法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > サービス > 業種特化ソリューション > その他 > ビデオ会議ソリューション > 利用シーン


ビデオ会議ソリューション

利用シーン

ビデオ会議ソリューションの導入イメージや利用シーンを紹介します。

会議のための出張コストが多い場合には・・・

全国に拠点を持つ会社や外資系企業、海外展開している企業では、会議のための出張コストがかかります。また、移動時間もかかるため、気軽に会議を開くことができません。ビデオ会議システムを導入することで、出張しなくても会議に参加でき、出張コストを大幅に削減できます。

会議のための出張コストが多い場合のビデオ会議ソリューションの導入イメージ図

会議の準備に時間がかかっている場合には・・・

会議を行うにあたって、社員のスケジュール調整や資料の打ち出しの準備に時間がかかります。ビデオ会議システムを導入することで、社員の移動時間もなく、資料もシステムで簡単に共有できるため、時間が有効活用できます。

会議の準備に時間がかかっている場合のビデオ会議ソリューションの導入イメージ図

社内でノウハウの共有がしにくい場合には・・・

ロケーションが離れているなど、社内でノウハウが共有できず、ビジネスチャンスを逃している場合があります。ビデオ会議ソリューションでは、各拠点で培われた効果的なノウハウを映像を通じて対面で分かりやすく共有することができます。

社内でノウハウの共有がしにくい場合のビデオ会議ソリューションの導入イメージ図

現場のホットな情報をタイムリーに共有できない場合には・・・

現場の情報が各関連部門に伝わる前に時間が経ってしまったり、各拠点のデータを参照しながらの議論ができず、うまく売上向上に活かせない場合があります。ビデオ会議システムでは、営業情報を関係者全員にリアルタイムで共有でき、データ参照をタイムリーに行うことで売上アップを目指せます。

現場のホットな情報をタイムリーに共有できない場合のビデオ会議ソリューションの導入イメージ図

教育機関での平等化が難しい場合には・・・

複数のキャンパスを持つ大学や全国展開する予備校・専門学校など、各キャンパスの平等化が難しい場合には、ビデオ会議システムによる遠隔講義を導入することで、学内の平等化や学力向上に貢献します。

地方拠点の技術サポートがスムーズにできない場合には・・・

地方拠点に専門的なスキルを持った技術者がいない場合には、技術面での簡易なサポートが難しくなります。ビデオ会議システムでは、映像と音声によるアドバイスを受けることができ、迅速で適切な技術支援を実施できます。

よくあるご質問

QNTT東日本のビデオ会議システムの導入メリットは何ですか。
Aブロードバンドネットワークを低コストで利用できることや、実用性に優れたビデオ会議システムを、機器や回線の導入も含めワンストップで構築できることが、NTT東日本の大きな強みです。また、不具合が発生した際には、113故障受付により迅速な修理手配を実施、安定した運用保守体制を常に維持できます。

このページに関する資料請求・お問い合わせはこちらから 資料請求・お問い合わせ

関連する商品
ビジネスイーサ ワイド
デュアルアクセスによる高い信頼性と県間を含めた幅広いエリアでの提供が可能なネットワークサービスです。