法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > サービス > 監視・保守・サポート > CSC保守運用サービス > サービスメニュー > 共通NMS監視サービス


CSC保守運用サービス

サービスメニュー:共通NMS監視サービス

NTT東日本の共通ネットワーク監視装置(共通NMS)からインターネット・フレッツ網経由にてお客様のネットワーク及び機器を24時間365日死活監視します。NMSによる監視を行うことによって、故障発生から回復までの時間の短縮が可能です。さらに、故障受付・手配サービスを併用いただくことにより、切り分け、修理手配まで一元的に対応することも可能です。

共通NMS監視サービスイメージ

死活監視を行うことでお客さま担当者の稼動を削減できます

ネットワーク経由で死活監視を行うことで、故障発生時に迅速な対応が実現でき、システム障害発生の際もビジネスロスを最小限に抑えることができます。

共通NMSを利用することにより、短期間、安価に死活監視を実現できます

共通NMSを利用することにより、個別にNMSを構築するよりも短期間でネットワークの監視環境を構築することが可能です。また、中小規模のネットワークであれば個別にNMSを構築するよりも安価に死活監視を実現できます。

サービスご利用上の注意事項

  • 本サービスにおける監視項目はPINGによる死活監視のみになります。
  • 監視対象IPアドレスは共通NMSからPINGが到達可能なアドレスが監視対象となります。
  • インターネット経由での監視の場合、監視対象IPアドレスはグローバルIPアドレスのみとなります。
    (グローバルIPアドレスはスタティックNATでも対応可能です。)
  • フレッツ網経由での監視の場合、監視はIPv4の監視限定で、拠点内の監視セグメントは1つとします。また、CSCより拠点毎にVPNトンネルを設定していただくと共に、監視対象IPアドレスはNTT東日本指定のIPアドレスへ1対1のNAT変換をさせてください。さらに拠点とのVPNトンネル毎に仮想の共通NMSアドレスを設定しNAT変換させてください。
  • 本サービスの利用に当たっては、「故障受付・手配サービス」のご契約が必要となります。
NTT東日本データセンターの魅力を動画でお伝えします。

このページに関する資料請求・お問い合わせはこちらから 資料請求・お問い合わせ

関連する商品
NTT東日本データセンター
安全性・信頼性の高いNTT東日本データセンターで、大切な業務システムをお預かり。24時間365日、監視・保守・運用からセキュリティー対策まで、ワンストップでご支援します。
CSCフレッツ一元故障受付サービス
ブロードバンド回線を手軽に利用できるフレッツ網に対し、24時間365日、故障受付を一元的に担当するサポートデスクを提供します。全国の113故障受付とも連携した安心の体制で故障申告に備えます。
ビジネスイーサ ワイド
デュアルアクセスによる高い信頼性と県間を含めた幅広いエリアでの提供が可能なネットワークサービスです。