NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 事業部・グループ会社の活動紹介 > 神奈川事業部 > 神奈川事業部の活動紹介


神奈川事業部の活動紹介

「第39回九都県市合同防災訓練」および「備えるフェスタ」に参加

バイク隊

衛星通信車

九都県市合同防災訓練模様

「災害用伝言ダイヤル(171)」を出展

NTT東日本 神奈川事業部は、2018年9月1日、「第39回九都県市合同防災訓練」に参加しました。本訓練は、首都県直下地震等の被害を最小限に食い止めるため、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市の九都県市相互の連携・協力体制の充実を図ることを目的に実地されており、今年は川崎市内の東扇島東公園において開催されました。会場では初期消火訓練や高所ビル救出救助訓練、災害時応急医療訓練等が行われ、神奈川事業部 災害対策室は「ライフライン応急復旧訓練」に参加し、バイク隊や衛星通信移動無線車等で通信の復旧訓練を行いました。また、日頃からの防災への備えや防災に関する企業等の取り組みを知っていただくことを目的に川崎市にて毎年開催されている「備えるフェスタ」も合わせての開催となり、川崎支店では「災害用伝言ダイヤル(171)」を出展し、多くの方に体験していただきました。

9月には川崎市内各地区において防災訓練が多く開催されますが、川崎支店では、協力要請のあった訓練にはすべて参加し、市民の方に広く「災害用伝言ダイヤル(171)」を知っていただくことで、地域連携、地域貢献に努めていきます。

藤沢・鎌倉エリアにおけるキャッシュレスシティ実現に向けた取り組み

国内外の観光客が多く訪れる神奈川県の藤沢市や鎌倉市は、キャッシュレス化のニーズが高い地域です。NTT東日本は、観光客の利便性向上および地域経済の活性化を目的に、藤沢商工会議所、鎌倉商工会議所、株式会社ネットスターズと日本で初となる「キャッシュレスシティ実現に向けた取り組み協定」を締結しました。

藤沢・鎌倉エリア内の店舗・施設にキャッシュレス決済サービスやWi-Fi等のICTインフラの導入を推進することで各社と提携し、「キャッシュレスシティ」の実現をめざします。

キャッシュレスシティ実現に向けたサービスのイメージ
キャッシュレスシティ実現に向けたサービスのイメージ図

屋上緑化の取り組み 〜グリーンポテトの栽培〜

栽培したサツマイモ

NTT東日本 川崎支店では、2010年からNTT川崎ビル屋上の緑化活動に取り組んできました。 2018年5月17日には、近隣の「あすいく保育園」から園児と保育士の合計27名を招き、サツマイモ37鉢の苗植えや、枝豆13鉢の種まき、ひまわり62鉢の種まきを実施しました。

10月18日には、NTT東日本の社員約60名、園児と保育士28名で、成長したサツマイモを収穫しました。収穫したサツマイモは、お土産として保育園に持ち帰っていただきました。

*グリーンポテト:サツマイモ水気耕栽培による屋上緑化システム。液肥を用いる水気耕栽培システムであるため、耐荷重等の問題が少なく、ヒートアイランド対策に効果的な屋上緑化を容易に導入できます。「グリーンポテト」は、NTTファシリティーズの登録商標です。

「NTT東日本バドミントン教室」の開催

練習風景

選手から指導を受ける様子

サイン会の模様

集合写真

NTT東日本 川崎支店は、川崎市バドミントン協会と共催で2019年3月3日、「NTT東日本バドミントン教室」を川崎支店のユーザーでもある学校法人桐光学園様において開催いたしました。本教室は通算12回目ですが、社会貢献活動の一環として地域貢献およびスポーツを通じた青少年の健全な育成を目的に、川崎支店との共催は今年で3年目となります。

NTT東日本バドミントン部からは、監督・コーチ・神奈川事業部所属選手(藤野選手・三谷選手・川島選手)をはじめ総勢20名と、川崎市内の小学生から高校生までの116名が参加しました。

開会式後、ストレッチやフットワーク(ステップ)等の準備運動から始まり、続いて行われた選手による「2対3マッチ」を観戦した子どもたちは、間近で見た迫力あるプレーに大興奮していました。その後、いよいよ待ちに待った選手との練習では、全10コートにわかれ、基本の動作・ストロークやノック、選手とのゲーム方式等、選手の指導に子どもたちの表情も真剣そのものでした。最後は、2018年惜しくも引退した藤野選手らによる模範試合が行われ、強烈なスマッシュや光るテクニックが決まるたびに、子どもたちの歓声が上がっていました。閉会式では、記念写真の撮影や選手とのじゃんけん大会、サイン会が行われ、参加した子どもたちは大喜びで、大盛況のうちに終了いたしました。