NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 4つのCSRテーマについて > 人と地球のコミュニケーション > CSR現場レポート3


CSR現場レポート3

CSR現場レポート3 人と地球のコミュニケーション 安心して生活ができる地球を未来につなげる NTT東日本グループは、私たちの美しい地球を未来につなぐために、通信会社としてなすべきことに勇往邁進します。 40% ネットワーク設備シンプル化で期待される消費電力の削減率

事業活動と社員一人ひとりの力を通じて、今と未来をつなぐ

温室効果ガスの排出による地球温暖化と世界的な取り組み

美しい海に囲まれた自然豊かな南国の島。はるか昔から人々が当たり前に暮らしてきたその場所が、数十年のちには、海に沈んでしまう危機に瀕しています。地球温暖化による気温や海面の上昇は、おもに温室効果ガスによって引き起こされ、海面上昇だけではなく、異常気象の頻発や砂漠化等、地球に多大な影響を与えています。この地球規模の重要な問題に対し、世界各国がさまざまな取り組みを行っています。2015年11月から12月にかけて開催されたCOP21においても、「パリ協定」が採択され、世界共通の長期目標として、産業革命前からの地球平均気温上昇を2度より低く保つことが取り決められました。

CO2をはじめとする温室効果ガスは電力の使用等により大気に放出されます。ICTの利活用を推進していくNTT東日本グループにおいては、電力使用量削減等を通じたCO2排出量低減を重要な課題と認識し、最大限の取り組みを行っています。

電力使用量削減につながる技術の開発

NTT東日本グループにおけるCO2排出量は、電気通信設備(以下「ネットワーク設備」という)で使用する電力によるものが、その大部分を占めています。このネットワーク設備は、人と人、人と社会をつなぐための重要な機能を有しており、その機能を損なわないことを大前提に、電力使用量を削減し、環境負荷を低減できる技術の開発に力を注ぎました。その一例であるネットワーク設備のシンプル化は、旧世代設備から、大容量の次世代ネットワーク(NGN)設備への全面的な移行をめざす取り組みです。これまでの旧世代設備は、消費電力が多く、あわせて種類や数も多いため、設備そのもので大量の電力の消費が伴いました。そこで、旧世代設備を次世代ネットワーク設備に移行させることで、設備の数や種類を少なくする取り組みを進めてきました。設備総数としては、2016年度に大幅な削減が完了し、設備の更改により個々の設備自体の消費電力も低減したことからこれまで約8.5万kWhあった電力使用量の約40%を削減することが可能となり、それによりCO2排出量も減少し、環境負荷の低減に寄与することができます。

ネットワーク設備のシンプル化イメージ

塗料別の屋外通信設備内の温度計測結果

屋外通信設備の一例

この他、NTT東日本建物内のネットワーク設備にとどまらず、屋外に数多く設置しているネットワーク設備でも、省エネルギーへの取り組みを行っています。この設備における電力使用量の大半は、ネットワーク設備およびネットワーク設備の動作環境を整えるための空調機によるもので、特に8〜9月は電力使用量が1年で最も増加します。そこで、外気温や日射等の影響を抑制するための遮熱塗料を設備に塗装し、機能性を検証しました。その結果、温度上昇の抑制効果および電力使用量の削減効果が確認できたため、今後、導入に向けて検討をしていきます。

身近な取り組みでCO2排出量削減

ネットワーク設備の電力使用量削減だけに限らず、NTT東日本グループは、環境に対して高い意識を持ち、さまざまな取り組みを実施しています。

オフィスビルにおいては、長寿命かつ消費電力が低いLED照明の導入や、社員個人の席の照明を個別に制御するシステムを導入し、在席者の近辺の照明のみを点灯させて、不要な電力消費を抑えたり、ビルの壁や窓へのグリーンカーテンの設置によって、直射日光を遮り、室内の温度上昇を防いだり、と多様な取り組みを行っています。

特に電力使用量が増加する夏季は、空調設備の設定変更や一斉停止、照明の間引き、エレベーターの使用自粛等、社内での呼びかけを強化し、効果をあげています。

美しい地球を未来に「つなぐ」責任とともに

NTT東日本グループは、こうした取り組みを積み重ね、私たちの美しい地球を未来につなぐため、事業全体を通じた環境負荷低減とともに、社員一人ひとりの日常生活に伴って生じる環境負荷の低減を図り、サステナブルな社会の実現に向けて貢献していきます。

社員の声:つなぐ力

NTT東日本 ネットワーク事業推進本部
設備企画部 ネットワークシンプル化PT

工藤 彩

ネットワーク設備のシンプル化による電力使用量の削減

ネットワークシンプル化PTではシンプル化の取り組みの一環として旧中継伝送装置の全廃を行い、装置数を削減することで電力使用量の削減に貢献しました。

旧中継伝送装置に収容されている回線については、切替先の装置の構築から切替、電源断までを短期間で行うことが要求されていたため関連組織の緊密な連携が必須でした。

ネットワークシンプル化PTでは設備構築、回線・パス切替、電源断、撤去までの一連工程をマネジメントするためのワーキングを立ち上げ、連携して進捗管理、課題解決を行うことで期間内に電源断を完了させることができました。

この取り組みをとおして、社員の団結力を高め、連携して環境へ貢献することができたものと思っています。

社員の声:つなぐ力

NTT東日本 ネットワーク事業推進本部
サービス運営部 技術協力センタ
材料技術担当 主査

竹内 淳

遮熱塗料で空調機の消費電力を削減する

猛暑の影響や、空調機の長期間使用による能力低下のため、屋外通信設備の異常な温度上昇が発生していることから、外気温や日射等の影響を抑え、空調機の電力使用量を削減することを目的として、屋外通信設備の外壁の塗装を遮熱塗装に変更し効果を検証しました。

検証の結果、ある屋外通信設備では8月における電力使用量を前年同月比で30%削減することが確認できました。

今後も環境にやさしい通信設備の利用のため、総合的に高機能な塗料の採用に関する検討を進めていきます。

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。