NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > オープンイノベーション


NTT EAST ACCELERATOR PROGRAM

オープンイノベーションで新たなビジネスの創出を。かつて電話、インターネットは人と人との『距離や時間の制約』を解放する大きなイノベーションでした。日本の通信インフラを支えてきたNTT東日本として、さらに世の中のイノベーションを加速していきたい。それが私たちの使命だと考えています。さまざまな社会課題を解決するサービスを、通信の力で支えたい。新しい社会を私たちと一緒に創っていきましょう。その挑戦をご一緒に。

オープンイノベーションで新たなビジネスの創出を。かつて電話、インターネットは人と人との『距離や時間の制約』を解放する大きなイノベーションでした。日本の通信インフラを支えてきたNTT東日本として、さらに世の中のイノベーションを加速していきたい。それが私たちの使命だと考えています。さまざまな社会課題を解決するサービスを、通信の力で支えたい。新しい社会を私たちと一緒に創っていきましょう。その挑戦をご一緒に。

NTT東日本 アクセラレータープログラム

サービスのスケールアップを一気に加速!

共創

ICTを活用した協業テーマ例

質の高い教育[ライフイズテック]
働き方改革[スマートHR]
全ての人に健康と福祉を[チカク]
安心安全の街づくり[プリンシプル]
エネルギー&クリーン
生活質向上
作る責任使う責任

テクノロジア魔法学校×家電量販店

プログラミング教材の家電量販店への展開支援

企業からのコメント

アクセラレータープログラムの第一号となれましたこと、大変光栄に思います。日本を代表する大企業とスタートアップ企業が一丸となって日本を変えていく、という志、深く共感いたしました。今後も貴社と共にオンラインのプログラミング学習教材を拡げていき、21世紀の教育改革を実現して参りたいと思います。

ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO 水野雄介

法人ソリューション×人事労務クラウド

働き方改革のセミナー共同開催、法人向けソリューションの検討

企業からのコメント

NTT東日本という超大企業との協業ということで、期待とともに「時間がかかるかもな」という懸念もあったのですが、実際には驚くようなスピード感で物事を進めていただけました。実際に、正式確定前に共催セミナーを開催するなど、ベンチャーに合わせた活動をしていただけました。

株式会社SmartHR COO 倉橋隆文

まごチャンネル×NTT東日本関東病院

販路拡大に向けた協業モデルの検討

企業からのコメント

プログラムを推進されているご担当の熱意と行動力が素晴らしいです。NTT東日本というとても大きな組織でありながら上層部の方のコミットもきちんと取り付けながら、広範なネットワークを活かし色んな会社や組織をご紹介頂けとてもありがたいです。引き続きよろしくお願いします!

株式会社チカク 代表取締役社長 梶原健司

光回線×ホームセキュリティサービス

光回線サービスとワンコインセキュリティサービスのマッチング

企業からのコメント

本プログラム期間では、NTT東日本様の一つの部署との連携をスタートし期間終了を迎えましたが、その後も別の部署の方との連携が複数スタートし実績も出ています。
また、それだけに留まらず、NTT西日本様はじめ他のグループ会社さまとの連携もスタートしております。

株式会社プリンシプル 代表取締役 原田宏人
NTT東日本×VACAN アクセラレータープログラムキーパーソンインタビュー

NTT東日本×VACAN アクセラレータープログラム
キーパーソンインタビュー

NTT東日本のアクセラレータープログラムがスタートしてから1年。
同プログラム発のコラボ事業としてサービス提供が進んでいるVACAN社との取り組みについて、
VACAN社 河野剛進 社長とNTT東日本の担当者(山本、小笠原)に話を聞いた。

NTT東日本 山本
――アクセラレータープログラムの立ち上げから1年経過しての率直な感想をお聞かせください。

山本:この1年の活動を通じて当社の中でも、新しいプロジェクトをベンチャー企業様と一緒に進めていくことの可能性がかなり認知されたと思います。VACANさんとのプロジェクトに関しては、当社の営業はもちろん、提案先のお客様からもサービスに対して高い評価をいただいており、まさにVACANさんとの協業によって世の中に新しい価値観を届けられつつあるということを実感しております。

NTT東日本 山本
――アクセラレータープログラムの連携先企業としてVACAN社に決められた理由は何だったのでしょうか。

小笠原:VACANさんのサービスの価値が、ユーザにとってとても分かりやすいものだということです。飲食店やフードコートなどで「空席状況が一目で分かる」というのは、大変利便性の高いものと感じ、こういうサービスを世の中に広めたいと考えたのがきっかけですね。

VACAN 河野社長
――河野さんはNTT東日本からアプローチがあったとき、どのように思われましたか。

河野:お話をいただく前から企業としての圧倒的なブランド力や信頼性というものが、当社とはまるで違うということは実感しており、協業することによって当社には不足している部分を十二分に補っていただけるパートナーであると考えていました。当社のIoT関連のサービスを実現するためには、ネットワーク構築と運用は不可欠であり、実のところ当社だけで行う事業では毎回ネットワークをどう構築するかなどが課題となっているのです。そこで、NTT東日本さんのような企業と協業することで、最初からネットワーク部分の信頼性を担保するというのが事業としても自然ではないかと考えました。

VACAN 河野社長
NTT東日本 小笠原
――プロジェクトの第1号は成田空港での実証実験だと思いますが、どのようなステップを経て具現化されたのでしょうか。

小笠原:サービス提供前にお互いの機器の接合テストも行い、お客様にも問題なく提供できることを確認したうえで実装を行いました。そこまでで3カ月程度でしょうか。こういったプロジェクトとしては、かなり短期間で実現できたと考えています。

河野:大手企業との協業では、意思決定など、さまざまなことに時間を要するだろう…と認識していたのですが、今回のプロジェクトに関しては、圧倒的なパワーで進めていただき、多少お互いに無理を言いながらも、このような短期間で実現できたことはすごいことだと痛感しています。

NTT東日本 小笠原
――アクセラレータープログラム自体、どのような枠組みで進められているのでしょうか。

山本:ベンチャー企業様とのコラボレーションに積極的な有志が集まって進めています。各スタッフはそれぞれ異なるバックボーンを持っており、組織を横断して“モチベーションの高い”人が参画していることが特徴です。組織横断であることで、各スタッフが持っている社内リソースのスムーズな連携が可能であることや、意思決定に関しても、通常のワークフローよりも格段に速い意思決定ができることが強みです。

山本、小笠原、河野社長が椅子に座っている写真
――今回のプロジェクトに関しては、今後どのように展開されていくのでしょうか。

小笠原:VACANさんのサービスは、多くの人にとって利便性が高くなるものであり、このような素晴らしい取り組みを日本全国に広めていきたいという想いがあります。このサービスを広く展開し、さらに付加価値の高いサービスへと成長させていくこともできると考えています。

河野:NTT東日本さんという企業の圧倒的な営業力を始めとした数々のリソースを惜しみなく提供していただけることに感動しています。これは小規模な企業には持ちえないリソースなわけです。たとえば、サービス提供にはマンパワーなどのリソースも必要です。スピーディーにサービスを開始することも必要でしょう。そういった部分を協業によってバックアップしていただけることが、このプログラムの魅力だと思います。一方、それだけのバックアップがある中で、今後サービスを展開していくためには、当社としての体制や他社と協業するための社内リソースの整備などをしっかりと構築していかなければならないと考えています。当社への信頼に応えるためにも、それが“今必要”だと認識しています。もちろんこのサービスだけでなく、新しいアイデアをもとに新たなサービスについてもNTT東日本さんと協業できればと思っています。

山本:VACANさんのサービスのように、世の中に広げていきたいと思うサービスが多くあります。高いクオリディのサービスを提供するために、インフラ技術、営業、サポート体制など周辺業務があると思います。当社のリソースがそれらをカバーすることで、VACANさんのように素晴らしいサービスを持ったベンチャー企業様との協業をどんどん増やしていきたいと考えています。そのためには、ベンチャー企業様にとって、NTT東日本は信頼できるパートナーであるということをしっかりと示していかなければならないと考えています。

山本、小笠原、河野社長が椅子に座っている写真

空席状況をサイネージやスマートフォンで見える化

空席状況をサイネージやスマートフォンで見える化

NTT EAST ACCELERATOR PROGRAM 2018概要

募集内容
NTT東日本の事業と、社会課題の解決やイノベーションをめざすベンチャー企業様のサービスを掛け合わせて双方のビジネスを成長させる連携案を募集しております。
スケジュール
年1、2回不定期開催。詳細はお問い合わせください。
検討方法
先進性、新規性、収益性、シナジー、チームの本気度などの観点から、
NTT東日本の担当者、責任者を中心に検討してまいります。
協業検討
ベンチャー企業様と、関連する部署や企業を巻込み協業検討をさせて頂きます。
場合によっては、開発資金等も投資します。
実施フロー
発表会の様子1
発表会の様子2
発表会の様子3
発表会の様子4

NTT東日本のご提供アセット

東日本エリアの通信インフラ
全国数万箇所のWiFiアクセスポイント
toC,toB向けIT商材
通信関連商材の販売網/工事網

私たちが御社の新しいビジネスの挑戦をサポートします

  • ビジネス開発本部 第四部門 コラボレーション推進担当

    山本将裕

  • ビジネス開発本部 第四部門 コラボレーション推進担当

    小笠原彰紀

  • ビジネス開発本部 第四部門 コラボレーション推進担当

    佐々木翠

  • ビジネス開発本部 第四部門 コラボレーション推進担当

    山本尋嗣

  • ビジネス開発本部 第四部門 コラボレーション推進担当

    高橋美輝

  • ビジネス開発本部 第四部門 コラボレーション推進担当

    遠藤正幸

  • ビジネス開発本部 第四部門 ビジネス企画担当

    鈴木渉

  • ビジネス開発本部 第四部門 コラボレーション推進担当

    吉澤尚史

  • ビジネス開発本部 第一部門 ネットワークサービス担当

    大澤優弥

  • ビジネス開発本部 第三部門 オフィスサービス担当

    杉野洋平

  • ビジネス開発本部 第三部門 オフィスサービス担当

    府内翼