法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > Voice from NTT東日本 > イベント特集一覧 > 医療関連分野に対するNTT東日本の取り組み2012


医療関連分野に対するNTT東日本の取り組み 国際モダンホスピタルショウ2012 2012年 7月18日〜20日

NTT東日本の医療分野に関するビジョン

出展物紹介

地域医療連携の実現が急務となる中、NTT東日本は、本年7月より提供開始となったばかりの「光タイムライン」診療情報連携システムをはじめ、電子カルテや遠隔健康相談システムなど先進の医療ソリューションを多数展示しました。

「光タイムライン」診療情報連携システム 任意の時間軸で診療記録を一覧表示サービス提供開始で地域医療連携に高まる期待
遠隔健康相談システム テレビ電話による健康相談で健康意識を高め予防医療を推進 楽しみながら健康増進、高齢者にも優しいシステムを目指して
診療所向け電子カルテサービス「Future Clinic 21ワープ」 使い勝手の良さで日々の診療を強力にサポート。大切な診療情報をセキュアに守り、医療継続(BCP)にも貢献
特別講演「光タイムライン」診療情報連携システムの考え方 社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院 情報システム部 部長 熊井 達 様