NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 4つのCSRテーマについて > 人と社会のコミュニケーション > お客さまへの価値提供を通じた持続可能な社会への貢献


お客さまへの価値提供を通じた持続可能な社会への貢献

Theme2 人と社会のコミュニケーション 便利な社会を技術でつなぐ使命 私たちは、より豊かで便利なコミュニケーション環境を実現するとともに、情報通信技術(ICT)を活用し、さまざまな社会的課題の解決に貢献します。

基本姿勢および今期の成果と来期に向けた取り組み

基本姿勢

ICTの活用により実現するさまざまなサービスを開発・提供することによって、より豊かで便利な社会の実現をめざします。

今期の成果と来期に向けた取り組み

NTT東日本
ビジネス開発本部
第二部門
ビジネス企画担当部長兼
総括担当部長
奥村 一慎

これまで私たちは、2001年の「Bフレッツ」提供開始以来、光アクセスのより一層の拡大・利活用促進を進め、ブロードバンドネットワーク環境のさらなる高度化と普及を実現していくとともに、保守・サポートまでも含めた幅広いサービスの提供に取り組んできました。

2014年度には「光コラボレーションモデル」の提供を開始し、コラボレーション事業者さまの支援による新規需要創出や関連するオペレーションの効率化に取り組んだ結果、2017年度には、560社を超える事業者さまにご活用いただいており、「光コラボレーションモデル」を含む光アクセスサービス契約者が「フレッツ光1,149万契約突破(コラボ光契約は660万突破)」を達成しました。

また、ビジネスユーザへの対応としては、地域の企業等のお客さまに対し、ICTを活用した新たな付加価値のあるサービスの提供を拡大してきました。中でも、サポート付き簡単Wi-Fiサービス「ギガらくWi-Fi」はIoTビジネス展開の中核サービスとして、15万件のお客さまにご契約いただいており、人手不足対策や生産性向上といった地域のお客さまのニーズに応じて、「カメラオプション」や「IoTサポートオプション」など、サービスの充実も図っています。また、IoTの活用やクラウド化に伴うオフィスのICT環境の複雑化や増大するセキュリティリスクなど、お客さまのお困りごとをトータルでサポートするサービスの拡大も進めており、「おまかせサイバーみまもり」や「なおせ〜るPRO」といったサービスの提供も開始しました。

今後も、さまざまな業種の企業とのさらなる連携を進め、お客さまにとって付加価値が高く使い勝手のよいサービスを開発・提供することにより、「地域とともに歩むICTソリューション企業」として、地域のお客さまの課題解決に貢献していきます。

KPI関連

「フレッツ光」(コラボ光含む)契約数は、目標の純増50万回線に対し、32万回線

ICT活用により自治体・企業と連携した地域活性化等につながる活動件数(報道発表ベース)は33件

豊かで便利な社会のために 〜ICTを利活用した取り組み〜 その1

医療分野における取り組み

医療の質を高めるため、複数の診療科をまたがって患者さまをトータルでサポートする医療体制の整備が進んでいます。また、地方都市においては特に遠隔地での医師不足が課題となっており、都市部と遠隔地の医療をつなぐことが求められています。NTT東日本は、ICTを活用してこれらの課題の解決を図り、医療の現場を支えるとともに、医療の質の向上に貢献しています。

つなぐ:「遠隔医療マネジメントプログラム」の実施 情報通信技術を活用した医療連携の実用に向けた共同検討の実施について

わが国のさまざまな地域では、都市部から離れたエリアで、地理的・時間的な制約によって適切な医療が受けにくいことが課題となっています。ICTの発展によって、これらの制約を超える医療を提供することが可能となっている一方で、遠隔医療の導入や運用を手がける人材を育成することが重要です。

そこでNTT東日本千葉事業部は、千葉大学医学部附属病院(以下、「千葉大学病院」)と連携し、情報通信技術を活用した医療連携による遠隔医療の実用と展開の実現に向けて、「地域包括医療連携の実用に向けた共同検討プロジェクト」をスタートしました。千葉大学病院が2017年10月に開始した履修証明プログラム「遠隔医療マネジメントプログラム」において、NTT東日本がさまざまな講義を担当することにより、遠隔医療の担い手の教育で連携しています。

この「遠隔医療マネジメントプログラム」とは、学校教育法に基づき、1年間、120時間の講義で遠隔医療について体系的に学ぶことができる日本初の教育プログラムです。医師や看護師等の医療者のみならず、遠隔医療の運用、開発に携わる幅広い業種の人材の養成を目的としており、「遠隔医療を支える情報技術」や「遠隔医療の活用」といったテーマを取り上げています。

NTT東日本は、ICTを活用した医療の発展に貢献するため、取り組みを続けていきます。

遠隔医療マネジメントプログラムのイメージ図

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。