法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > Voice from NTT東日本 > イベント特集一覧 > 第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX2017) > NTTグループブースのご紹介


教育に対するNTTグループの取り組み
第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX2017)

トータルソリューションから個別案件まで、教育現場のニーズにフィットするICTを活用した教育の推進

2017年5月17日〜19日

各コーナーにコンシェルジュを配し、
お客様を教育ソリューションへと導く展示に

教育営業部 営業推進部門 第一営業推進担当
瓜生尚

なんとなく眺めているだけでも
必要なものが理解できることを目指しました

2017年の教育ITソリューションEXPOにおいて、NTTグループでは「NTTグループならではの展示」を考え、お客様のニーズを汲み取り、教育ICTへの導きを作り出すことを目標に展開しました。昨年度の展示では、多数のお客様をお迎えすることができましたが、その反面、ブース内が混雑してしまい、お客様にゆっくりとご覧いただきにくかったという反省点がありました。
そこで、今年は展示スペース自体を拡張し、各ゾーンを広くとり、お客様にご覧いただきやすいブースづくりを心がけました。

なかでも、今回は展示ブースを、「企業でも使えるeラーニング」「大学向け」「初中等向け」の3つのゾーンに分けて、それぞれ関連するNTTグループ各社の教育ソリューションやサービスを展示。ブースを訪れたお客様に、ご自身の関心のある分野のソリューションやサービスを、隣接した形で一堂に関連付けてご覧いただけるようなブース構成としました。展示ブースには、分野別にコンシェルジュを配し、お客様からの問い合わせや質問に対して一元的に案内できるようにしました。今回の展示で特に工夫した点です。

このような取り組みの結果、ただなんとなくブース内を眺めるだけでも、教育ソリューションを導入する場合にはどんなものがあり、何が必要になるかなどを理解していただけるような展示になったのではないかと思います。

また、昨年も高い関心を集めたICTを活用したデモンストレーションを、3つのゾーン展示とは別に用意したステージで実施。テーブル付き座席を用意し、デモを見ていただくとともに、タブレット端末を用いて教育ソリューションを実際に体感してもらえるステージを用意しました。

教育ICTへの導線となれるような
体験型展示を今後も推進していきます

教育関係者のなかには、教育ICTについてそれほど詳しくない方もいます。教育ICTには関心があるものの、どんな効果があり、どんなモノが必要なのかがわかりづらいという声を伺うことがありました。ただパンフレットの説明を読むだけでは、深い理解にはつながりにくいところがあったのです。また、すでに教育ICTの導入に取り組まれている方にも、よりわかりやすくNTTグループのソリューションの理解を促し、デモから体験を通して直に触れていただける場として、今回の展示ブースの構成を考えました。

多くのお客様にご来訪いただき、ステージで体験デモにも参加していただくことで、お客様からの「何が必要なのかよく理解できた」といった声を得ることができました。ICTを活用した教育ソリューションや各サービスについて、実際に体験していただける機会はまだ多くはないため、このような体験型展示を今後も継続・発展させていきたいと考えています。

今年の展示では、NTTグループの役割をご理解いただくとともに、より多くのお客様に教育ICT導入のきっかけづくりができたと考えています。来年以降も、ますますレベルアップしていくICTを活かしつつ、これから教育ICTに取り組みたいと考えています。また、現状の教育ICT環境をさらに進化・発展させていきたいと考えている方のニーズに叶うような、アクティブな展示ができるよう努めてまいります。


資料請求・お問い合わせ