法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > サービス > 業種特化ソリューション > 公共・自治体 > Bizひかりクラウド 被災者生活再建支援システム


Bizひかりクラウド 被災者生活再建支援システム

過去10年以上に渡り、被災地の自治体でり災証明書(※1)の発行、被災者台帳作成・管理で利用されてきた「被災者生活再建支援システム(※2)」をクラウドサービスとして提供します。
本サービスをご利用いただくことで、住民の皆様に公正公平かつ迅速なり災証明書の発行と被災者台帳の構築ができるようになると共に、被災者への支援履歴の管理や状況認識の統一など、生活再建支援における業務全体のマネジメントが可能となり、自治体職員の方々の業務軽減に貢献します。

  • *1:り災証明書は火災・風水害・地震などで被災した家屋などの被害の程度を証明する書類であり自治体から発行されます。全壊・大規模半壊・半壊・一部損壊などの区分で被害の程度を認定され、被災者生活再建支援金や災害復興住宅融資などの申請や、損害保険の請求などを行う際に必要となります。
  • *2:京都大学防災研究所 巨大災害研究センター 林春男教授、新潟大学 危機管理室/災害・復興科学研究所 田村圭子教授を中心とした研究者及び事業者(ESRIジャパン株式会社、株式会社インターリスク総研、株式会社エクシード、デュプロ株式会社)の被災地での実証・研究に基づいて開発しています。

こんな場面におすすめ

災害に備えて・・・

  • 物資や避難所の情報を見える化して管理したい
  • 実際の生活再建支援業務を想定した訓練をしたい

災害が起こった時・・・

  • 被害に関する情報を一元管理したい
  • 建物被害を判定できる職員を多数確保したい
  • 大量の調査結果をデータ化する時間と費用を縮減したい
  • り災証明書の発行をスムーズに行いたい
  • 被災者へ漏れなく適切な支援を提供したい
  • 他地域との応援職員の派遣や受け入れを活用したい

もっと詳しく

サービス概要

サービス概要

Bizひかりクラウド 被災者生活再建支援システムのサービス概要について紹介します。

サービスのポイント

サービス機能説明

Bizひかりクラウド 被災者生活再建支援システムのサービスのポイントについて紹介します。

導入事例

サービス機能説明

Bizひかりクラウド 被災者生活再建支援システムを実際に導入されたお客さまの事例を紹介します。

このページに関する資料請求・お問い合わせはこちらから 資料請求・お問い合わせ

関連する商品
安心データバックアップ 中継サーバー方式Biz ひかりクラウド
NTT東日本のネットワークサービスを利用して、お客さまの重要なデータをクラウド基盤上の仮想サーバーにバックアップするサービスです。大容量データを特別な転送方式を使って、高速に転送します。
簡単バックアップサービス for WindowsBiz ひかりクラウド
お客さまのサーバー・パソコン(Windows)にバックアップツールをインストールするだけの簡単運用で、お客さまのデータをBizひかりクラウド基盤上にバックアップするサービスです。
安心サーバーホスティングBiz ひかりクラウド
NTT東日本のクラウド基盤上で仮想サーバーをお客さまにお貸しするサービスです。これにより、お客さまのIT投資の効率化や災害時等における安定的な事業の継続を実現します。