千葉支店


千葉支店ホーム > ニュースリリース > 千葉県に「平成23年版電話お願い手帳」等を寄贈


ニュースリリース

千葉県に「平成23年版電話お願い手帳」等を寄贈

平成23年1月19日

 NTT東日本 千葉支店(取締役支店長 加賀谷卓)では、CSR活動の一環として平成23年版「電話お願い手帳」「ふれあい速達便」(FAX送信用紙)を千葉県健康福祉部に寄贈いたしました。
 「電話お願い手帳」は、耳や言葉のご不自由な方が、外出先で電話連絡等を行う際に用件や連絡先等を書いて近くの方に協力をお願いするコミュニケーションツールとしてご利用いただくもので1983年(昭和58年)に当時の流山電報電話局で誕生し、毎年内容を充実させながら継続して発行し、今年で29年目となります。
 このたび、平成23年版の発行に伴い、以下のとおり実施いたしました。

1.寄贈日 平成23年1月18日(火) 11時00分〜11時30分
2.寄贈先 千葉県健康福祉部 部長 戸谷 久子様
3.場  所 千葉県健康福祉部 会議室
(千葉市中央区市場町1-1)
4.寄贈者 NTT東日本 取締役千葉支店長 加賀谷 卓
5.寄贈内容 電話お願い手帳 700部
ふれあい速達便 1,200部
6.配布先 千葉県健康福祉部障害福祉課(その他各市町村の福祉課等へ配布)
ダイエー、イトーヨーカ堂、そごう・西武、イオングループ等
向って左:戸谷健康福祉部長 向って右:加賀谷千葉支店長
向って左:戸谷健康福祉部長
向って右:加賀谷千葉支店長
 
< 別紙 >
電話お願い手帳

(1)「電話お願い手帳」
耳や言葉のご不自由な方が外出先で何かを尋ねたり連絡を行う際に、用件や連絡先を周囲の方に伝え、協力をお願いするために使用するコミュニケーションツールです。
  お客さまからいただいたご要望をヒントに、日本電信電話公社(現NTT) が1983年から配布を開始したもので、地方自治体や企業などを通じて無料でお配りしております。

ふれあい速達便

(2)「ふれあい速達便」
  耳や言葉のご不自由な方のコミュニケーション手段として、ファクスを簡単に利用していただくことを目的としたA5版のファクス送信用紙です。
  「NTT ふれあいFAX」(電話の移転、ご注文等、NTT へのご相談をファクスで受付するサービス)、「NTT ファクス104」(ファクスで番号案内を受付するサービス)などを掲載しております。


○ 平成23年版「電話お願い手帳」の主な変更点 

@ 「インフォメーション(info1)」頁にあるエンジェルライン*については、サービス提供終了(平成23年1月31日)に伴い削除いたしました。

A 「インフォメーション(info2)」頁にある「災害用伝言ダイヤル(171)」、「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」、「NTT ファクス104」及び「NTT ふれあいファクス」に係る修正について、必要な修正等を行いました。

B表紙カバーの色を変更いたしました。(平成22年版「オレンジ」⇒平成23年版「ブルー」)

   詳細は別添資料のとおりです。

* お客様のお持ちの通信機能を持つパソコンから電話回線を使って番号情報センタへ直接アクセスし、ご自分で全国の電話番号をお調べいただけるサービスです。