇りを胸に、高い倫理観と人権意識を持って事業に取り組み、働きやすい職場環境の整備や、個の成長・多様性の尊重に努めるとともに、豊かな地域社会づくりを推進し、社会的使命を果たします。

医療部門の取り組み

NTT東日本が運営する3つの病院は、以下の取り組みを通じてCSRの向上に貢献しています。

良質で心のこもった安心・安全な医療の提供を通じて地域社会へ貢献します

救急・急性期から亜急性期・回復期を経て在宅に至るまで、切れ目のない医療サービスの提供を可能にする「地域完結型医療」の実現をめざして、地域の医療機関の皆さまと連携して積極的に役割を果たしています。

医療分野におけるICTサービス導入の先導的な役割を果たし、安心で豊かな社会の実現に貢献します

電子カルテや健診システムを中心とした医療情報システムを導入し、他に先駆けて機能の高度化を図るとともに、ICTを活用した地域の病院・診療所の連携や専門医の少ない遠隔地との連携、在宅診療の支援等、安心で豊かな社会の実現に向けて、先導的な役割を果たしていきます。

ICTを利用した患者サービスの向上

NTT東日本 関東病院・NTT東日本 札幌病院では、「デジタルサイネージ」*1を導入することで、患者さまサービスの向上に取り組んでいます。たとえば、外来の待合室等で過ごされる患者さまに対して、病院の紹介ビデオ、医療情報・健康情報、健康保険証の切替、病院開催セミナーのご案内、治験参加*2の募集等の患者さまへのお知らせ、そしてニュースや天気予報等を掲示して、患者さまサービス向上に努めています。

NTT東日本 関東病院では、品川区医師会および荏原医師会とNTT東日本のVPN回線・クラウド環境を活用して、認知症患者・家族・医療関係者・介護関係者・行政が情報を適時に共有・相互協力の下に認知症患者の全体最適を図ることを目的とした「認知症における多職種連携実証研究」、スマートフォンを活用して入院病棟の医療安全の向上を図ることを目的とした「生体情報モニタ連携システム」および新生児連れ去り対策や高齢者無断離院防止等の安全強化を目的とした「mobicollect見守りシステム」の導入を行っています。

NTT東日本 札幌病院では、ICTを効率的に活用して、個々の患者さまに対する医療・看護・介護等のサービス情報を多職種間で共有する地域包括ケアにおける新しい効果的なネットワーク構築を試行実施しており、共有情報を活用した適時適切な医師からの指示とモニタリングを行っています。

  • *1. デジタルサイネージ:電子掲示板。
  • *2. 治験:医薬品・医療機器の製造販売に関して承認を得るために行われる臨床試験。

地域住民の方々への勉強会実施

もしもし医学セミナー
(NTT東日本 関東病院)の様子

健康教室
(NTT東日本 伊豆病院)の様子

健康セミナー
(NTT東日本 札幌病院)の様子

地域住民の方々へ定期的に医療に関するセミナーを開催し、医師等がわかりやすく説明することで、生活の中で健康に役立つ情報の提供、病院で取り組んでいる医療の知識に触れていただける機会を提供しています。

NTT東日本 関東病院では、「もしもし医学セミナー」を年3回開催しています。2015年12月は「高齢者の大動脈弁狭窄症」、2016年3月は「すい臓・胆道疾患」、2016年7月は「生活のなかで転倒を予防する〜健康な生活を長く保つために〜」をテーマに開催し、多くの方々に聴講いただきました。

NTT東日本 伊豆病院では、「健康教室」を年1回開催しています。2016年1月に「骨粗鬆症」をテーマに開催し、函南町の住民の方31名に参加いただきました。

NTT東日本 札幌病院では、「健康セミナー」を毎月開催しています。2015年度は、「早期発見大腸内視鏡で「検査」「治療」をしよう!〜大腸ポリープのおはなし〜」「あなたの膝は大丈夫?膝の病気の治療について」「女性の一生をサポートする 産婦人科医からのアドバイス」「喘息とはこんな病態!〜成人の喘息の治療・病気との付き合い方〜」等をテーマに開催し、多くの方々に聴講いただきました。

社員の声:つなぐ力

NTT東日本 関東病院
リハビリテーション科
医療技術主任 理学療法士

竹内 新治

わかりやすく役に立つ情報をお届けしています

2016年7月に行われた「もしもし医学セミナー」に講師として参加し、「生活のなかで転倒を予防する〜健康な生活を長く保つために〜」をテーマに、医師・薬剤師・理学療法士・作業療法士が、それぞれの専門的知識をなるべくわかりやすく、すぐに役に立つことを心がけ講演しました。

普段の病院業務では、怪我や病気になってから治療をする立場ですが、まずは予防が大切であるため、実際にその場でできる簡単な運動を取り入れながら健康増進の機会として今後も定期的に開催し近隣の方々への貢献に努めていきたいと思います。

社員の声:つなぐ力

NTT東日本 札幌病院
入退院・総合相談センター
医療ソーシャルワーカー

中井 聡美

地域に密着した温かい病院をめざしています

健康セミナーは、毎月第3土曜日13時から病院3階会議室を会場に診療科の医師をはじめ、当院の職員が健康に役立つテーマで開催しています。セミナー参加者のアンケートを参考に要望の多いテーマを選定しています。「おしっこの悩み解消します!」「乳癌の診断と治療」「リウマチ膠原病内科ってどんな科?」「あれ?認知症?〜忘れっぽいなと思ったら〜」等、地域住民の方の参加動機につながる魅力的なタイトル付けにも力を入れています。講師である医師等との連携を図りながら、日頃から気になっている健康問題や日常生活の注意点等をわかりやすく解説し、好評いただいています。

これからも地域および地域住民の方の健康増進に貢献できる活動を行っていきたいと思います。

「ふれあい看護体験」の実施

ふれあい看護体験
(NTT東日本 札幌病院)

NTT東日本 札幌病院では、2015年5月、看護師をめざしている・看護に興味がある・医療の仕事に就きたいと考えている高校生を対象とした「高校生ふれあい看護体験」を開催し、8名の高校生に参加していただきました。病棟での足浴やシャワー浴の介助等の看護体験や車いす搬送・手洗い等の体験をしていただきました。

「特殊詐欺(振り込め詐欺)防止講演会」の開催

特殊詐欺防止講演会
(NTT東日本 札幌病院)の様子

NTT東日本 札幌病院では、2016年6月、北海道警察と連携・協力し、通院患者さま・入院患者さま・市民の皆さまを対象として、安全で安心な毎日を送っていただくことを目的に社会の脅威となっている振り込め詐欺等の現状と被害防止策に関する「特殊詐欺講演会」を開催しました。講演会の他、院内において警察官と一緒に被害防止チラシ等の配布、デジタルサイネージによる啓発メッセージ、病棟デイルームでのビデオ放映を行いました。また、現在も入退院窓口の職員から被害防止の注意喚起を行っています。

今後も身近なテーマによる講演・活動等により、地域社会の安全・安心に取り組んでいきます。

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。