NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > CSR/環境マネジメント > リスクマネジメント


リスクマネジメント

ビジネスリスクマネジメントの取り組み

NTT東日本グループでは、目まぐるしく変化する経営環境において、企業としての社会的責任を果たし、「安心」「安全」「信頼」のサービスを提供していくために、「ビジネスリスクマネジメント(以下、BRM)推進委員会」を設置し、大規模災害や大規模設備故障、またネットワークへの不正アクセスやサイバーテロ等、事業運営上のさまざまなビジネスリスクに迅速かつ的確に対応するとともに、グループ会社間の連携強化や情報共有の迅速化を図る等、危機管理体制の整備・充実に努めています。

具体的には、企業を阻害するリスク、企業の信頼が失墜するリスクについて、「事業への影響度」、「発生頻度」によるランク付けを行い、当該リスクごとの対処策を作成するほか、大規模模災害、新型インフルエンザ等発生時に社会生活に必要不可欠となっている電気通信サービスを維持するための実施事項等を盛り込んだBRMマニュアルを策定しております。また、2014年度には、NTT東日本グループ各社の独自事業における重要リスク・独自リスクの洗い出し、評価等を行い従来までのBRMマニュアルを見直す等、NTT東日本グループリスクマネジメントの強化を図りました。

2015年度は、東日本グループ内におけるBRMマニュアルの一定の整備が図れたことから、大規模災害発生時の情報把握や支援活動等の初動対応を迅速に行えるようNTT東日本グループが入居するビルの情報(人員数、備蓄品)と地図データを組み合わせたツールを作成しました。今後は、NTT東日本グループにおいて、本ツールの本格活用に向けた取り組みを推進していきます。

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。