NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 事業部・グループ会社の活動紹介 > 千葉事業部 > 千葉事業部の活動紹介


千葉事業部の活動紹介

千葉事業部“初” 保険会社と「サイバーセキュリティ対策セミナー」を共催

千葉県警察本部による講演

NTT東日本 千葉事業部にて千葉県警察本部より感謝状を贈呈

NTT東日本 千葉事業部は2018年12月、千葉県警察本部(以下、県警)、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社とともに、木更津商工会議所にて「サイバーセキュリティ対策セミナー」を開催しました。

県内の重要な経済基盤となる中小企業のサイバーセキュリティ対策強化を目的に、2017年2月に県警との間で締結したパートナーシップ協定に基づいて実施したイベントで、千葉事業部にとっては初の保険会社との共同主催となりました。セミナーでは「あなたの会社に迫る『サイバー攻撃』に備える!」をテーマに3タイトルの講演を実施し、52名の参加者に日々巧妙化・深刻化するサイバー犯罪の脅威と対策について学んでいただきました。

こうしたセミナー開催を含めた取り組みを評価され、2019年2月、千葉事業部は県警から感謝状を贈呈されました。

船橋市防災イベントに参加しました

防災イベントの様子

参加者全員で記念写真

NTT東日本 千葉事業部 千葉西支店は、国土交通省 関東地方整備局主催による「夏休み親子防災教室2018」に参加しました。同イベントは2018年7月に千葉県の船橋市防災センターで開催され、首都直下地震など大規模災害への備えの大切さを考えてもらうことを目的としています。

被災状況を調査する通信レスキュー隊の活動紹介、「災害用伝言ダイヤル(171)」の利用体験、ポータブル衛星車・ドローン展示などを通じて、イベントに参加した多くの方に、NTTの防災時サービスを知っていただきました。

防災関係機関と連携した「九都県市防災訓練」に参加

NTT東日本 千葉事業部は、2018年9月に千葉市が主催する「九都県市防災訓練」において行われた「ライフライン復旧訓練」に参加しました。

通信の応急復旧等の実働演習では、マルチヘリコプター(ドローン)を利用したライフライン復旧訓練を行いました。

また、緊急時の通信を体験してもらう場として、主に公衆電話を知らない・使ったことがない小学生を対象に、災害発生時慌てずに公衆電話を利用できることを目的に、公衆電話体験コーナーで利用方法などを学んでもらうとともに、「災害用伝言ダイヤル(171)」体験コーナーも設置し、その利用方法とともに家族との円滑な安否確認のやり取りが可能となる方法をお知らせしました。

業種交流会「まくはリンピック」を開催 〜サスティナブルな都市海浜幕張をめざして〜

11月14日に行われた最終発表の様子

NTT東日本 千葉事業部は、2018年8月28日、10月10日、11月4日に、千葉市幕張副都心に拠点を置く、イオン株式会社、千葉市、日本アイ・ビー・エム株式会社、富士通株式会社と合同で、若手社員・職員のキャリア開発を目的とした異業種交流の場「まくはリンピック」を開催しました。

この交流会は異業種の若手社員がグループに分かれ、さまざまな視点からアイデアを持ちより意見交換しながら、海浜幕張をサスティナブルな都市にする事業を提案するイベントです。

初日の8月28日にはグループごとにテーマ設定を行い、最終日の11月4日まで約2カ月半にわたりクラウド等を利用して意見交換をしながら、事業プランを練り上げ最終日に発表を行いました。最終発表では参加した各団体を代表した審査員が、発表内容の実現性という観点を含めて講評等行い、未来を担う若手社員や職員達の刺激になりました。

【参加人数】

5団体40名(各社40名)

【開催日時・内容】

1日目(8月28日)

  • ・熊谷千葉市長講演
  • ・千葉市のよりよい未来に向けたグループ単位での企画検討(テーマ選定)

2日目(10月10日)

  • ・集合グループワーク

<3日目(11月14日)>

  • ・最終発表(グループ毎)
  • ・審査員(各団体代表)から講評及びフィードバック
  • ・表彰式(上位3チーム表彰)
【審査結果】
金賞 不可能を可能に 多様性を尊重する社会へ 〜テクノロジーによるMAKUHARIの確立〜
銀賞 「幕張を訪れる人に安全・安心を」
銅賞 「観光」×「テクノロジー」で築く社会へ

千葉県経済の活性化に向けて京葉銀行と業務提携

NTT東日本 千葉事業部は、2019年1月、ICT普及による地域活性化に向けて、株式会社京葉銀行と業務提携しました。金融機関と協力して課題解決を行い、地域活性化に貢献する業務提携は、首都圏で初の試みとなります。

これまで、千葉事業部と京葉銀行は、千葉県香取市佐原の宿泊施設「佐原商家町ホテル NIPPONIA」や「HOSTEL Co-EDO」において、インバウンド需要を取り込んだ誘致促進や、訪日観光客が快適に過ごすための環境構築に努めてきました。また、各宿泊施設における従業員の業務効率化・働き方改革にも取り組んできました。

今後も、金融サービスを中心に地域に寄り添い、お客さまの課題解決に向けたコンサルティングを提供する京葉銀行と、ネットワークサービスやICTソリューションを提供するNTT東日本が連携し、地域のデジタルトランスフォーメーション※を加速させ、地域経済に貢献していきます。

※情報技術が、社会のあらゆる領域に浸透することでもたらされる変革のこと

地域活性化に向けてのサービスのイメージ
地域活性化に向けてのサービスのイメージ図

千葉県香取市佐原においてIoTソリューションを整備 〜外国人観光客誘致促進、宿泊・観光施設の働き方改革に貢献〜

スマートプレートを利用した情報配信

ネットワークカメラを利用した来訪者の自動検知

江戸時代の街並みが残り、ユネスコ無形文化遺産に登録された伝統行事「佐原の大祭」が開催される香取市佐原では、インバウンド旅行客が増加している一方で、外国語対応ができる観光ガイドの人手不足や、小野川・香取街道沿いの重要伝統的建造物群保存地区から市内に点在する観光スポットへの送客が課題となっています。

NTT東日本 千葉事業部は、訪日外国人観光客の誘致促進および宿泊・観光業の人手不足対策として、2018年6月、香取市佐原の宿泊施設や観光スポットにIoTソリューションを導入しました。

スマートフォンをかざすと、端末の設定言語にあわせて施設情報や観光情報等の自動配信を行う「スマートプレート」や、受付に設置したネットワークカメラで来訪者を自動検知することができる「ギガらくWi-Fi カメラオプション」等の各種IoTソリューションの導入で観光客が快適に過ごせる環境の構築を行い、各スポットへの送客促進や、各施設における従業員の業務効率化をめざします。

NTT東日本では、今後も同様の課題を抱える各観光地へIoTソリューションを導入することを通じて、各地域における課題解決に貢献していきます。

IoTソリューション導入イメージ
IoTソリューション導入イメージ図

上川岸小公園にてアバターによる遠隔観光ガイドの検証を開始

4月13日に千葉県香取市内にオープンした上川岸小公園 

大村コラボレーション推進PT長(当時)

オペレーターの表情や動きをアバターに投影させることで、表情豊かに観光ガイドを行う

NTT東日本グループでは、2019年4月にオープンした「上川岸小公園」(千葉県香取市)において、「アバターによる遠隔観光ガイド」の検証を開始し、オープニングセレモニーとあわせ、報道機関向けにIoT ソリューション体験会を開催しました。

千葉県香取市では、インバウンド旅行客が増加している一方で、外国語対応ができる観光ガイドの不足や、小野川・香取街道沿いの重要伝統的建造物群保存地区から市内に点在する観光スポットへの送客が課題となっています。

これに対し、遠隔地にいるオペレーターと上川岸小公園に設置した大型ディスプレイに表示されるアバターを連動させ、オペレーターがアバターを通じて遠隔地からの観光案内をすることで課題解決を図ります。また遠隔観光ガイドの利用者は、キャラクターになったアバターと気軽に会話を楽しむこともできます。

さらに、離れた場所から状況を確認できる「ギガらくカメラ」を香取市内2カ所、「道の駅・川の駅 水の郷さわら」・「水郷佐原山車会館」に設置し、ライブ映像として公開することで、観光スポットへの周遊促進を図ります。

「パパママ &イクボスセミナー 〜育児と仕事の両立に向けて〜」を開催

2019年1月23日にmBAY POINT幕張ビルにおいて「パパママ&イクボスセミナー〜育児と仕事の両立に向けて〜」を開催しました。

当日は、NPO法人ファザーリング・ジャパンの荒木正太氏による基調講演「パパとママの育児戦略」や、先輩の経験談として設備部の俵純生部長、千葉西支店BI部 芦田恵理課長が、育児と仕事の両立への思いや努力、苦労について講和を行いました。大きくうなずきながら熱心に話を聞く姿が目立ち、参加者からは実体験にもとづく内容で分かりやすかったという感想が多く聞かれました。

不動産の利活用による街づくりへの貢献

NTT東日本では、保有する通信ビルや事業用地等の空きスペースを積極的に利活用し、保育園や医療機関、商業施設等、街づくりに貢献する施設を提供しています。

2019年3月には、千葉事業部が保有する事業用地を活用したホテル「ベッセルイン千葉駅前」(株式会社ベッセルホテル開発)がオープンしました。今回、ホテルにはWi-Fiやビデオオンデマンド、カードキーシステム等のICT環境も提供し、フロント業務の効率化や防犯性を高めるともに、利用客の利便性や満足度の向上をサポートしています。

不動産の利活用による街づくりへの貢献図

第25回「いなげ水辺クリーン活動」を開催

ごみ拾いの様子

「いなげ水辺クリーン活動」当日の様子と参加者

千葉事業部は2019年3月に、25回目となる「いなげ水辺クリーン活動」を実施しました。

地域の美しい自然を守り、地域の皆さまが気持ち良く暮せる環境づくりに寄与するとともに、社員の自然環境保護に対する意識の高揚、千葉グループの一体感の醸成を目的に、3月2日に稲毛海岸公園「いなげの浜」において海岸の清掃活動を実施致しました。

『いなげ水辺クリーン活動』は、本年で25回目の開催となりNTT東日本千葉事業部等の社員・家族、OBの351名が参加し海岸等に廃棄・漂着したプラスティックやビニール等のごみを拾い集め、クリーンで安全な海岸の再生に取り組みました。

「富津市市民ふれあい公園クリーン作戦」を実施

ごみ拾いの様子

集めたごみ

環境月間である6月にあわせ、NTT東日本 千葉支店は「富津市市民ふれあい公園クリーン作戦」を2018年6月に実施しました。地域の環境保全に寄与し、環境についての意識啓発等を社内外に向けて促すことを目的とした活動で、千葉事業所の社員とその家族、協力会社やOBの皆さま総勢85名が参加しました。

植え込みの中に捨てられていた多くのペットボトルや空き缶も拾い、公園全体の美化に努めました。富津市内の公園において企業が清掃活動を行ったのは初めてのことで、富津市に喜んでいただくことができました。

「パラスポーツフェスタちば2018」に参加

千葉支店チーム

千葉事業部チーム

ボッチャの試合の様子

2018年9月8日 千葉市の千葉ボートアリーナで「パラスポーツフェスタちば2018」が開催されました。NTT東日本からは千葉支店と千葉事業部がボッチャ対抗戦に参加し、多くの社員や家族が応援に駆け付けました。結果は参加56チームのなか、両チームとも決勝トーナメントに進出し、千葉支店チームが強敵を次々に破り見事優勝しました。

この「パラスポーツフェスタちば」は、東京2020大会パラリンピックに向けた千葉県内で開催される機運醸成イベントの一つです。ボッチャの他、幕張メッセではシッティングバレーボール対抗戦も開催され、多数の参加者や応援者で賑わいました。

第69回NTT児童画コンクール表彰式を開催

NTT東日本 千葉事業部では、絵画の学習を通じて文化振興に貢献したいという考えのもと、千葉県内の小学校児童を対象に、『あったらいいな こんなもの〜みんなの未来のくらしにほしいもの〜』をテーマに児童画コンクールを開催しています。

第69回NTT児童画コンクールには、287校から3,375点の応募作品があり、2018年11月17日にmBay POINT幕張で表彰式を開催しました。入賞者22名(当日欠席4名)の児童に表彰状と副賞の授与を行いました。

スポーツ応援チーバくんのステッカーを貼った業務用車両が走行開始

スポーツ応援チーバくんのステッカーが貼られた業務用車両

ステッカーの種類は全部で8パターン

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で、千葉県内では8競技が開催されます。こうした機会を捉え、千葉県はスポーツをオール千葉で応援する機運を高めるため、「チーバくん」をイメージキャラクターとして、新たなデザインとキャッチコピーを作成しました。それを受けNTT東日本 千葉事業部では、約400台の車両にスポーツ応援チーバくんのステッカーを貼り、この車両は2019年3月18日より走行を開始しました。

ステッカーの活用法については、メディアも注目しており、千葉支店 第一BI部 において行われたステッカー貼りの様子や今後の展開について千葉テレビから取材を受け18日、当日のニュースで放送されました。

社員・家族・地域市民と協働した「公園の花いっぱい運動とクリーン作戦」の実施

NTT東日本 茨城支店は、地域社会貢献活動の一環として、2018年6月に2018年度初となる「公園の花いっぱい運動とクリーン作戦」を実施しました。

この活動は、2002年度より開始して17年目を迎える取り組みです。今回は、水城高等学校および水戸女子高等学校両校のインターアクトクラブ所属の生徒、水戸市社会福祉協議会ボランティアセンタに登録している小学生の子どもたち、NTT東日本 茨城グループの社員・家族・OB等の総勢約350名が参加しました。

水戸市千波町の「千波公園」、水戸市見川の「偕楽園公園」において、花いっぱい活動として日々草やブルーサルビア等の季節の花、1,800鉢を植花しました。また、千波湖畔と土浦市大岩田の「霞ケ浦総合公園」では、クリーン作戦として清掃活動も行いました。