法人のお客さま
喜茂別町
北海道喜茂別町
広がっていく光の力。光が支える先進のICT環境で、町に元気と新たな魅力を。 NTT東日本の地域ICTレポート

たとえば、ICTに不慣れな高齢者も簡単操作で使いやすい情報端末が身近にあれば 一人暮らしの毎日も安心・安全に、もっと快適なものになるだろう。
そこで、NTT東日本のICTを活用した「IP告知ソリューション」と高齢者の元気を応援する「高齢者見守りシステム」および「遠隔健康相談システム」。
先進の光ブロードバンド環境とタッチパネルの端末画面で生活に密着した情報配信やテレビ電話も使える。光が支える安心と便利で町全体が元気になってきました。

事例を見る 紹介広告を見る
野田村
岩手県野田村
届く。つなぐ。顔も声もお知らせも。身近な情報端末で人と人、人と地域をつなぐコミュニケーションを。

たとえば、過疎化や少子化が進んでも、身近な生活情報が毎日届けられ、地域の人と顔を見ながらやりとりできれば、人と人、人と地域の絆も新たな形で進化していくだろう。
そこで、NTT東日本のICTを活用した「IP告知ソリューション」。
電話のように簡単に操作可能なIP告知端末により、住民に身近な生活情報を画面と音声で届けています。

事例を見る 紹介広告を見る
檜枝岐村
福島県檜枝岐村
光で生まれる新しいつながり 住民一人ひとりの、暮らしと健康を見守る地域に寄り添ったサービスを実現。

たとえば、高齢化を迎えようとしている地域。
村全体で住民を見守る街づくりを実現したい。そこでNTT東日本の ICTを活用した「地域健康支援ネットワーク」。
テレビ電話端末を利用して血圧や体重等健康データの蓄積と在宅での遠隔健康相談が可能に。
さらに、その端末を村の情報連絡にも活用するのがNTT東日本の「光みんなの回覧板」。 
学校からのお知らせや防災情報、そしてお買い物情報まで、一斉に各戸へ届く。そして返信できる。 そんな、光で安心と便利を届ける新しい取り組みが、いま始まっています。

事例を見る 紹介広告を見る
南三陸
宮城県南三陸町
つなげて、預けて、事業継続。データセンターと光ネットワークが大切なシステムをしっかり守る。

有事の際にも止めることのできない自治体の行政サービス。
そのために欠かせないのが業務の基本となる町役場のデータだ。
NTT東日本のデータセンターにシステムを預け、光ネットワークを通じて安全にアクセスできる環境を整備。
更に遠隔地のデータセンターに大切なデータをバックアップし、いざという時に迅速に復旧する。
行政サービスの中断を強いられ、データ保管の重要性を改めて実感した南三陸町で、事業継続のための実証実験が始まっています。

事例を見る 紹介広告を見る
大熊町
福島県大熊町
預ける安心、残さず安全。システムを預けデータを端末に残さないシンクライアント環境で安心と便利を両立。

「シンクライアントシステム」を用いて役場機能を復旧した、福島県大熊町。
さらにNTT東日本の通信設備ビルにシステムを預けることで、
どこからでも安全にアクセスできる環境を整備。東日本大震災の発生直後に
町からの避難を余儀なくされ、多くの町民が暮らす会津若松の地で、
シンクライアントシステムが町民サービスの提供に役立っています。

事例を見る 紹介広告を見る
葛飾区
東京都 葛飾区
もっと子どもたちと|校務と向き合っていた時間を、子どもたちと向き合う時間に。

たとえば、たくさんの子どもたちを預かり、たくさんの業務が存在する教育の現場。
もし教員が日々の業務をより効率的にセキュアな環境で安心して進めることができれば、もっと子どもたちと向き合う時間が増えるはずだ。
そこでNTT東日本のICTを活用した「学校教育総合システム」。
校務を効率的に進められ、子どもたちと向き合う時間も増える。
教員にも子どもたちにもうれしいこのシステムが、学校と子どもたちとの新たな関係を育み始めています。

事例を見る 紹介広告を見る
金山町
山形県 金山町
安心を響かせる|いつでも安心な暮らしのために、いつでも迅速な情報伝達を。

たとえば、魅力的な街づくりを進める自然豊かな地域。
日々の情報や緊急時の情報が、速やかに手に入れば、より安心・安全な暮らしが実現するはずだ。
そこでNTT東日本のICTを利用した「防災情報システム」。
今までよりも迅速に、よりクリアに、そして、きめ細やかに必要な情報を届けていく。
地域に暮らすすべての人々にとってうれしい、新しい防災情報システムが動き始めています。

事例を見る 紹介広告を見る
会津美里町
福島県 会津美里町
光で防災|町全域から集落単位まで。あらゆる規模に対応した防災情報システムを。

たとえば、情報通信格差を抱える山間の地域。
もし地域のすみずみまで、迅速かつ一斉に防災情報を届けるシステムがあれば、住民の安心はもっと高まるはずだ。
そこで、NTT東日本のICTを活用した「防災情報システム」。
地域全域はもちろん、細分化された地域など、
利用目的に合わせて柔軟に情報を発信できるシステムが、
いつでも安心な生活を毎日見守り続けています。

事例を見る 紹介広告を見る
佐渡市
新潟県 佐渡市
声を、文字へ。|会議録の公開がもっと速くなれば、住民との信頼関係はもっと強くなる。

たとえば、自然が豊かな人口6万人ほどの島。
議会や行政の迅速な情報公開が可能になれば、住民とともに、より明るい街づくりができるはずだ。
そこでNTT東日本のICTを活用した「VoiceAir」。
会議録作成の時間を大幅に短縮するだけでなく、住民との関係性向上や議会の活性化も実現する。
地域で暮らす人にとってうれしい、最新技術を活用した取り組みが動き始めています。

紹介広告を見る
松戸市
千葉県 松戸市
学つないで育む|地域と家庭、行政をつないだ子育て支援で、長く愛される街づくりを。

たとえば、都心からほど近いベッドタウン。
若い世代の住民が子育てしやすい環境が整えば、より魅力的で暮らしやすい街が実現するはずだ。
そこでNTT東日本のICTを活用した「子育て支援事業」。
子育てに関する有益な情報発信や、地域に根付いた優待サービスの実施など、街ぐるみで子育てを支援していく。
地域で暮らす人にとってうれしい、新しい子育て支援が動き始めています。

事例を見る 紹介広告を見る
石狩市
北海道 石狩市
学ぶをつなぐ|学力も郷土愛も育む、先進かつ充実の教育環境を。

たとえば、都市部とは異なり、周囲に十分な教育施設が整っていない地域。
もし、子どもたちの好奇心や参加意欲を高めつつ、教師とのコミュニケーションも深まる教育が可能になれば、子どもたちの未来はもっと明るくなるはずだ。
そこで、NTT東日本のICTを活用した「教育ICTソリューション」。
子どもたちが学力だけでなく、多様な感性を磨くこともできる。
そんな新たな教育システムが、育ちはじめています。

事例を見る 紹介広告を見る
相澤病院(松本市)
長野県 松本市
つながるカルテ|先進の医療情報連携で、より高品質かつ高信頼な医療を。

大きな病院から離れ、多くの高齢者を抱える地域。
もし、地域内の医療機関同士の連携が高まれば、より健康で
安心な毎日を支えられるはずだ。
そこで、NTT東日本のICTを活用した「「光タイムライン」診療情報連携システム」。
患者さんごとの様々な医療情報やカルテなどを時系列で把握でき、
より正確でスムーズな情報共有と、質の高い医療提供が可能に。
医療機関同士はもちろん、患者さんと医師の間にも確かな
信頼関係が生まれる。そんな新たな医療連携のかたちが、
今ひろがり始めています。

事例を見る 紹介広告を見る
つくば市
茨城県 つくば市
市内自在|誰もが使いたい時に気軽に使えて、市内全域をカバーする交通手段を。

たとえば、自家用車への依存傾向が強く、多くの高齢者を抱える地域。
誰もが使いたい時に使えて、自分で目的地を指定できる交通手段があれば、
日々の暮らしがもっと快適になるはずだ。
そこで、NTT東日本のICTを活用した「デマンド交通システム」。
外出時の利便性向上だけでなく、地域の活性化や環境対策までも実現する。
地域に住むすべての人にとってうれしい、この新しいシステムが、
動き始めています。

事例を見る 紹介広告を見る
利尻島・礼文島
北海道 利尻島・礼文島
光と暮らす|先進の光ブロードバンド環境で、もっと安心・安全で便利な島暮らしを。

たとえば、ブロードバンドゼロ地域を抱える離島。もし、都市と変わらない光ブロードバンド環境と、生活に密着した情報の配信システムがあれば、島での暮らしはもっと快適なものになるはずだ。
そこで、NTT東日本のICTを活用した「デジタル・ディバイド解消ソリューション」と「IP告知ソリューション」。
先進のインターネット環境だけでなく、島ならではの情報配信も実現。
光が支えるもっと安心で便利な新しい暮らしが、いま動き始めています。

事例を見る 紹介広告を見る
ときがわ町
埼玉県 ときがわ町
タッチで瓦版|誰もが使いやすい情報システムで、誰もが住みやすい環境づくりを。

たとえば、若者にも高齢者にも住みよい街づくりに取り組む地域。もし、誰もが暮らしに密着した情報に気軽に触れられることができたら、人々の住みやすさはもっと高まるはずだ。
そこで、NTT東日本のICTを活用した「情報配信サービス」。
簡単な操作で情報の閲覧はもちろん、行政や店舗からの情報の発信も可能に。
町と住民を双方向かつリアルタイムに結ぶシステムが、すべての人に住みよい環境づくりを加速させています。

事例を見る 紹介広告を見る
甲州市
山梨県 甲州市
子どもの安心安全ネット|子どもたちの安全を、いつでも街ぐるみで見守っていたい。

特に狙われやすい、登下校時。
たとえば、地域全体で子どもの安全を見守る仕組みがあれば、子どもも大人も安心・安全に暮らせるはずだ。
そこで、NTT東日本のICTを活用した防犯情報配信システム。
不審者や野生動物などの出没情報を保護者のパソコンや携帯電話に一斉配信することで、事前の対策や注意喚起が可能に。子どもたちの安全を、街全体で見守っている。そんな、安心な街づくりがひろがり始めています。

事例を見る 紹介広告を見る
安曇野市
長野県 安曇野市
デマンド交通システム|タクシーの利便性とバス並みの低運賃を両立した交通手段を

たとえば、民間の交通手段のない地域。
もし、使いたい時に気軽に使えて、低運賃な交通手段があれば、もっと外出の機会が増えるはずだ。
そこで、NTT東日本のICTを活用した「デマンド交通システム」。
外出時の利便性向上だけでなく、地域の活性化までも実現。
自宅発で、病院やスーパーなどの目的地まで低運賃で送迎してくれる。地域に住むすべての人にとってうれしい、新しい交通システムが動き始めています。

ページトップへ戻る

※当ホームページの内容を当社の許諾なしに、転載等の利用をすることを禁止します。