NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 4つのCSRテーマについて > 人と社会のコミュニケーション > お客さまへの価値提供を通じた持続可能な社会への貢献


お客さまへの価値提供を通じた持続可能な社会への貢献

Theme2 人と社会のコミュニケーション 便利な社会を技術でつなぐ使命 私たちは、より豊かで便利なコミュニケーション環境を実現するとともに、情報通信技術(ICT)を活用し、さまざまな社会的課題の解決に貢献します。

次世代のICT社会を担う人材の育成

つなぐ:「ネット安全教室」の開催

授業風景

インターネットや携帯電話を使う子どもたちが増えるにつれ、ICT時代ならではのトラブルも増加しています。そこで、NTT東日本グループでは、ICT時代のコミュニケーションの仕方やマナーをテーマにし、小学校等への社員を派遣した出張授業「ネット安全教室」を実施しています。

2006年から開始した「ネット安全教室」は、2018年3月31日現在、延べ3,563校、342,624名の子どもたちが受講しました。子どものインターネット事情にあわせて、小学校低学年向けと高学年向けのカリキュラムとツールを用意しており、授業内容の充実を図っています。

今後も、最新のインターネット事情等に即したカリキュラム等を提供し、子どもたちへインターネットの適切な利用を伝えるとともに、テキストやホームページ等についても適宜見直しを図っていきます。

社員の声:つなぐ力

NTT東日本
東京事業部 企画部
経営企画部門
広報担当

荒井 優希

ネットを賢く利用していただくために

東京事業部では、年間約80校、12,000名の児童の皆さまに受講いただいています。(2017年度実績)授業ではSNS等最新の利用状況を盛り込みながら、気をつけてほしいネット上でのトラブル事例をスライドとアニメーションで説明する他、ネットの向こうにいる人を思いやること、困ったことがあればすぐに身近な大人に相談する大切さをお伝えします。学校で先生方とお話しをさせていただくと、昨今のネット利用の低年齢化と子ども同士のトラブルの増加を実感します。子どもたちが正しいネットリテラシーを持って楽しくネットを利用できるよう、わかりやすく心に響く授業を心がけ、これからもネット安全教室を続けていきたいと思っています。

つなぐ:e-ネットキャラバン*への講師派遣

インターネットや携帯電話を使う子どもたちが増えるにつれ、ICT時代ならではのトラブルも増加しています。そこで、NTT東日本グループでは、ICT時代のコミュニケーションの仕方やマナーをテーマにし、小学校等への社員を派遣した出張授業「ネット安全教室」を実施しています。

NTT東日本グループは、e-ネットキャラバンに講師認定の登録を受けた社員を積極的に派遣しており、インターネットの安心・安全な利用に関する啓発を行っています。2017年度は、44の講座に講師を派遣し、保護者・教職員等7,000名に対して講演を行いました。今後も継続して社員の派遣を実施していきます。

*e-ネットキャラバン:「e-ネット安心講座通信業界キャラバン」の略称。講座は、迷惑メール・ウイルス・インターネットを通じた犯罪に関する情報や、その対処方法等について実施。

つなぐ:次世代につなぐ活動「親子で学ぶ通信のしくみと歴史見学バスツアー2017」を開催

NTT技術史料館の見学

NTT東日本千葉事業部は、2017年7月26日に、千葉県および茨城県にお住まいの小学4年〜6年生の親子29組60名をNTT武蔵野研究開発センタ(東京都武蔵野市)へ招待し、「親子で学ぶ通信のしくみと歴史見学バスツアー2017」を開催しました。

当日は、NTT武蔵野研究開発センタ内のNTT技術史料館で、ガイドツアーや古い電話機の通話体験、パラボラアンテナ等の体験をしていただきました。参加者は各所での説明に興味深く耳を傾け、さまざまな体験を通じて通信の過去から未来までを学びました。

つなぐ:ICCの活動について

「ジャグラー」

「マシュマロスコープ」

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]は、1990年に日本の電話事業が100年を迎えたことを記念する事業の1つとして構想をスタートし、1997年に東京の西新宿にある東京オペラシティタワーにオープンした、NTT東日本が運営する文化施設です。ICCはコミュニケーションというテーマを軸に、最先端の科学・技術と先進芸術の融合を作品化したメディア・アート※を、展示会やシンポジウム等のイベントを通じて、世の中に発信し続け、人々に開かれたオープンなスペースとして広く親しまれています。

ICCの中心的な展覧会として、毎年展示内容を入れ替えながら入場無料で公開している長期展覧会「オープン・スペース」展があります。メディア・アートへの入門編として、親しみやすく楽しめる展示構成をめざし、幅広い観客層に向けて紹介する展覧会です。また作品に触れて、体感することをとおして、子どもたちにメディア・アートのおもしろさを紹介する「ICCキッズ・プログラム」を、2006年から毎年夏休み期間に開催しています。会期中には、子どもを対象としたワークショップ等も実施してきました。

こうした活動が評価され、2012年10月、NTT東日本は、公益社団法人企業メセナ協議会が主催する「メセナアワード*2012」において、ICCの活動により「文化庁長官賞」を受賞し、さらには「ICCキッズ・プログラム」が、文部科学省が主催する平成29年度(2017年度)の「青少年の体験活動推進企業表彰」において「審査委員会奨励賞(大企業部門)」を受賞しました。

今後も、NTT東日本はICCの活動を通じてメディア・アートの普及、芸術文化の振興に貢献していきます。

※メディア・アートとは、コンピュータをはじめとするさまざまな先端メディア・テクノロジーを使用したアート作品を総称する言葉。

  • *メセナアワード:企業や企業財団による優れたメセナ(芸術文化支援)活動を顕彰することを目的として1991年に創設されました。芸術文化活動への資金提供や自主企画の実施、地域に根ざした取り組み等、芸術文化の振興につながるあらゆる活動を対象としています。

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。