NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 4つのCSRテーマについて > 安心・安全なコミュニケーション > 重要インフラとして高い安定性と信頼性の確保


重要インフラとして高い安定性と信頼性の確保

Theme1 安心・安全なコミュニケーション 毎日の安心を信頼でつなぐ使命 私たちは、情報通信に関する社会的な課題に真摯に取り組み、安心・安全な利用環境と、災害時にも強いネットワークを構築し、安心と信頼を提供します。

災害時における重要通信の確保と安否確認 その2

171、web171の認知度向上に向けた取り組みの実施

地震や台風等の大規模な災害時に、被災地周辺への安否を気遣う通話等が増加して、電話がつながりにくくなる「ふくそう」が発生する場合があります。このような状況が生じた際に電話の通信状況等を勘案し、安否を円滑・確実に確認する手段として、「災害用伝言ダイヤル(171)」「災害用伝言板(web171)」を提供しています。

また、いざというときに一人でも多くの方に、これらのサービスをスムーズにご利用いただくためには、実際にお使いいただくことが有用と考え、体験利用等を通じたサービスのPRに取り組んでいます。

たとえば、「毎月1日」「毎月15日」「正月三が日」「防災とボランティア週間(1月15日〜1月21日)」「防災週間(8月30日〜9月5日)」等に体験利用の機会を提供しています。その他、各種防災フェアやセミナー等でのPR、操作手順を解説したパンフレット等の配布や「ラジオ災害情報交差点」*を通じたPR等を行い、「災害用伝言ダイヤル(171)」「災害用伝言板(web171)」の認知度向上に努めています。また、災害発生時には報道機関各社へ「災害用伝言ダイヤル(171)」「災害用伝言板(web171)」運用開始の緊急告知放送のお願いを行う等、利用する皆さまが円滑・確実に利用できるよう取り組んでいます。

2016年度は、4月の熊本地震をはじめ、多くの災害で「災害用伝言ダイヤル(171)」「災害用伝言板(web171)」を開設し、ご家族等の安否確認に役立てていただきました。

※運用の開始等の提供条件については、状況に応じてNTT東西が設定し、報道機関への情報提供を通じて、テレビ・ラジオ・新聞・インターネット・当社公式ホームページ等でお知らせします。

ラジオ災害情報交差点:在京のNHK、民間放送のラジオ局合計7社局とNTT東日本を含む首都圏のライフライン5社で組織するラジオライフラインネットワークが共同制作する特別番組。

「災害用伝言板(web171)」のイメージ

小学校向け公衆電話教室の開催/公衆電話の使用方法、災害用伝言ダイヤル(171)の認知度向上への取り組み

小学校での公衆電話教室の様子

小学校での「災害用伝言ダイヤル(171)」体験

防災訓練での「災害用伝言ダイヤル(171)」体験コーナー

地域祭りでのスタンプラリー(公衆電話体験)

NTT東日本 東京事業部をはじめとしたNTT東日本グループでは、公益財団法人日本公衆電話会と協力して、携帯電話の普及等によって公衆電話の使い方を知らない子どもたちが増加している状況や、万一の災害時等における対応の必要性から、2008年度より小学生向けに公衆電話教室を開催し、実際に設置した公衆電話でテレホンカードを使って通話する体験や「災害用伝言ダイヤル(171)」の「録音・再生」体験を行い、周知促進に取り組んでいます。

2016年度はとりわけ公衆電話への関心が高まったことから、東京都内小学校や子ども会等で16回の公衆電話教室を開催しました。また日公会で作成した子ども用安否確認マニュアルを目黒区、台東区、足立区、墨田区、あきる野市の全小学校等に贈呈しました。自治体・地域イベント等では、「災害用伝言ダイヤル(171)」の体験コーナーの実施、クイックマニュアルの配布等PR機会を約100回設け、延べ3万1千人に周知活動を行いました。

東京23区内のセブン-イレブン店舗に事前配備されている災害時用公衆電話については、前年度から継続して店舗を訪問し、接続点検等に取り組みました。

外部ステークホルダーの声

公益財団法人日本公衆電話会
東京統括支部事務局長

田中 睦也 さま

「地域の安全・安心」への貢献に取り組みます。

公益財団法人日本公衆電話会では「地域の安全・安心」への取り組みを充実し、NTT東日本グループの協力を得て、「公衆電話の利用方法の説明・体験」「災害用伝言ダイヤル(171)サービスの周知・体験」「web171の周知・体験」等の公益活動を推進しています。

具体的には、「小学校での公衆電話教室・災害用伝言ダイヤル(171)の体験」「自治体の防災演習・区民まつりでの災害用伝言ダイヤルの周知・体験」等地域に根ざした活動を実施しています。また、地域の小学生のために「こども用安否確認マニュアル」「こども手帳」「こども手帳電子版」等を配布しています。

今後とも創意・工夫をこらしながら公益の増進に寄与したいと考えています。

小学生を対象とした「公衆電話使い方教室」を出張開催

公衆電話の使い方を学ぶ子どもたち

公衆電話を実際に使ってみる子どもたち

NTT東日本-関信越 営業部 サービス推進部門 長野センタ 公衆電話担当、2016年11月14日、15日、18日、公益財団法人日本公衆電話会信越統括支部との共催で、長野市立昭和小学校において小学4年生〜6年生を対象とした「公衆電話使い方教室」を開催しました。

この教室は、公衆電話が埼玉県朝霞市で起きた少女誘拐事件での解決や、大きな地震の際に役立ったことから、子どもたちの「万が一」に備えて開催したものです。

教室に2台(アナログとデジタル)の公衆電話が設置され、子どもたちは、一般通話や緊急通報についての説明を受けた後、一人ずつ実際に公衆電話のかけ方を体験しました。公衆電話を使ったことがないほとんどの子どもたちは、@まず受話器を手に取ってから10円玉を挿入口に入れ、A発信音を確認した後、B電話番号をダイヤルする、という一連の流れを確認しながら、携帯電話や一般家庭用電話とのかけ方の違いを実感していました。

また、この機会をとらえ、地震等の発災時に有効な「災害用伝言ダイヤル(171)」を紹介し、15日には、利用の仕方を実体験してもらいました(毎月1日、15日が利用体験可能日)。

川崎駅周辺帰宅困難者対策訓練参加〜避難施設への「特設公衆電話」設置、「災害伝言ダイヤル(171)」体験の実施について〜

下作延小学校で実施された「高津地区防災訓練」の様子

「川崎駅周辺帰宅困難者対策訓練」での「災害伝言ダイヤル(171)」の普及活動

NTT東日本 川崎支店では、行政等が毎年開催する地域の防災訓練等に積極的に参加し、「災害伝言ダイヤル(171)」をはじめとするNTTグループの災害に対する取り組みや、Wi-Fiの使い方等に関する普及活動を行っています。

2016年11月5日には、高津地区自主防災組織連絡協議会による「第15回 高津地区防災訓練」に参加。当日は特設公衆電話の回線を利用して、「災害伝言ダイヤル(171)」を実装。災害時における「かわさきWi-Fi」や「かわさきアプリ」の活用方法等、参加者に体験をとおして解説しました。

また、2016年11月16日には、川崎市が主導する「川崎駅周辺帰宅困難者対策訓練」にも参加しています。この訓練は、大規模地震発生時、多くの帰宅困難者が発生すると予想される川崎駅周辺の混乱を抑制するため、市や警察、その他関係機関や周辺事業者が協力して行っているもので、災害発生時の連携や行動ルール等を検証しています。

川崎支店でも、関係各所との連携確認の他、帰宅困難者の一時滞在施設での「特設公衆電話」の開設補助や、「災害伝言ダイヤル(171)」「かわさきWi-Fi」「かわさきアプリ」の説明等を実施しました。同様の訓練は、武蔵小杉駅周辺や新百合ヶ丘駅周辺でも同時に開催されており、自治体や周辺企業等の災害時の連携を確認することができました。

災害時用公衆電話*(特設公衆電話)事前配備の取り組み

いつ発生するかわからない災害発生に備えて、災害時の避難施設等での迅速な通信手段の確保および帰宅困難者の連絡手段の確保のため、無料でご利用いただける災害時用公衆電話(特設公衆電話)の事前配備を進めています。

東日本における設置場所は、NTT東日本のウエブサイトにて公開しています。

なお、災害時用公衆電話(特設公衆電話)は通常時、施設管理者が保管しており、災害発生時に設置します。災害時には停電時でも緊急連絡手段として無料でご利用することができます。

災害時用公衆電話:大規模災害が発生した際に避難所等に臨時で設置する公衆電話。

災害時用公衆電話(特設公衆電話)の提供イメージ

防災タウンページの発行について

防災タウンページ

災害発生等の緊急時に、瞬時に的確な判断をして自分や家族等の命を守るためには、日頃から防災意識を高めておくことが重要です。そのため、NTTタウンページは、災害発生時に必要となる、地域の防災関連情報を集めた「防災タウンページ」を発行しており、発行エリアを拡大中です。

「いざ! という時に生き延びる」をコンセプトとし、緊急時に必要なコンテンツを厳選するとともに、災害発生時の活用を前提として、持ち出しが可能なように軽量でコンパクトなサイズで発行しています。また、NTTタウンページのウエブサイトで、発行中の地域の防災タウンページをダウンロードすることができます。

防災タウンページでは、非常用品の準備といった日頃の準備や、実際に地震等の災害が発生したときの対応の手順等について、イラストを使ってわかりやすく説明しています。また、NTTグループの災害伝言用サービスの使い方を説明している他、避難所や病院、トイレ、給水地点等の場所を表示した避難マップも掲載しています。

NTTタウンページでは、防災・減災に必要な情報の提供に今後も継続して取り組んでいきます。

NTT北海道グループ総合防災演習の開催について

演習作業者

応急復旧ケーブルの布設作業

ドローンによるケーブル通線作業

災害用無線機の設営

NTT東日本 北海道事業部は2016年8月4日札幌市白石区東米里において、グループ各社社員や17自治体等からの見学者を含め、総勢300名で防災演習を実施しました。NTT東日本 北海道グループでは、2011年から毎年、東日本大震災を教訓とした大規模地震の発生や、近年増加傾向となっている河川氾濫・土砂災害等に対応する防災演習を行ってきましたが、6回目となる本演習では、札幌市内で記録的な豪雨が発生し、河川氾濫・土砂崩れにより通信ケーブルの切断、通信ビルの水没、被災地への移動困難が発生するという想定で、迅速かつ的確に通信手段を確保すべく、災害対策機器を用いた実践的な防災演習を実施しました。

具体的には、ヘリコプターによる災害対策機器の運搬、災害用通信BOX等による通信ビルの復旧、人工衛星を用いた避難所への電話環境の提供、ブロードバンド無線装置を用いたWi-Fi環境の提供、ドローンと連携した通信ケーブルの復旧作業等本番さながらの大規模な演習となりました。

これら多岐にわたる実践演習は、同月に連続して上陸・接近した台風による被災地対応において十分に活かされ、迅速な復旧に大きく貢献することができました。今後も、このような防災演習を積み重ね、災害発生時における緊急時の対応力の強化を図っていきます。

厳冬期の「氷上運転技能向上演習」「体験型積雪対策演習」を実施

凍結した路面を想定した氷上での運転を体験

ダブルチェーンの取り付け

雪上での高所作業車の運転を体験

NTT東日本 長野グループおよびNTT東日本- 関信越 設備部 災害対策室は、2017年2月14日と15日の2日間にわたり、冬季の屋外活動における安全性向上に向けて、長野県の女神湖・白樺湖で「氷上運転技能向上演習」と「体験型積雪対策演習」を実施しました。

NTT東日本 長野グループが主催した「氷上運転技能向上演習」は、2月14日に女神湖にて実施しました。当日はインストラクターの指導を受け、女神湖畔の氷上に用意されたコースを実際に運転することで、凍結した路面でのスリップ体験やスリップ時の対応を学びました。なお、本演習には、長野支店の他、同じNTTグループから、NTTファシリティーズ、NTTエムイー、NTTドコモCS等から総勢71名が参加しました。

NTT東日本-関信越 設備部 災害対策室が主催した「体験型積雪対策演習」「氷上運転技能向上演習」は、2月14日と15日の2日間にわたり実施され、関信越の各支店の他、神奈川の各支店、山梨支店、NTTエムイー、さらにはNTTグループのNTT西日本(静岡支店、岐阜支店)、NTTフィールドテクノ等から総勢約120名が参加しました。1日目に白樺湖周辺で実施した「体験型積雪対策演習」では、圧雪路や凍結路に不慣れな社員を対象に、高所作業車のタイヤへのダブルチェーンの取り付け等を行い、積雪路への出動を想定して高所作業車の運転を体験し、安全運転への心構えを学びました。熟練した社員の指導の下、冬季の災害現場等での除雪作業を想定して除雪機の扱い方も体験しました。当日は雪模様となり、実践に近い環境で演習を行うことができました。2日目は女神湖で「氷上運転技能向上演習」を実施し、凍結した路面での自動車の制動を学びました。

NTT東日本では、今後もさまざまな環境での作業を想定した演習を継続して行っていきます。

総合防災演習を陸前高田で開催

光ケーブルをクレーンで敷設

Wi-Fiカーでインターネット回線を確保

2016年6月、東日本大震災の被害を受けて高台に移設されたNTT東日本の通信ビル・陸前高田ビルにおいて、大規模災害時の迅速な通信確保を目的とした総合防災演習を実施しました。演習にはNTT東日本 本社、宮城事業部、神奈川支店、NTT岩手グループの総勢80名が参加。実際に被災した姉歯橋付近(気仙川)を会場として、長部地区の約400加入者の通信が孤立した事態を想定した演習に取り組みました。

具体的には、マルチヘリコプタ(ドローン)やランチャー(救命索発射銃)を活用したケーブル敷設をはじめ、新11P※1による伝送路作成とモバイルUMC※2による回線開通、ポータブル衛星車による衛星通信回線確保、Wi-Fiカーによるインターネット回線確保といった5つの演習を実施しました。リアリティーのある緊迫した雰囲気の中、それぞれが重要な意義を持つ演習に取り組みました。

これからもNTT東日本グループは、通信ネットワークのさらなる信頼性の向上を図り、災害に強い通信インフラの構築に尽力するとともに、有事の際には円滑かつ迅速に適切な対応ができるよう取り組んでいきます。

※1 新11P:可搬形デジタル無線装置。中継区間・ケーブル区間を、無線(11GHZ)伝送路を作成し救済することが可能。

※2 モバイルUMC:早期サービス復旧に有効な災害対策物品。伝送路区間に光や無線を用いて各種回線を活かすことが可能。

松本市上高地地区におけるNTTグループ防災訓練

ポータブル衛星装置の設置訓練(左:可搬型、右:車載型)

地元消防団による「災害用伝言ダイヤル(171)」利用体験

移動電源車からの電源供給

NTT東日本 長野支店グループでは、NTT西日本 岐阜支店グループとの合同による自然災害を想定した「NTTグループ防災訓練」を2016年4月25日に松本市上高地地区で実施しました。

今回の訓練は、2011年6月に上高地エリア(ワラビ沢橋付近)で発生した土石流のケーブル切断により通信が孤立した経験を踏まえ、同様の自然災害が発生した際に適切かつ迅速に復旧活動が行えるよう、開山祭間近な現地上高地地区において、隣県の岐阜支店等との防災訓練を実施したものです。

当日は約50名が参加し、光中継ケーブルがすべて断たれたことによる通信孤立、断線による停電、松本〜上高地間の通行止め等を想定し、「ヘリ搭載用災害対策機器運搬車」が自衛隊ヘリで空輸されたとの前提で、「ヘリ搭載用災害対策機器運搬車」が搬送したポータブル衛星装置による特設公衆電話設置や、岐阜支店から移送された移動電源車によるNTT設備への電源供給訓練等を行いました。

今後も有事に備えた訓練を継続し、確実な対応ができるよう努めていきます。

原発エリアの避難指示解除にあわせた巡回パトロールの実施

パトロールの様子

NTT東日本 福島支店は、2016年6月から7月にかけて、東日本大震災により住民避難が続いていた葛尾村(6月12日)、川内村(6月14日)、南相馬市(7月12日)の避難解除日にあわせ、設備点検および故障修理を兼ねた巡回パトロールを実施しました。

パトロールの結果、各地で切断された屋外線撤去の他、ケーブル垂れ下がり調整、公衆電話の修理等を実施しました。また、帰村される住民の皆さまからの電話に関するお問い合わせに対応するため、自治体と連携して連絡員を現地に派遣し、ご相談等への対応を行いました。

今後もNTT東日本 福島グループでは、地域の皆さまとともに福島の復興に取り組んでいきます。

NTT東日本の災害対策を伝えた「ふくしま防災フェア2016」

バケット車の搭乗体験

「災害用伝言ダイヤル(171)」が体験できるビッグテレホン

NTT東日本 福島支店は、2016年10月16日、福島県・日本赤十字社福島県支部などが主催する「ふくしま防災フェア2016」(福島県福島市四季の里)に参加しました。

「ふくしま防災フェア2016」は、普段、防災を意識する機会の少ない家族や子どもたちに向けて、気軽に見て、ふれて、楽しく学んでもらうことを目的とおり、会場には防災体験・展示コーナーが設けられたほか、楽しみながら防災を学べるステージやトークショーなどが繰り広げられました。

バケット車の搭乗体験やビッグテレホンを使った「災害用伝言ダイヤル(171)」の利用体験、Wi-Fiカー等の展示を行い、年齢を問わず多くの方々に足を運んでいただき、NTT東日本の災害対策について理解を深めていただく良い機会となりました。

今後もNTT東日本 福島支店では、皆さまに安心と安全をお届けするため、「ネットワークの信頼性向上」「重要通信の確保」「サービスの早期復旧」を基本方針とし、日々災害対策に取り組んでいきます。

「福島県総合防災訓練」にNTT東日本 福島グループとして参加

災害時に活躍するポータブル衛星車

マルチヘリの実演

NTT東日本 東日本グループは、2016年8月28日、会津総合運動公園で開催された「平成28年度 福島県総合防災訓練」に参加しました。

福島県知事も視察した当日は、2015年9月に発生した「関東・東北豪雨」に伴う舘岩エリアの通信孤立を教訓に、通信孤立時における対応をメインとした実働訓練を行いました。また、ポータブル衛星車の説明の他、マルチヘリの説明、ビッグテレホンによる「災害用伝言ダイヤル(171)」のPR、映像伝送による訓練模様の投影等、地域の皆さまにNTTの防災に向けた取り組みについて理解を深めていただく機会となりました。

今後もNTT東日本 福島グループでは、皆さまに安心と安全をお届けするため、「ネットワークの信頼性向上」「重要通信の確保」「サービスの早期復旧」を基本方針とし、日々災害対策に取り組んでいきます。

防災とボランティア週間における防災PR活動

駅前でのPR活動に参加した社員

パンフレット等を配布

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をふまえ、毎年1月17日を「防災とボランティアの日」、毎年1月15日から17日を「防災とボランティア週間」とすることが政府により定められています。この期間に、災害時におけるボランティア活動および自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的に、国や地方公共団体、関係団体等の緊密な協力のもと、講演会、講習会、展示会等が全国で開催されています。

NTTインフラネット 中国事業部では、2016年度の取り組みとして、NTT西日本及びNTTグループと協力し、JR鳥取駅やJR倉吉駅、JR米子駅で、連携してPR活動を行いました。PR活動には、各社の写真46名が参加し、同じNTTスタッフジャンパーを着用して、「災害用伝言ダイヤル(171)」と「災害用伝言板(web171)」の概要を1枚にまとめたパンフレットや、防菌マスク、ポケットティッシュなどを配布し、防災意識向上のPRに努めました。

NTTインフラネット 中国事業部では、NTTグループ各社と協力し、今後とも防災意識を向上させる取り組みを継続していきます。

「平成28年度 馬淵川・高瀬川総合水防演習」の開催

水防訓練の様子

171ビッグテレホンの操作を体験

2016年5月、八戸市長苗代の馬淵川左岸河川敷において「平成28年度 馬淵川・高瀬川総合水防演習」が行われ、NTT東日本は防災展への出展を行いました。同演習は「水防月間」である出水期前の5月に合わせ、水防に関する理解を深める目的で、毎年東北6県で持ち回り開催されており、当日は61機関、約2,000人の方々が参加しました。青森県で開催されるのは7年ぶりのことです。

開会式では、三村申吾青森県知事より「災害は必ず発生するという意識のもと、いつ発生するかわからない災害に社会全体で備えることが必要。今回の演習を有意義なものにしよう」との挨拶がありました。演習の第1部では、強雨で河川が氾濫するという想定のもと、13市町村の水防団による水防工法の訓練を実施。続いて第2部では下流部で働く方々の避難訓練をはじめ、自衛隊や警察、消防による救助・救出訓練が実施されました。

演習会場に併設された防災展では、28の団体から防災に関するさまざまな展示が行われました。NTT東日本はポータブル衛星車や移動電源車、171ビッグテレホンなどを出展し、多くの方々が来場しました。

NTT東日本は、地域の防災体制との連携を保ちつつ、通信という重要なライフラインを担う責務を果たしていきます。

青森県内各地で開催された防災訓練に指定公共機関として参加

青森県総合防災訓練の様子

東通村での防災訓練の模様

2016年8月末から10月上旬にかけて、青森県内各地で防災訓練が開催され、自衛隊や消防団、各関係機関とともに、NTT東日本 青森支店を中心とするNTT青森グループも指定公共機関として参画しました。

開催日 2016年8月25日 場所 むつ市ウェルネスパーク
内容 青森県総合防災訓練(海上自衛隊との災害対策機器等の海上輸送訓練ほか)
開催日 2016年8月28日 場所 大館公民館・新井田公園
内容 八戸市総合防災訓練(ポータブル衛星装置、電源車等の展示・解説)
開催日 2016年9月3日 場所 東通村
内容 東通村防災訓練(災害時の迅速な装置組み立てや通信回線確保のための訓練)
開催日 2016年9月21日 場所 岩木B&G海洋センター
内容 弘前市防災訓練(岩木山噴火を想定した、回線等の応急復旧訓練を実施)
開催日 2016年10月1日 場所 浅虫海づり公園
内容 青森市防災訓練(ポータブル衛星装置による特設公衆電話等の運用訓練)

NTT東日本グループでは、予期せぬ災害に備えて通信ネットワークの信頼性向上、重要通信の確保、サービスの早期復旧を災害対策の基本としながら、有事に適切かつ迅速な対応ができるよう取り組んでいきます。

「平成28年度長野県総合防災訓練」への参加

ブロードバンド無線設置訓練の様子

2016年10月2日に「平成28年度長野県総合防災訓練」が、佐久市の「臼田総合運動公園」および「佐久平交流センター」の2会場で開催されました。当日は長野県、消防、警察、自衛隊等の関係機関129団体、約3,000名が参加しました。

NTTグループからは、NTT東日本 長野支店、NTT東日本-関信越 設備部サービス運営部門、ドコモ、NTTファシリティーズ、NTT-ME、TOSYSの社員約45名が参加し、通信復旧訓練を実施しました。

2016年度は、開催地である佐久市で保守を行っているTOSYSの6名も参加し、ブロードバンド無線を用いた通信復旧訓練を実施しました。この訓練には、2015年に引き続き KDDI社、ソフトバンクモバイル社も参加し、異なる通信事業者が一体となって復旧訓練を実施しました。また、「災害用伝言ダイヤル(171)」「災害用伝言板(web171)」の体験コーナーを設置し、多くの来場者の方が実際に体験しました。

迅速な情報開示の徹底

NTT東日本グループは、安心、安全、信頼の確保に向けて迅速な情報開示の徹底に取り組んでいます。

2016年度は、リスクが発生した場合に迅速かつ的確に対応するために、定期的に社内会議等の場で、リスクの発生状況を共有するとともに、新任課長研修等でビジネスリスクマネジメントの重要性に関する意識啓発を実施しました。また、災害時の報道対応やNTT東日本公式ホームページでの情報開示の迅速化にも取り組んでいます。

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。