法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ(FC21ワープ)


NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」
(病院・医院・クリニック・診療所さま向け)

患者さんをいちばんに思う
日本のドクターに、
もっともっと使いやすい
電子カルテを。

Bizひかりクラウド
Future Clinic 21 ワープ

  • 全国対応
  • 診療所向け
  • クラウド型
  • ORCA対応
  • 新規開業の方へ
  • 紙カルテをご利用中の方へ
  • 電子カルテをご利用中の方へ
  • 新規開業の方へ

デモ依頼・お問い合わせはこちら

デモ依頼・お問い合わせフォーム

電子カルテ(FC21ワープ)が、日本の診療事情に適する4大ポイント

  • Point1患者さんと向き合い、診察・診療しながら入力できる電子カルテ。

    診察・診療時は、患者さんと向き合ってその様子の細部まで観察したいもの。
    キーボードやマウスを使わず、対面したままカルテ作成ができれば
    患者さんの安心感も増します。

    NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は、タッチペンで入力できます。患者さんと対話や処置をしながらでも、シンプルな操作で、すばやく入力がおこなえます。不安を抱えた患者さんとずっと向き合えることで安心感を覚えていただけます。

  • Point2電子カルテなら、過去の診察・診療記録がサッと見られる。

    過去の診察・診療記録を、今の診療の参考に。
    時間の節約につながります。

    NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は、画面で血液検査データや薬剤の投与記録など、過去の検査結果と処方の“相関”関係を確認できます。書類をめくる手間もなく、必要な記録を見て診療でき、患者さんを待たせません。

  • Point3災害やパソコンの故障などにも備えて安心。

    災害や機械の故障などのリスクをゼロにすることはできません。
    何があってもデータが消えない仕組みが医療には必要です。

    NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は、入力した診療データが安全なデータセンターに保存されているので、診療所で災害や機器トラブルがあっても、いつでも診療データを復元できます。

  • Point4診療現場の変化に対応できる。

    地域医療連携や在宅医療など、医療の範囲は日々ひろがっています。
    将来にわたり医療業界の変化に
    しっかり対応できるシステムが望まれています。

    NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は拡張性を備えたオープンソースの日医標準レセプトソフト(ORCA)と連携できます。また、医療業界全体を見据えた柔軟な開発体制を備えているので、将来にわたり安心してお使いいただけます。

    ※日医標準レセプトソフト(ORCA)とは、日本医師会が開発し、推進する医療会計ソフトウェアのことです。

日本の診療事情に適した、NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」

ペン操作と手書き入力のシンプルな操作で、診察をサポートします。診療データは、データセンターと院内のデータ保存装置の両方に保存され、災害時などにおける危機管理の手段にもなります。

日本の診療事情に適した、NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」

ペン操作と手書き入力のシンプルな操作で、診察をサポートします。診療データは、データセンターと院内のデータ保存装置の両方に保存され、災害時などにおける危機管理の手段にもなります。

デモ依頼・お問い合わせはこちら

デモ依頼・お問い合わせフォーム